介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

離床センサーの入れ忘れを防止する「モニスイッチ」新発売

投稿日:2017年3月16日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

株式会社ジェイエスピー

神奈川県横浜市の株式会社ジェイエスピーでは、離床センサーの入れ忘れを防止する「moniswitch」(モニスイッチ)を開発。2017年4月3日より販売を開始する。

モニスイッチとは

モニスイッチは、ナースコール装置と離床センサーの間で使用するスイッチ。

一般的に病院や介護施設では、患者がベッドから離れようとした時に、離床センサーが動作し、ナースコールを鳴らすことで事故を防止している。

しかしながら、この方法にはいくつかのリスクがあるという。

3つのリスク

よくあるリスクは「入れ忘れ」「誤報」「誤操作」。

離床センサーを「入れ忘れ」てしまっては、事故防止はおこなえない。

これに対し、モニスイッチでは、「moniコン」とよばれる通信端末をスタッフが携帯することで対応。「moniコン」を持つスタッフがモニスイッチから離れると、自動で離床センサーがオンとなる。

自動でオンできるため、介助作業中には、離床センサーを躊躇せずオフすることが可能。「介助作業中の誤報」のリスクも減らすことができる。

さらに、ありがちな「誤操作」に関しても、「moniコン」を携帯している人だけが、スイッチをオフできるし仕組みのため、患者や訪問者などによる誤操作を避けることができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

介護施設や病院での事故を防止するスマートスイッチを開発  2017年4月3日販売開始
https://www.atpress.ne.jp/news/124092

関連記事

no image

「平成26年度の介護労働実態調査の特別調査」結果について

人材の採用のポイントを整理 介護労働安定センターが、「平成26年度の介護労働実態調査の特別調査」結果について公表した。 調査対象者、実施研修は、サービス区分及び地域区分のバランスに配慮し、20件程度の …

no image

看取りに連携の重要性 看取りに対するケアマネ意識調査

1割が15件以上経験 株式会社インターネットインフィニティーは10日、「看取り」に対するケアマネージャーの意識調査結果を公表した。 調査によると、約8割のケアマネージャーが在宅での看取りを経験しており …

no image

介護事業者の倒産が最多ペース 退去迫られる入居者

景気回復でも経営難の介護分野 背景は インターネットを介した企業関連情報提供サービスを行う東京商工リサーチは、介護関連事業者の今年上半期の倒産件数が2000年以降の最多ペースであることを発表している。 …

no image

仕事と介護の間で揺れ動く心境 『介護離職者』の実態調査

ケアマネジャー768人にアンケート 「介護」と「インターネット」を組み合わせて日本の介護の「カタチ」を創造する株式会社インターネットインフィニティーでは、毎年10万人以上いるといわれている『介護離職者 …

no image

ユニバーサルデザインの次世代タクシーが出発式

みんなにやさしい新しいタクシー車両 日産自動車株式会社は2日、ユニバーサルデザインタクシー仕様「セレナ」の出発式を実施したことを発表した。 ユニバーサルデザインタクシーは国土交通省が規格を定めたタクシ …