介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

離床センサーの入れ忘れを防止する「モニスイッチ」新発売

投稿日:2017年3月16日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

株式会社ジェイエスピー

神奈川県横浜市の株式会社ジェイエスピーでは、離床センサーの入れ忘れを防止する「moniswitch」(モニスイッチ)を開発。2017年4月3日より販売を開始する。

モニスイッチとは

モニスイッチは、ナースコール装置と離床センサーの間で使用するスイッチ。

一般的に病院や介護施設では、患者がベッドから離れようとした時に、離床センサーが動作し、ナースコールを鳴らすことで事故を防止している。

しかしながら、この方法にはいくつかのリスクがあるという。

3つのリスク

よくあるリスクは「入れ忘れ」「誤報」「誤操作」。

離床センサーを「入れ忘れ」てしまっては、事故防止はおこなえない。

これに対し、モニスイッチでは、「moniコン」とよばれる通信端末をスタッフが携帯することで対応。「moniコン」を持つスタッフがモニスイッチから離れると、自動で離床センサーがオンとなる。

自動でオンできるため、介助作業中には、離床センサーを躊躇せずオフすることが可能。「介助作業中の誤報」のリスクも減らすことができる。

さらに、ありがちな「誤操作」に関しても、「moniコン」を携帯している人だけが、スイッチをオフできるし仕組みのため、患者や訪問者などによる誤操作を避けることができる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

介護施設や病院での事故を防止するスマートスイッチを開発  2017年4月3日販売開始
https://www.atpress.ne.jp/news/124092

関連記事

no image

通学講座「レクリエーション介護士2級」を宮城県・新潟県・福島県で初開講決定

「レクリエーション介護士」を知っていますか 「レクリエーション介護士」とは、スマイル・プラス株式会社が2014年9月に創設した民間資格だ。創設以来、全国の専門学校などで講座がおこなわれており、2016 …

no image

「介護ロボット経営実践会」立ち上げ!介護ロボットの売り手と買い手のギャップを埋める

株式会社とげぬき 横浜市の株式会社とげぬきは、2016年1月下旬に『介護ロボット経営実践会』を立ち上げた。介護ロボットの売り手と買い手の問題を解決し、ギャップを埋めることが目的だ。 「介護ロボット経営 …

no image

『アテント Sケア夜1枚安心パッド ハイグレード多いタイプ』を3月に発売

刺激が少なくやわらかいパッド誕生 大王製紙株式会社は、2016年3月21日(月)より大人用紙おむつと『アテント Sケア夜1枚安心パッド ハイグレード多いタイプ』(業務用)を発売開始すると発表した。発売 …

no image

介護事業所のための職場環境改善セミナー及び個別相談会

介護職員のキャリアパス制度とは 株式会社エイデル研究所の主催により、経験豊富なコンサルタントによる介護事業所のための職場環境改善セミナー及び個別相談会」が栃木県で開催される。 介護事業所におけるキャリ …

no image

介護ロボット導入と人材不足解消を学ぶ!「介護業界向け 経営力強化セミナー」

株式会社とげぬき 『介護ロボット経営実践会』は、「江島ケアコンサルティング」と共に、6月4日(土)「介護業界向け 経営力強化セミナー」を開催する。 時間は13:30~17:00(13:10受付開始)、 …