介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

【取材レポ】放課後等デイサービスの収支差率11% 障害福祉サービス等経営概況調査の結果を公表


投稿日:

更新日:

, ,

1月17日に「令和元年障害福祉サービス等経営概況調査結果」が公表されました。2019年7~9月に、障害福祉サービスの施設・事業所の経営状況を調査したもので、報酬改定の重要な参考データとなります。各サービスの収支差率や、収益に対する給与費の割合など、調査結果を確認しておきましょう。

収支差率がプラスとなったサービスは?

収支差率は、収益から費用を引いたものを、収益で割った数字です。今回の調査で収支差率が特に高くなったサービス種別は「放課後等デイサービス」の11.0%。前回の調査から1.9ポイントのプラスとなりました。

続いて、「共同生活援助(介護サービス包括型)」の10.0%で、前回から3.6ポイントと、大きくプラスとなりました。その後、「就労継続支援A型」の7.8%、「生活介護」の6.8%が続きます。

一方、収支差率が悪化しているサービスとして、「計画相談支援」「地域移行支援」「地域定着支援」「障害児相談支援」などの相談系サービスが目立つ結果となりました。

その他、全サービス種別の収支差率は下記の通りです。

障害福祉収支差率

資料:「令和元年障害福祉サービス等経営概況調査結果の概要」より

平成30年度からスタートした新サービスの収支差率

今回の調査対象は、1万2326施設・事業所で、そのうち、有効回答数は5404施設・事業所でした(有効回答率43.8%)。

平成30年度からの新サービスについても調査が行われましたが、調査対象が少なく、年度途中にサービス提供を開始した事業所も多いことから、今回は参考データとして公表されています。

【新サービスの収支差率(参考)】
●共同生活援助(日中サービス支援型)…16.8%
●就労定着支援           …マイナス12.5%
●自立生活援助           …7.5%
●居宅訪問型児童発達支援      …マイナス9.8%

各サービスの給与費の割合

収益に対する給与費の割合で計算される給与費割合は、収支差率に大きく影響していることが読み取れるデータとなっています。

資料:「令和元年障害福祉サービス等経営概況調査結果の概要」より。サービス名に「※」のあるサービスは、集計施設・事業所数が少ないため参考数値。重度障害者等包括支援は有効回答数が極めて少ないため公表の対象外

厚生労働省は、平成30年度からの新サービスの実態把握も含め、2020年度に「経営実態調査」を行い、報酬改定に向けたデータを集めていく予定です。引き続きチェックしておきましょう。

取材 :(株)エス・エム・エス 取材チーム

執筆者:

関連記事

介護報酬改定に向けて介護サービス別の議論スタート 介護給付費分科会

厚生労働省は7月8日に社会保障審議会 介護給付費分科会をオンラインで開催。2021年度の介護報酬改定に向けて、個別の介護サービスの議論が始まりました。今回は、6つの地域密着型サービスについて、前回改訂 …

新型コロナ下の特例 制度化への意見多数 社保審・介護給付費分科会

厚生労働省は6月25日に社会保障審議会 介護給付費分科会をオンラインで開催。「自立支援・重度化防止」「介護人材の確保」「制度の安定性・持続可能性」などをテーマに、2021年度介護報酬改定に向けた論点を …

介護職の慰労金・サービス再開支援・感染防止策の経費負担 詳細を厚労省が発表

厚生労働省は6月19日に「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(介護分)」の実施要項を通知しました。慰労金の給付対象となるサービス種別や、在宅介護サービスの再開支援の具体的な内容、感染症対策にか …

【介護報酬特例】ショートステイを臨時の加算算定で支援 厚労省

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている短期入所生活介護・短期入所療養介護に対して、事業の継続を支援する施策を新設しました。サービス提供のあった日数を3で割った日数に対して、「緊 …

【介護報酬特例】通所介護は2区分上位の報酬算定が可能に

厚生労働省は「介護保険最新情報vol.842」で、通所系サービスの介護報酬を上位区分で算定可能にする施策を通知しました。新型コロナウイルス感染症の影響で、通所系サービスの事業継続が困難な状況を背景に、 …