介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

島根県の事業所「介護報酬を不正請求、事業所指定取り消し」

投稿日:2017年3月28日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

不正額は約170万円

島根県は、3月17日に介護報酬を不正に請求し、監査時に虚偽の報告をしたとして、島根県出雲市内にある訪問介護事業所の指定を取り消すと発表した。

県の発表によると平成27年1月~平成28年3月の期間、訪問介護の報酬計約170万円を不正に受給していた。

出雲市の施設で起きた不正内容について

介護報酬を不正に請求したのは、島根県松江市の介護事業会社、松江テクノサービスが運営する「訪問介護事業所出雲すずかけの樹」(同県出雲市)だ。

訪問介護事業所出雲すずかけの樹は、平成27年1月~28年3月の間、訪問介護員の出勤がない日にサービス提供したとする虚偽請求などを繰り返していた。

また、県の監査時に事実と異なる内容のサービス提供記録を提出し、虚偽の報告を行ったことなどから、平成29年3月31日付けで指定となる。

また、松江テクノサービスが運営する居宅介護支援事業所出雲すずかけの樹も、事実と異なる内容のサービス提供票を県の監査時に提出し虚偽報告をしたことなどを受け、3ヵ月間(平成29年3月18日から同年6月17日まで)の新規利用者の受け入れが停止となる。

(画像は島根県ホームページより)

▼外部リンク

島根県報道発表
http://www3.pref.shimane.jp/

島根県
http://www.pref.shimane.lg.jp/

関連記事

no image

リバースモーゲージの活用法が議論される 介護保険部会

リバースモーゲージとは 19日に開かれた社会保障審議会介護保険部会(第61回)では、利用者負担の在り方をめぐって介護保険制度をめぐる状況や利用者負担割合・高額介護サービス費の現状が示される一方で、補足 …

no image

「介護人材確保地域戦略会議」で示された2025年の介護実情

民間企業・団体も参加した戦略会議 厚生労働省が8月20日に開いた「介護人材確保地域戦略会議」(以下 戦略会議)では、社会に占める高齢者の割合が大幅に増えることが想定される2025年の介護人材需給ギャッ …

no image

訪問介護事業所「みんなのライフケア」指定取り消し

不正に介護報酬を受け取る 鳥取県福祉保健部東部福祉保健事務所は、株式会社アール&エスが運営する訪問介護及び介護予防訪問介護の「みんなのライフケア」、あしかわ合同会社が運営する「面影デイサービス」対して …

no image

「評価者(アセッサー)講習」受講者を7月より募集開始

介護技術の「見える化」と職員の定着を目指す シルバーサービス振興会は、事業所・施設ごとに職員の実践的スキルを評価することができる評価者(アセッサー)、講習受講者募集を7月1日より開始する。この評価者( …

no image

1億総活躍国民会議 “介護離職ゼロ”への道筋を議論

“3本の矢”の具体的な中身を詰める 政府が少子高齢化社会の困難克服および力強い経済成長を成し遂げるための重要ビジョンとする「1億総活躍社会」について、その具体的政策方針などを話し合う「1億総活躍国民会 …