介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

都道府県ごとの介護認定率の差 最大で1.9倍も

厚労省の予想を上回る格差 厚生労働省が23日に発表した「介護費の地域差分析」では、都道府県ごとの要介護認定率の差などが明らかになり、都道府県間で1.6倍、軽度者では1.9倍の格差があることが判明した。 …

no image

厚労省が「疾病対策部会」を開催 難病への支援体制を検討

国の難病対策の歩みと今 厚生労働省が開催する、難病疾患患者のための社会制度を検討する「疾病対策部会」は20日、今年度2回目の会議を開き、 「難病の患者に対する医療等の総合的な推進を図るための基本的な方 …

no image

介護職員の処遇改善へ 新加算率が公表される

賃金差解消へ向けて 1月18日に開かれた厚生労働省の「第135回社会保障審議会介護給付費分科会」では、介護職員の賃金引き上げに繋がる「処遇改善加算」について、新たな加算率が公表された。 分科会は審議報 …

no image

レンタル手すり「タスカル手すり」 安心・安全なトイレづくりに

手軽に既存のトイレの介護機能を強化 培った技術と「思いやり」の心で製品の開発・製造を続けるウチヱ株式会社は、要介護者のトイレでの生活や安全な入浴をサポートする介護用品を展開している。 その中でトイレ用 …

no image

平成28年度版「厚生労働白書」が公表される

40歳代で既に「健康上の問題」が老後の課題 4日に厚生労働省が発表した「厚生労働白書」では、高齢期の暮らし、地域の支え合いへのメインテーマとして「人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える」が掲げられ、 …