介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

グループホームのケアマネ、ユニット兼務に前向きな検討 サテライト創設には慎重な意見も


投稿日:

,

2021年度介護報酬改定に向け、10月9日に開かれた社保審・介護給付費分科会にて各サービス種別の論点と方向性が議論されました。認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関して、今回資料提示された論点は7つ。中でも注目度の高い2点について解説します。

第187回社会保障審議会介護給付費分科会資料

ユニット数の弾力化・サテライト型事業所の創設

高齢化が進展し、重度介護者や認知症高齢者が増えていく一方で、介護領域の人材不足が叫ばれています。この流れを受け、今後も需要が高まるであろうグループホームに対し、人材の有効活用や経営の大規模化の視点から、下記の2点の対応が検討されました。
・ユニット数の弾力化
・サテライト型事業所の創設

現行では、地域密着型サービス(定員29人以下)であるグループホームのユニット数は1または2とされ、何らかの事情で認められる場合のみ3ユニットと規定されています(1ユニットの定員は5人以上9人以下)。

2017年の介護サービス施設・事業所調査によると、ユニット数は「2ユニット」が60.6%と最多、次いで「1ユニット」が33.6%であり、「3ユニット以上」は全体の5.6%の事業所に留まりました。

引用:第187回社保審・介護給付費分科会「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の報酬・基準について(検討の方向性)」より

また、2ユニットの事業所の12.7%が、規模の拡大の必要性を感じていると回答。サテライト型事業所が必要だと回答した事業所は全体の約2割を占めています。

引用:第187回社保審・介護給付費分科会「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の報酬・基準について(検討の方向性)」より

ユニット数が多いほど収支差率が高い傾向もあり、現状、1または2ユニットが基本となっているユニット数を弾力化する方針が示されました。その場合、基本報酬については、現状「1ユニット」と「2ユニット以上」に分かれているところ、「1ユニット」「2ユニット」「3ユニット以上」と細分化する案になっています。また、人材を有効活用しつつグループホームの供給量を増やすために、サテライト型事業所の創設についても提案されました。

ユニット数の弾力化については目立った反対意見が聞かれなかったのに対し、サテライト型事業所の創設については、経営の安定化を考えた場合に小規模であることから不安があるといった意見がありました。全国老人福祉施設協議会の小泉立志氏は「グループホームのような小規模な事業所でサテライトを実施しても、人材確保やサービスの向上につながらないのでは」と指摘しています。

計画作成担当者の最大3ユニットをまたぐ兼務を検討

現行では計画作成担当者をユニットごとに1名配置することになっており、他ユニットとの兼務はできません。この点について、限られた人材を有効活用する観点から、最大3ユニットまで兼務を可能とする方向性が検討されました。

引用:第187回社保審・介護給付費分科会「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の報酬・基準について(検討の方向性)」より

2020年の調査研究事業の速報値によると、介護支援専門員の採用に苦慮しているとの回答が約6割。複数ユニットを兼務する必要性を感じている事業所も約6割を占めています。

引用:第187回社保審・介護給付費分科会「認知症対応型共同生活介護(グループホーム)の報酬・基準について(検討の方向性)」より

最大3ユニットまでの兼務を可能とする方針に対して、委員からは賛成意見が寄せられましたが、健康保険組合連合会の河本滋史氏は「緩和することはいいと思うが、いきなり最大3ユニットにするのではなく、まず2ユニットにして効果検証するなど段階を踏んだ対応が必要では」と提言しました。

そのほか、緊急時の短期利用について、7日間を原則としつつも、14日間を限度に見直すことや、ユニット数に関わらず1事業所1名までという制限を、1ユニット1名までにすることなども検討されています。各論点について、委員からは概ね賛成意見が集まり、これらの方針で議論が進んでいくと思われます。

執筆者:

関連記事

短期入所生活介護の看護職員配置基準の緩和 委員からは賛否両論

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 10月15日に行われた第188回社保審・介護給付費分科会で、短期入所生活介護と短期入所療養介護について議論が行われま …

通所リハ、事業所規模に応じた基本報酬の見直しなど議論

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 10月15日に行われた第188回社保審・介護給付費分科会で通所リハビリテーションについて多岐にわたる議論が行われまし …

個別機能訓練加算Ⅰ・Ⅱの要件緩和や統合など意見 通所介護・地域密着型介護

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 10月15日、オンラインで第188回社保審・介護給付費分科会が開かれ、通所介護・地域密着型通所介護の個別機能訓練加算 …

入浴介助加算の報酬見直し 自立に向けた事業所の取り組みを評価へ

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 10月15日、オンラインで第188回社保審・介護給付費分科会が開かれ、通所介護と通所リハビリテーションの入浴介助加算 …

生活機能向上連携加算の算定要件緩和へ 通所介護と短期入所生活介護でICT活用の検討

>>介護人材不足・採用でお困りの法人担当者様向け、求人掲載(無料)のご案内詳細<< 10月15日、オンラインで第188回社保審・介護給付費分科会が開かれ、生活機能向上連携加算(通所介護・短期入所生活介 …