介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

「なでなでワンちゃん」川崎市の福祉製品として認証【かわさき基準】

トレンドマスター株式会社 トレンドマスター株式会社は、販売中のペット型コミュニケーション「なでなでワンちゃん」が、平成28年度かわさき基準福祉製品に認証されたことを発表した。 既に、同社の「なでなでね …

no image

アルツハイマー病患者の記憶は失われていない 研究が示す可能性

神経細胞の活性化に鍵あり 理化学研究所(理研)は17日、アルツハイマー病モデルマウスを用いた実験から得られた観測結果をもとに、アルツハイマー病のより効果的な治療法・予防法の開発に結びつく研究成果を発表 …

no image

宿泊プログラムで体質改善 「スマートライフステイ」

3兎を追いつつ明るい社会を目指す 近畿圏を中心に高齢者および障がい者の生活支援等に関する事業を展開しているNPOウェル医療介護研究所はこの程、厚生労働省の試行事業であるスマートライフステイの実施とその …

no image

高齢者の外来医療費引き上げへ 中所得層の負担が増

段階的な引き上げを検討 15日に開かれた自民党の部会では、高齢者の外来医療費の上限額を段階的に引き上げ、中所得層に関しては来年から1万4,000円となる見通しが定まった。 これまでの「高額療養費制度」 …

no image

“2035年”を見据えた介護の検討会議が始動 厚労省

「健康先進国」を目指す日本 厚生労働省は6日、2035年に日本が“健康先進国”となる像を目指した検討内部会議「保健医療2035推進本部」(以下 会議)を立ち上げ、工程表の作成に取りかかっていることを発 …