介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

地域包括ケアシステム構築の要となる第七期介護保険事業計画

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者が住みよい社会へ

全国の介護事業所の指定取消・停止が過去最多の227件に上っている中、10日に開かれた厚生労働省の「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、第七期介護保険事業(支援)計画の策定に向けた基本的な考え方や状況認識が示された。

整備が進む地域包括ケアシステムは、高齢者が可能な限り住み慣れた土地で、能力に応じた自立した生活を営めるように、高齢者の周りの医療・介護・介護予防・住まいへの支援が包括的に確保される社会を目指すためのものであることが確認された。

地域包括ケアシステムは、実際の保険者となる市町村が地域の実態把握、課題分析を行い、それを踏まえて目標達成に向けた具体的な計画を策定することが求められている。

行政機関の役割

団塊の世代が後期高齢者となる2025年を目標に据えた第七期計画を推進することで、社会の安定性確保を図っていきたい構えだ。

また政府は地域包括ケアシステムの一翼として「在宅介護・医療」についても注力しており、「在宅介護実態調査」を実施するなどしてデータを集計・分析し、計画を策定していくための支援ツールとして活用していきたい方針だ。

また基本的に市町村が担う地域包括ケアシステムだが、都道府県も必要な後方支援・広域調査を行うことで市町村支援に取り組むことが重要とされている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

第7期介護保険事業(支援)計画の策定に向けて
http://www.mhlw.go.jp/

関連記事

no image

ソニー電子お薬手帳サービスの試験サービスエリアが拡大中

試験サービスエリアを拡大 ソニーは、非接触ICカード技術FeliCaを活用した電子お薬手帳サービスharmo(ハルモ)の試験サービスをおこなっている。 harmoは、2013年秋に神奈川県川崎市全域で …

no image

処遇改善加算の取得促進に向けた支援事業の内容

1万円相当の賃金アップを実施 3月10日に開かれた厚生労働省による「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」では、2017年度事業である「介護報酬改定による介護職員処遇改善加算の拡充」について、支援 …

no image

国際統合治療協会、脳梗塞などのリスクを察知する「セルフ脈診」を啓発

心筋梗塞や脳梗塞のリスク察知に有効 一般社団法人国際統合治療協会(以下「IITA」)は、6月21日、「セルフ脈診」の啓発活動についてのプレスリリースを発表した。 「セルフ脈診」についてIITAは、心筋 …

no image

「おしゃべり熱中症計」4月末より発売開始

風邪ひき指数や温湿度計が付いた優れもの 株式会社デザインファクトリーは、一般財団法人日本気象協会と共同し、「おしゃべり熱中症計」を開発し2015年4月末より、東急ハンズ、AMAZON、楽天市場など、順 …

no image

熱中症 無防備になりやすい今の時期が盲点 しっかり対策を

隠れた“デッドゾーン”の「梅雨明け前」 NHKのニュース解説と暮らしに役立つ情報配信サイト「NHK解説委員室」では、今年もそのシーズンに突入して間もない『熱中症』について、東京での観測データや熱中症の …