介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

離床センサーの入れ忘れを防止する「モニスイッチ」新発売

投稿日:2017年3月16日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

株式会社ジェイエスピー

神奈川県横浜市の株式会社ジェイエスピーでは、離床センサーの入れ忘れを防止する「moniswitch」(モニスイッチ)を開発。2017年4月3日より販売を開始する。

モニスイッチとは

モニスイッチは、ナースコール装置と離床センサーの間で使用するスイッチ。

一般的に病院や介護施設では、患者がベッドから離れようとした時に、離床センサーが動作し、ナースコールを鳴らすことで事故を防止している。

しかしながら、この方法にはいくつかのリスクがあるという。

3つのリスク

よくあるリスクは「入れ忘れ」「誤報」「誤操作」。

離床センサーを「入れ忘れ」てしまっては、事故防止はおこなえない。

これに対し、モニスイッチでは、「moniコン」とよばれる通信端末をスタッフが携帯することで対応。「moniコン」を持つスタッフがモニスイッチから離れると、自動で離床センサーがオンとなる。

自動でオンできるため、介助作業中には、離床センサーを躊躇せずオフすることが可能。「介助作業中の誤報」のリスクも減らすことができる。

さらに、ありがちな「誤操作」に関しても、「moniコン」を携帯している人だけが、スイッチをオフできるし仕組みのため、患者や訪問者などによる誤操作を避けることができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

介護施設や病院での事故を防止するスマートスイッチを開発  2017年4月3日販売開始
https://www.atpress.ne.jp/news/124092

関連記事

no image

「介護付きホーム」と呼んで 特定協

理解されていない現状 「特定施設入居者生活介護」の通称を「介護付きホーム」とすることが、15日に開かれた全国特定施設事業者協議会(特定協)の総会において定められた。 「特定施設入居者生活介護」は、その …

no image

医療現場で開発されたトレーニング「エロンゲーション」の指導者になりませんか

国際エロンゲーション・トレーニング協会 国際エロンゲーション・トレーニング協会では、2015年11月11日(日曜日)札幌市の「北方圏学術センターPORTO」にて、体験会・指導者講習会を実施する。体験会 …

no image

テイコブコンパクト浴槽手すり

コンパクト設計で使いやすい 従来の商品に比べて小さめで、動く動作に邪魔にならないコンパクト浴槽手すりが、幸和製作所より発売されている。 色は、同社の企業カラーであるブルーを使用している。 浴槽手すりの …

no image

大分県が、介護サービス事業所の介護ロボット導入を支援!

平成28年度 第2回公募 大分県では、介護ロボットの導入を検討している県内の「介護サービス事業所」に対し「介護ロボット導入支援事業」を実施している。 介護ロボットの導入は、介護職の身体的負担の軽減・作 …

no image

「踊活」イベント「高島平ダンスホール」第2回開催決定

好評だった「高島平ダンスホール」の第2回開催 10月8日土曜日13時から16時までの予定で、「1日限りの高島平ダンスホール」を一般社団法人終活コンシェルジュが開催する。 会場は高島平区民館で定員は15 …