介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

18年度介護報酬改定に向けた調査事業に関する報告 専門委員会

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

改定論議に必要なデータ収集

13日に厚生労働省が開いた「第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会」では、介護報酬改定をめぐる議論に必要なデータ収集を目的とした5種類の調査を行う方針が決定された。

提出された「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成28年度調査)の結果について(案)」では、2016年6月に了承された「平成28年度介護報酬改定検証・研究委員会における調査項目」の内容に即して、効果検証及び調査研究が行われたことが報告された。

一連の調査研究は外部委託により実施されたものであり、特別に設置された「調査検討組織」が集計・分析方法などの検討を行っている。

調査の例

「介護保険制度におけるサービスの質の評価に関する調査研究事業」のデータ項目ver.2の調査結果としては、高齢者が起こしやすい「転倒」「発熱」「誤嚥性肺炎」「脱水」「褥瘡」をハザードとしてその発生状況を確認したところ、それぞれの項目で比較的高い差が見られることが明らかとなった。

来年度行われる定期巡回・随時対応サービスに関する調査では、介護職員の「より効率的・効果的な配置」に直結するよう、人員基準緩和後のオペレーターの業務を中心に探りを入れていく方針が示された。

(画像は厚労省HPより)

▼外部リンク

第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000154554.html

関連記事

no image

複数の福祉資格を取得しやすい環境を整備 厚労省が検討チーム

超高齢化社会に万全な福祉体制の構築を目指す 今後担い手が不足する事態に陥ることが危惧されている福祉資格所有者をより合理的に増員していくため、厚生労働省が局長級プロジェクトチーム(PT)の設置を発表した …

no image

ケアマネ1212名に訊くアンケート調査「介護保険利用者の自己負担増」

施設利用者にどのような影響が出ているか 株式会社インターネットインフィニティーは、「介護保険利用者の自己負担増」についてアンケート調査を実施し、その結果を2月6日に発表した。 2015年度の介護保険改 …

no image

楽生サポート「ういっと」、事業者指定の一部を3ヶ月停止

モニタリング、219件の記録がない 京都市は、介護保険法の規定に基づき、「合同会社楽生サポート」が運営する、居宅介護支援事業所「ういっと」を3ヵ月の新規利用者受け入れ停止処分とした。 停止期間は平成2 …

no image

介護保険最新情報vol.511発出。

介護保険最新情報vol.511 厚生労働省は1月7日、介護保険最新情報vol.511を発出した。 調査回答依頼 介護保険最新情報vol.511の中で改めて介護職員の処遇の実態を把握するために進めている …

no image

ご利用者宅にリコール製品はありませんか

リコール情報とは リコール情報とは、製品に欠陥や不具合があり、安全上問題が生じる可能性がある、消費者が製品を安全に使用できるための予防的措置として、事業者が回収や修理などを行うものについて、消費者へ情 …