介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

日本介護福祉士会 TVドラマの介護現場演出に対して意見書を提出

24時間労働を強制されるような雰囲気 現在月曜夜9時に放映されているフジテレビのドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」において、「介護職の人材確保に悪影響を与え、介護職に関して偏りのすぎ …

no image

健康食品105品目に法令違反の疑い。

東京都では健康食品による被害を未然に防ぐ目的で、法令違反の可能性のある健康食品を店舗やインターネットで購入し調査している。3月23日に平成26年度の調査結果を公表した。中には高齢者をターゲットにした商 …

no image

高齢者の割合が過去最高を更新 2015年国勢調査

「4人に1人」超える 総務相が26日に発表した2015年国勢調査の確定値では、日本の総人口が統計開始以来初めて減少に転じたことが分かった。 国勢調査は1920年に開始されたが、当時の日本の人口約560 …

no image

マイナンバーにかまけた不審電話が増加中 来訪されるケースも

さまざまな形で接触を試みるケースが多発 国民生活センターが15日に発表したところによると、一般家庭に「口座番号を教えてほしい」「個人情報を調査する」といった口述で不審な電話がかけられる事例が相次いでい …

no image

介護予防・ 日常生活支援総合事業についてセミナーを開催 厚労省

実務者招き実践的な知識に重点 厚生労働省は「介護保険最新情報Vol.499」を発布し、各自治体で進められる「介護予防・日常生活支援総合事業」の移行に向けた準備を支援する取り組みの一環として、無料セミナ …