介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

家族へ運転状況を報告!高齢者見守りサービス『あんしん運転Ever Drive』が受賞

投稿日:2017年3月21日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

「先進安全・環境技術部門 優秀賞」

オリックス自動車株式会社は、同社のテレマティクスサービス『あんしん運転Ever Drive』が第8回 国際自動車通信技術展で開催されたATTTアワード にて「先進安全・環境技術部門 優秀賞」を受賞したことを発表した。

ATTT アワードは、2009年から実施されているもので、「先進安全・環境技術部門」「コンテンツ・サービス部門」「自動運転 / AI部門」「社会ソリューション部門」の4部門で構成されている。

『あんしん運転Ever Drive』

テレマティクスサービス『あんしん運転Ever Drive』は、高齢者のドライバーが運転する車に、専用の車載機を搭載し、急加速や急減速、速度超過などの運転状況をリアルタイムで家族と共有することができるもの。

単に日々の運転状況が通知されるだけでなく、長時間運転がおこなわれている場合や、危険な運転が発生した場合には、家族に対しメールの発信もおこなわれる。

地図上に危険挙動発生箇所を記す機能もあるため、危険箇所を認識することも可能だ。

ドライバーの自覚

これらの機能により、ドライバーは安全運転を心がけるようになり、家族は、運転状況をみることで、認知症などによる行動変化にも、気づくことができる。

(画像は「オリックス自動車」ホームページより)

▼外部リンク

【オリックス自動車】高齢者見守りサービス『あんしん運転Ever Drive』がATTTアワードで「先進安全・環境技術部門 優秀賞」を受賞
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

関連記事

no image

認知症にやさしい社会を「ハート・リングフォーラム 2015,autumn」を開催

NPO法人ハート・リング運動 NPO法人ハート・リング運動では、9月20日(日)に、認知症にやさしい社会について考える「ハート・リングフォーラム 2015,autumn」を開催した。これは、9月20日 …

no image

注目浴びた新発想の電動車いす 「国際モダンホスピタルショウ2016」

車いす作業の負担軽減に大きな期待 今月13日~15日の間に催された、医療・介護・福祉分野の最新テクノロジーが集う「国際モダンホスピタルショウ2016」では、株式会社アイザックが開発し、同展で展示された …

no image

オランダ・ビュートゾルフから学ぶ、地域包括ケアステーション構築に向けた課題!

株式会社ウエルビー 株式会社ウエルビーでは、10月30日(金)に少人数セミナー「地域包括ケアステーション構築に向けたマネジメントの使命‐オランダ・ビュートゾルフから学ぶこと・解決すべきこと‐」を開催す …

no image

講演会「認知症の人の支援と地域包括ケア」を大阪で開催

認知症への理解と支援について学ぶ 高齢期の豊かなくらし研究会、朝日新聞厚生文化事業団の主催により「認知症の人の支援と地域包括ケア~地域でくらしを続けるために~」を大阪で開催する。 同講演会では、認知症 …

no image

日本在宅介護協会による「第6回在宅医療連携カフェ」を3月に開催

最期までの在宅医療を考えるセミナー 日本在宅介護協会東京支部主催のセミナー「第6回在宅医療連携カフェ」を開催する。今回のセミナーでは最期まで支える在宅医療の有効性を理解し、医療と介護の連携について具体 …