介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

「アセッサー」を介護現場の必須要員に 厚労省の有識者会議

「アセッサー」とは 10日に開かれた「第3回介護プロフェッショナルキャリア段位制度の在り方に関する検討会」では、キャリア段位制度のレベル認定への評価・査定を担う「アセッサー」の必置案が議題に上がった。 …

no image

アルツハイマー型認知症の改善に貢献する中鎖脂肪酸の症例を報告

認知症者と介護者のQOLが向上 日清オイリオグループ株式会社は、札幌市で開催された第16回日本認知症ケア学会大会(2015年5月23日~24日)で、中鎖脂肪酸がアルツハイマー型認知症者の症状の改善と介 …

no image

施設増設でどうなる介護職員の処遇改善

政府は職場環境や仕事の負担感の改善を主体とする方針 26日に政府から発表された「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策(案)」では、「介護離職ゼロ」に向けて50万人分の施設増設で特養待機者の …

no image

日本は世界で8番目に高齢者が住みやすい国 アジアトップ

医療に関しては世界一 世界規模で見つめた高齢者のライフシーンを調査している国際団体「ヘルプエイジ・インターナショナル」(本部ロンドン)は9日、“高齢者にとって住みよい国”をテーマとした世界ランキングを …

no image

大和ハウスの新しいライフワークバランス支援策がすごい

帰省の際に補助金 大和ハウス工業株式会社は2015年4月1日より、介護が必要な親を持つ社員を対象に「親孝行支援制度」を導入すると発表した。年4回を限度に帰省距離に応じて補助金を出す。 大和ハウスのライ …