介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

島根県の事業所「介護報酬を不正請求、事業所指定取り消し」

投稿日:2017年3月28日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

不正額は約170万円

島根県は、3月17日に介護報酬を不正に請求し、監査時に虚偽の報告をしたとして、島根県出雲市内にある訪問介護事業所の指定を取り消すと発表した。

県の発表によると平成27年1月~平成28年3月の期間、訪問介護の報酬計約170万円を不正に受給していた。

出雲市の施設で起きた不正内容について

介護報酬を不正に請求したのは、島根県松江市の介護事業会社、松江テクノサービスが運営する「訪問介護事業所出雲すずかけの樹」(同県出雲市)だ。

訪問介護事業所出雲すずかけの樹は、平成27年1月~28年3月の間、訪問介護員の出勤がない日にサービス提供したとする虚偽請求などを繰り返していた。

また、県の監査時に事実と異なる内容のサービス提供記録を提出し、虚偽の報告を行ったことなどから、平成29年3月31日付けで指定となる。

また、松江テクノサービスが運営する居宅介護支援事業所出雲すずかけの樹も、事実と異なる内容のサービス提供票を県の監査時に提出し虚偽報告をしたことなどを受け、3ヵ月間(平成29年3月18日から同年6月17日まで)の新規利用者の受け入れが停止となる。

(画像は島根県ホームページより)

▼外部リンク

島根県報道発表
http://www3.pref.shimane.jp/

島根県
http://www.pref.shimane.lg.jp/

関連記事

no image

災害弱者を救え。マンション管理組合と自治体が連携

災害弱者とは お年寄り者や障がい者といった災害弱者の名簿は、東日本大震災を受けて改正された「災害基本法」により、自治体に作成が義務付けられている。 名簿は自治会や町内会、住民の「自主防災組織」などで活 …

no image

過去最低を更新、子どもの人口は34年連続の減少中

進み続ける少子化 総務省統計局では、「子どもの日(5月5日)」にちなみ、平成27年4月1日現在における子どもの数(15歳未満人口)を推計した。 その結果、前年に比べ16万人少ない1617万人(昭和57 …

no image

厚労省が「介護給付費実態調査」の結果を公表

受給者は590万人に迫る 6日、厚生労働省がまとめた「介護給付費実態調査」によると、全国で介護サービスの受給対象者となっている人の数は、平成26年5月審査分から平成27年4月審査分までで「588万3, …

no image

2035年に向けて、保健医療に関する提言書

厚生労働省 厚生労働省では、2035年に向けた保健医療に関する提言書「保健医療2035提言書」を発表した。これは、「20年後、子どもからお年寄りまで、さらに患者や住民、医療従事者など、全ての人が安心し …

no image

病床数は地域が決めるべき 日本医師会が政府方針に反発

“20万床”は現実的な数値でない可能性 地域医療の推進・保険医療の充実を図る活動・提言を行っている日本医師会の中川俊男副会長は17日の会見で、先に政府が表明した2025年までの“20万床”を目標とする …