介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

18年度介護報酬改定に向けた調査事業に関する報告 専門委員会

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

改定論議に必要なデータ収集

13日に厚生労働省が開いた「第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会」では、介護報酬改定をめぐる議論に必要なデータ収集を目的とした5種類の調査を行う方針が決定された。

提出された「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成28年度調査)の結果について(案)」では、2016年6月に了承された「平成28年度介護報酬改定検証・研究委員会における調査項目」の内容に即して、効果検証及び調査研究が行われたことが報告された。

一連の調査研究は外部委託により実施されたものであり、特別に設置された「調査検討組織」が集計・分析方法などの検討を行っている。

調査の例

「介護保険制度におけるサービスの質の評価に関する調査研究事業」のデータ項目ver.2の調査結果としては、高齢者が起こしやすい「転倒」「発熱」「誤嚥性肺炎」「脱水」「褥瘡」をハザードとしてその発生状況を確認したところ、それぞれの項目で比較的高い差が見られることが明らかとなった。

来年度行われる定期巡回・随時対応サービスに関する調査では、介護職員の「より効率的・効果的な配置」に直結するよう、人員基準緩和後のオペレーターの業務を中心に探りを入れていく方針が示された。

(画像は厚労省HPより)

▼外部リンク

第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000154554.html

関連記事

no image

介護報酬改定への評価対象となる調査 委員会が概要を提示

現場で起こった介護報酬改定の影響を調査 厚生労働省は14日、平成27年度の介護報酬改定に関わる検証及び調査研究の調査票を議題とする「介護報酬改定検証・研究委員会」を開き、2015年度分の調査開始までの …

no image

厚生労働省 入所者の安全確保を求める通知

相模原市の事件受け 厚生労働省は26日、神奈川県相模原市で同日発生した障がい者支援施設における入所者殺傷事件を受け、「社会福祉施設等における入所者等の安全の確保について」という通知を行い、各自治体や社 …

no image

介護保険料滞納者が1万人超え 未収額は274億円に

厳しい介護保険の運営状況が明らかに 介護保険料を払えずに給付を制限され何らかのペナルティーの対象となっている高齢者の数が、2013年度時点で“1万人”を超えていたことが28日までの厚労省の調べにより判 …

no image

厚労省 ケアプランを有料化の方向で検討か

全ての介護保険利用者が対象 一部メディアの報じたところによると、円滑な介護サービスを受けられるようにケアマネジャーと利用者が相談して決定される「ケアプラン」を、厚生労働省が実質有料化する方向性で検討し …

no image

厚労省の介護報酬改定に関するQ&A 第四弾

複数事業者が関わる場合の算定方法などについて 厚生労働省は今年4月から施行されている介護報酬の改定について、各都道府県および指定都市の介護保険主管部にあてたQ&Aを作成、発布して新制度の周知徹底を図っ …