ファクタリング・事業融資

介護におけるファクタリングとは?


投稿日: 更新日:

私の事業所は黒字経営なんだけど、介護報酬が2ヵ月後だから毎月厳しいんだよね

そんな時はファクタリングについて調べてみたらどうかな?特定の会社から売掛金を現金で入金してもらえるからお勧めだよ

ファクタリングって始めて聞いたよ!ありがとうカイポチ君!

介護事業を行っているみなさま。介護保険の制度上、最初のサービス提供からお金が入ってくるまで通常2ヵ月かかります。

大手の事業所や多くの資金を用意できる方でしたらともかく、通常起業したばかりの方がこの期間やりくりするのは非常に大変です。

入金を待つまでの間にも、購入した備品の支払いや事業所の家賃、またスタッフの人件費など先延ばしにできない支払いはたくさんあります。

そんな介護事業の経営をしている方向けに、昨今スタートしたサービスとして「ファクタリング」というものがあります。

この記事では介護事業におけるファクタリングの意味、メリットとデメリットをまとめて紹介しています。ぜひご一読ください。

お金

ファクタリングとは?

まずはファクタリングというサービスが、一般的にどのようなサービスなのかまとめてみます。

売掛債権をファクタリング会社が買い取るサービス

一般的に企業間のビジネスの場合、支払いは即時現金でのやり取りではなく、月末締めの翌月末払いなどの約束で運用されます。

この場合、実際にお金が入ってくるのは、商品を販売した(もしくはサービスを提供した)日から数えて一ヵ月以上後です。

ファクタリングは、この支払いを受け取る権利(売掛債権)を売買し、介護事業者が早期に入金をうけるサービスです。

介護事業では考えにくいですが、販売した会社からの支払いが、少しでも遅れたりすればどうでしょう。

何年も事業を運営してお金(キャッシュ)が豊富にある会社はまだしも、起業まもない会社や資金繰りが悪化している会社は、帳簿上では利益が出ていても支払うお金がないという状態になってしまいます。

場合によっては黒字倒産ということにつながります。

ファクタリングとはこのような状態に陥らないように、実際の売掛金の回収を専門の会社に委託することで、前もって現金を自分の会社に入金してもらうサービスとも言えるでしょう。

現金ですぐに入金される

ファクタリングがありがたいのは、なによりも入金が優先されることです。

実際の売掛金の回収は後日でも、先にお金が入ります。これは、常に現金での支払いが必要とされる中小の企業経営にとっては、非常に助かるサービスでしょう。

手数料がかかる

ファクタリングのサービスを受ける場合、手数料がかかります。

この手数料が、ファクタリングを提供する会社側の利益になります。手数料は取引会社や事業の内容によって、多少の違いがあります。

介護におけるファクタリングの仕組み

介護報酬を受け取る権利を買い取る

介護事業におけるファクタリングと、ほかの事業でのファクタリングに大きな違いはありません。

売掛金=介護報酬になりますから、請求を行う対象が国保連になります。

介護報酬債権を、ファクタリング会社に買い取ってもらい、後ほどファクタリング会社は代行回収します。

国保連へファクタリングの会社から請求

ファクタリング会社は国保連へ代行して請求を行います。

国保連への請求データは、事業所運営側が作成しておかなくてはいけません。

最近では介護ソフトウエアの会社が、ファクタリングのサービスを連携して提供しているケースも多いです。

多くが7~8割の前払い、残りは回収後の翌月払い

実際に介護ファクタリング会社を利用した場合、早ければ5~10日ほどで前払いで入金されます。

この場合、実際に請求した価格の全額ではなく、7~8割の金額が入金されることがほとんどです。残りの2~3割のお金は、国保連からファクタリング会社に入金されてから翌月に事業所へ入金されることが多いです。

契約するファクタリング会社と事業所の状況によって、前払いの割合は変わります。

手数料はほかの業態に比べて安め

医療や介護業界におけるファクタリングは、ほかの事業でのファクタリングに比べて手数料が割安と言われます。

これは、医療や介護業界の報酬は請求先が公的機関(またはそれに準ずる機関)になるため、未回収のリスクが少ない、不良債権化になりにくいことからです。

他業種でのファクタリングの手数料が1割前後なのに比べて、介護事業でのファクタリングは1パーセント未満の場合があります。

ただし、契約する事業の内容や、依頼する件数によって手数料は変わりますので、事前に十分確認と相談が必要です。

介護におけるファクタリングのメリット

介護事業スタート時の資金繰りが楽

なにより入金まで2ヵ月も待たずにお金が入ってくることがメリットです。介護事業スタート時はとにかくお金がかかります。

また、事業によって必要とされるスタッフ人員も決められていますので、ご利用者が少ないからといって必要な人員を配置しないわけにもいきません。

介護ファクタリングのサービスを適切に利用すれば、入金されるまでの期間の資金繰りが大きく楽になります。

手数料が安い

介護事業のファクタリングは手数料が割安なため、それほど経営を圧迫することなく運営を行うことができます。

とはいえ、手数料自体は契約し続ける限りかかってくるため、いつまでファクタリングを使うのかは考えておかなくてはいけません。

介護におけるファクタリングの留意点

契約内容の確認をしっかりと行う

前払いとして7~8割が支払われると書きましたが、ファクタリングには提供側に審査があるため、契約の内容や審査結果により変更がある場合もあります。

審査結果を見てから契約になりますから、事前に確認をしておくことが必要です。

手数料をしっかり把握する

介護ファクタリングの場合、手数料が割安とはいえファクタリング会社によって違いはあります。

このため、自分の事業所ではどれくらいの手数料率になるのかを事前に相談し把握してから、ファクタリングのサービスを利用しましょう。

利用期限を決める

ファクタリングのサービスを利用し続ける限り手数料がかかります。

実際に提供したサービスの利益が少し減った状態での経営になるため、いつまでファクタリングを続けるのかを考えておくことは必要です。

契約、解約時の手数料の有無

ファクタリングの会社によっては契約、解約時に別途手数料がかかる場合があります。サービス内容だけでなく、契約前にしっかりと確認が必要です。

介護におけるファクタリングサービス・会社の選定方法

ファクタリング会社の信用度

介護ファクタリングを行っている会社の信用度を見ておくことは重要です。

提供している会社には大手会社もありますが、実際に介護報酬の請求を依頼した会社自体の資金繰りが悪化して、入金されるべき代金が入らないなどということがあっては大変です。

手数料額の対比

介護ファクタリングの手数料は割安とはいえ、契約する会社によって違いはあります。
また、Webサイトで掲げている手数料と実際の手数料は、契約内容によって変わることがほとんどのため、同じような内容のサービスであれば数社対比させてみることもおすすめします。

事業運営についてのサポート力

介護ファクタリングを提供している会社によっては、事業運営に関してのアドバイスなどを行ってくれる会社もあります。

このような会社と契約することで、ファクタリング以外の事業運営に関してのサポートも得ることができるため、検討してみることも大切です。

まとめ

ほとんどの介護事業は、ある程度のご利用者が確保できてからようやく利益が出てきます。そしてそれは、創業して数年がかかることもあります。

介護ファクタリング介護事業を創業して資金繰りに困っている時に、安定した入金サイクルが確立されるまでのつなぎとして利用するのが良いように考えます。

ファクタリングサービスだけでは、実際のご利用者数以上にお金が入ってくることはないため、資金繰り以上に、普段のご利用者獲得の活動にも力を入れなければなりません。

最安帯の手数料と5日ほどで払込の「カイポケ早期入金サービスの詳細」も合わせてご覧ください。

5/5 (1)

この記事を評価する

-ファクタリング・事業融資

執筆者:

関連記事

資金

介護事業を起業するときに必要な資金まとめ

僕、介護の経験も積めてきたし、経営の知識も学んだからか、介護事業で開業したいんだけど、やっぱり資金は集めなきゃだよね… 確かに、資金がないと開業は出来ないぞ。だけど、日本政策金融公庫や自治体が助成金を …

融資

介護事業の創業融資に関して知っておきたいこと

介護事業を経営したいんだけど、創業融資を集められるか不安だなぁ 確かに自己資金でまかなうのは難しいね。実は、条件を満たせば、創業融資のサポートを受けることが出来るんだよ そうなんだ!詳しく教えてよ!! …

収支

訪問介護の収支計画書作成のコツ!どんな項目が必要?

僕、数字とかお金とか苦手だから、収支計画書書けるか心配だな 心配ないよ!収支計画書を書く際に必要な項目とかコツを掴めば、書けるようになるよ! へぇ~。それは、ありがたい。ところで、コツは何? コツはこ …