介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

島根県の事業所「介護報酬を不正請求、事業所指定取り消し」

投稿日:2017年3月28日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

不正額は約170万円

島根県は、3月17日に介護報酬を不正に請求し、監査時に虚偽の報告をしたとして、島根県出雲市内にある訪問介護事業所の指定を取り消すと発表した。

県の発表によると平成27年1月~平成28年3月の期間、訪問介護の報酬計約170万円を不正に受給していた。

出雲市の施設で起きた不正内容について

介護報酬を不正に請求したのは、島根県松江市の介護事業会社、松江テクノサービスが運営する「訪問介護事業所出雲すずかけの樹」(同県出雲市)だ。

訪問介護事業所出雲すずかけの樹は、平成27年1月~28年3月の間、訪問介護員の出勤がない日にサービス提供したとする虚偽請求などを繰り返していた。

また、県の監査時に事実と異なる内容のサービス提供記録を提出し、虚偽の報告を行ったことなどから、平成29年3月31日付けで指定となる。

また、松江テクノサービスが運営する居宅介護支援事業所出雲すずかけの樹も、事実と異なる内容のサービス提供票を県の監査時に提出し虚偽報告をしたことなどを受け、3ヵ月間(平成29年3月18日から同年6月17日まで)の新規利用者の受け入れが停止となる。

(画像は島根県ホームページより)

▼外部リンク

島根県報道発表
http://www3.pref.shimane.jp/

島根県
http://www.pref.shimane.lg.jp/

関連記事

no image

介護給付縮小への反対を強く打ち出す要望書が提出される

認知症の人と家族の会が提出 財政改革のあおりを受けて規模の縮小が取り沙汰されている介護保険制度について、全国に1万1,000人の会員を有し、全国各地で介護の相談、情報交換、勉強会などを行うための介護家 …

no image

厚労省 「調整交付金」見直しで高齢者の移住を後押し

低所得の高齢者を助ける制度へ 市町村ごとに事情が異なる介護保険財政を調整するため、高齢者の人数や所得の差異を交付額の判断材料として配分されている「調整交付金」について厚生労働省は3日、制度見直しを含め …

no image

ショートステイへの一層の規制緩和を要請 規制改革会議

事業者の事情を鑑みた規制改革を 内閣が設置し、構造改革に必要となる社会規制改革を検討する規制改革会議(以下 会議)は16日、「ショートステイへの高いニーズ」を汲み取った基準の緩和を提言としてまとめ、1 …

no image

厚生労働省発表「百歳高齢者表彰の対象者は30,379人」

百歳の高齢者へ祝い状と記念品を贈呈 「老人の日」記念行事として百歳を迎える高齢者に内閣総理大臣からの祝い状と記念品(銀杯)が贈呈される。この贈呈は昭和38年より百歳以上の高齢者に行っている。 表彰は高 …

no image

介護休業給付金 来年にも水準引き上げか

「育児休業給付金」と同じ水準を求める意見も 円滑な職場復帰を援助、促進することを目標に労働者の介護休業取得を支援するための制度「介護休業給付金」について、厚生労働省は現在の給付水準である「賃金の40% …