介護・障害福祉事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

【取材レポ】介護文書の負担軽減策が決定。10の具体策が年度内にスタート


投稿日:

更新日:

厚生労働省は11月27日、第5回介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会を開催し、中間取りまとめ案が委員会で了承されました。

押印や添付書類、様式統一など介護事業者の負担軽減につながる取組が、「指定申請」「報酬請求」「指導監査」関連文書で今年度から始まります。

今年度中に取り組む10の負担軽減策

ここでは指定申請、報酬請求、指導監査で簡素化・ICT化を行う10の取組をご紹介します。
① 提出書類の押印の簡素化
② 提出書類の原本証明の簡素化
③ 書類の提出方法の簡素化
④ 勤務表の様式の簡素化
⑤ 人員配置の添付資料の簡素化
⑥ 指定申請の写真添付の簡素化
⑦ 処遇改善加算/特定処遇改善加算の様式・添付書類の簡素化
⑧ 実地指導の文書の簡素化
⑨ 様式のダウンロードページを公開
⑩ 実地指導のペーパーレス化

これらの簡素化・ICT化の取組に加え、自治体ごとに設けられた独自の文書様式や提出時のルールなども統一することで、複数の自治体にまたがり事業を展開している事業者の負担軽減につなげます。昨年度行った省令改正による様式例の改定・周知を再度徹底し、対応の標準化を目指します。

取組の具体的内容

取組の具体的内容は下記になります。国が指定権者等に周知を図り、取組を進めていきます。

① 提出書類の押印の簡素化
指定申請・報酬請求で押印を求める文書を下記3種類に絞ります。
・指定(更新)申請書
・誓約書(申請者が法に定める全ての欠格要件に該当しないことを誓約する文書)
・介護給付費算定に係る体制等に関する届出書
付表、添付書類は押印を不要とし、押印した文書はpdfデータ等でのメール送付も可能とします。

② 提出書類の原本証明の簡素化
指定申請・報酬請求時に添付する資格証の写しについて、原本証明を原則不要とします。

③ 書類の提出方法の簡素化
申請の変更届は郵送・電子メールでの提出を原則とします。
更新申請も郵送・電子メールでの提出を原則とし、指定有効期間中に事業所運営に問題があった等、一定の条件に該当する場合のみ対面での提出とします。
新規指定申請は事前説明や面談などを含め、一度は対面することを基本とします。その際、事前説明や面談後に再度書類の持参を求めたり、誤記や添付漏れ等による再提出で複数回の持参の手間が発生しないよう留意します。すでに複数事業所を運営している事業者は、対面を必須としないよう対応します。

④ 勤務表の様式の簡素化
自治体の意見を確認しながら、厚生労働省が示す参考様式を改定します。

⑤ 人員配置の添付資料の簡素化
人員配置を確認する資料として、配置基準に該当する資格に関する資格証の写し以外(雇用契約書等)の添付は不要とします。
また、資格証の写し自体も、自治体で代替の確認方法があれば添付不要とします。

⑥ 指定申請の写真添付の簡素化
指定申請時、施設・設備・備品等の写真添付は、自治体が指定にあたって現地を訪問できない場合のみとします。

⑦ 処遇改善加算/特定処遇改善加算の様式・添付書類の簡素化
来年度から実施予定の介護職員処遇改善加算及び介護職員等特定処遇改善加算に関する計画書等を一本化する他、下記対応を行います。
・国が書類様式を見直す
・国が指定した様式を使用するよう指定権者へ周知する
・添付書類の範囲を明確化する

⑧ 実地指導の文書の簡素化
実地指導当日に事前提出資料の再提出を求めないようにする、指定申請や変更届で提出済みの書類を再提出させないよう徹底します。

⑨ 申請様式のダウンロードページを公開
厚生労働省ホームページからダウンロードできる様式例・参考様式の周知を行います。
また、各指定権者はExcel等の編集可能な形式で申請様式をダウンロードできるようホームページに掲載し、国様式と異なる場合にはそのことも記載します。

⑩ 実地指導のペーパーレス化
実地指導の書類確認を事業所のパソコンやタブレット上で行うなど、事業者の負担軽減につながるような配慮の検討を依頼します。

文書のウェブ入力、電子申請も実現に向け検討

厚生労働省は中間取りまとめ案の中で、指定申請や報酬請求文書のウェブ入力・電子申請の実現に向けた検討も始めるとしています。来年度中に結論を出し、対応を進めていく予定です。
また、ウェブ入力されたデータを自治体間で共有する取組や、文書保管の電子化についても併せて検討していきます。

今回は国・指定権者等と介護事業者間でやり取りする3分野の文書について負担軽減案が取りまとめられました。事業者団体の委員からは、ケア記録・事故報告書・災害時対応などについても負担軽減の検討要望が上がっており、これらの検討が行われるかも注目されます。
介護事業者の負担軽減に直結する本委員会の議論の模様を、引き続きお届けしていきます。

今回ご紹介した中間取りまとめ案の全体内容はこちらから確認できます。本記事でご紹介した取組の他、来年度以降予定されている取組についても記載がありますので、合わせてチェックいただければと思います。

取材:(株)エス・エム・エス 取材チーム

執筆者:

関連記事

新型コロナ下の特例 制度化への意見多数 社保審・介護給付費分科会

厚生労働省は6月25日に社会保障審議会 介護給付費分科会をオンラインで開催。「自立支援・重度化防止」「介護人材の確保」「制度の安定性・持続可能性」などをテーマに、2021年度介護報酬改定に向けた論点を …

介護職の慰労金・サービス再開支援・感染防止策の経費負担 詳細を厚労省が発表

厚生労働省は6月19日に「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(介護分)」の実施要項を通知しました。慰労金の給付対象となるサービス種別や、在宅介護サービスの再開支援の具体的な内容、感染症対策にか …

【介護報酬特例】ショートステイを臨時の加算算定で支援 厚労省

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の影響を大きく受けている短期入所生活介護・短期入所療養介護に対して、事業の継続を支援する施策を新設しました。サービス提供のあった日数を3で割った日数に対して、「緊 …

【介護報酬特例】通所介護は2区分上位の報酬算定が可能に

厚生労働省は「介護保険最新情報vol.842」で、通所系サービスの介護報酬を上位区分で算定可能にする施策を通知しました。新型コロナウイルス感染症の影響で、通所系サービスの事業継続が困難な状況を背景に、 …

介護職員への慰労金、サービス再開の支援など 第2次補正予算の用途を整理

厚生労働省は6月1日、社会保障審議会 介護給付費分科会をオンライン会議で開催。新型コロナウイルス感染症への対応について、介護施設・事業所に対する各種支援や、慰労金などの詳細を報告しました。総額4000 …