介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

認知症女性から横領の罪で逮捕の元弁護士 着服額1億円超えか

成年後見人の立場を悪用 先月2日、認知症を患っていた女性の貯金を私的流用していた疑いで警視庁捜査2課に逮捕された元弁護士・渡部直樹容疑者(48)が、自らが成年後見人を担い、認知症を患っていた別の女性か …

no image

特区区域会議において「混合介護」の特区での実施が論点に

小池東京都知事が意欲 産業の国際競争力の強化や国際的な経済活動の拠点形成を目的として規制改革事項等を活用した事業を実施するための枠組みである「国家戦略特区」のスキームを使って、東京都は「混合介護」を弾 …

no image

医療・福祉分野の労災に関する調査結果 厚労省

「度数率」および「強度率」を算出 厚生労働省が26日に公表した「労働災害状況(規模100人以上の事業所調査および総合工事業調査)」によると、事業所調査における全産業の数値は、100万延べ実労働時間あた …

no image

敬老の日に「優しい眠り」プレゼント。子ども向け「オーダーまくら制作体験」実施

子どもたちと祖父母が触れ合う機会を創出 株式会社大和屋ふとんは、9月19日、同社運営のオーダーまくらと寝具の専門店「まくらぼ」にて企画『オーダーまくら制作体験』を実施する。 同企画は、9月19日の敬老 …

no image

介護報酬改定によるリハビリテーション機能への影響

介護におけるリハビリテーション 16日に行われた厚生労働省の「介護報酬改定検証・研究委員会」では、「リハビリテーションと機能訓練の機能分化とその在り方に関する調査研究事業」などの調査結果が公表され、リ …