介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

島根県の事業所「介護報酬を不正請求、事業所指定取り消し」

投稿日:2017年3月28日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

不正額は約170万円

島根県は、3月17日に介護報酬を不正に請求し、監査時に虚偽の報告をしたとして、島根県出雲市内にある訪問介護事業所の指定を取り消すと発表した。

県の発表によると平成27年1月~平成28年3月の期間、訪問介護の報酬計約170万円を不正に受給していた。

出雲市の施設で起きた不正内容について

介護報酬を不正に請求したのは、島根県松江市の介護事業会社、松江テクノサービスが運営する「訪問介護事業所出雲すずかけの樹」(同県出雲市)だ。

訪問介護事業所出雲すずかけの樹は、平成27年1月~28年3月の間、訪問介護員の出勤がない日にサービス提供したとする虚偽請求などを繰り返していた。

また、県の監査時に事実と異なる内容のサービス提供記録を提出し、虚偽の報告を行ったことなどから、平成29年3月31日付けで指定となる。

また、松江テクノサービスが運営する居宅介護支援事業所出雲すずかけの樹も、事実と異なる内容のサービス提供票を県の監査時に提出し虚偽報告をしたことなどを受け、3ヵ月間(平成29年3月18日から同年6月17日まで)の新規利用者の受け入れが停止となる。

(画像は島根県ホームページより)

▼外部リンク

島根県報道発表
http://www3.pref.shimane.jp/

島根県
http://www.pref.shimane.lg.jp/

関連記事

no image

厚労省 「調整交付金」見直しで高齢者の移住を後押し

低所得の高齢者を助ける制度へ 市町村ごとに事情が異なる介護保険財政を調整するため、高齢者の人数や所得の差異を交付額の判断材料として配分されている「調整交付金」について厚生労働省は3日、制度見直しを含め …

no image

厚労省 「平成27年度介護報酬改定検証・研究調査」への再協力を依頼

期限を過ぎても回答を 厚生労働省老健局は、11月24日、各都道府県介護保険担当課や関係団体などに向けて、すでに依頼している7種類の調査の期限が迫っていることから、速やかに回答を寄せるよう再度依頼する通 …

no image

「食中毒予防に関する意見交換会」を開催

意見交換と食中毒予防のポイントを学ぶ 消費者庁と厚生労働省の主催、岡山県、岡山市、倉敷市、公益社団法人日本食品衛生協会の共催により、6月26日に東京、7月14日に岡山で「食中毒予防に関する意見交換会~ …

no image

8月から増の介護負担金 厚労省が公式通知

厚労省もケアマネジャーの働きを重視 厚生労働省は22日、介護保険法改正を受けた一定所得者以上への介護負担金引き上げについて日本介護支援専門員協会への通知を発布し、新体制への理解と協力を呼びかけている。 …

no image

「首都圏の人口減少・高齢者増加」の現状と展望について

国土交通省 国土交通省は6月16日(火)「平成26年度首都圏整備に関する年次報告」を国会へ報告した。これは、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について、毎年報告がおこなわれているもの。 首都圏の …