介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

新会社amidus 障がい者や高齢者向けのソリューション開発に注力

「肩上ロボット」「音のバリアフリー」 未来への製品開発 ビジネスモデルそのものを“デザイン”するエレクトロニクスプロダクツ事業を展開するamadana株式会社は、社内の一事業部であったamidus(ア …

no image

国の財政健全化の工程表案が出される 経済財政諮問会議

政府は「サービスの水準」は維持したい方針 7日に行われた政府の「経済財政諮問会議」では、財政健全化に向けての工程表の案が示され、「骨太の方針」に沿った軽度者への給付金、および自己負担額の見直しなどが提 …

no image

八尾徳洲会総合病院に「創傷ケアセンター」が開設

大阪エリアで唯一の創傷ケアセンター 八尾徳洲会総合病院に大阪エリアで唯一の創傷ケアセンターが5月11日(月)に開設した。 同ケアセンターは、直らない足の傷、床ずれなどの難治性創傷治療の専門外来をおこな …

no image

「出張理美容」の規制を緩和し、在宅での理美容サービスを促進へ

「規制改革実施計画」の決定を受けた通知 理容師や美容師が客の自宅へ出向く「出張理美容」について、理容師法と美容師法を所管する厚生労働省は、サービス対象者を広げるための規制緩和の方針を3日、明らかにした …

no image

要介護からの回復の軌跡 ドキュメンタリー映画『抱擁』

監督の母がたどった軌跡を記録 エージェンシー事業や教育事業を手掛ける株式会社クリーク・アンド・リバー社は、制作協力を行った映画『抱擁』の舞台挨拶を9日に渋谷のシアター・イメージフォーラムにて行っている …