介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

18年度介護報酬改定に向けた調査事業に関する報告 専門委員会

投稿日:2017年3月15日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

改定論議に必要なデータ収集

13日に厚生労働省が開いた「第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会」では、介護報酬改定をめぐる議論に必要なデータ収集を目的とした5種類の調査を行う方針が決定された。

提出された「平成27年度介護報酬改定の効果検証及び調査研究に係る調査(平成28年度調査)の結果について(案)」では、2016年6月に了承された「平成28年度介護報酬改定検証・研究委員会における調査項目」の内容に即して、効果検証及び調査研究が行われたことが報告された。

一連の調査研究は外部委託により実施されたものであり、特別に設置された「調査検討組織」が集計・分析方法などの検討を行っている。

調査の例

「介護保険制度におけるサービスの質の評価に関する調査研究事業」のデータ項目ver.2の調査結果としては、高齢者が起こしやすい「転倒」「発熱」「誤嚥性肺炎」「脱水」「褥瘡」をハザードとしてその発生状況を確認したところ、それぞれの項目で比較的高い差が見られることが明らかとなった。

来年度行われる定期巡回・随時対応サービスに関する調査では、介護職員の「より効率的・効果的な配置」に直結するよう、人員基準緩和後のオペレーターの業務を中心に探りを入れていく方針が示された。

(画像は厚労省HPより)

▼外部リンク

第13回社会保障審議会介護給付費分科会介護報酬改定検証・研究委員会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000154554.html

関連記事

no image

高齢者の体力・運動能力が過去最高 スポーツ庁調査

65~69歳の女子、75~79歳の男女で過去最高 スポーツ庁は9日、平成27年度体力・運動能力調査について取りまとめた調査報告書と調査結果の概要を公表した。 高齢者(65~79歳)の体力・運動能力の傾 …

no image

「介護離職ゼロ」の実現を目指すアベノミクス 首相が会見

「新三本の矢」は介護を救うか 先日24日自民党本部で行われた記者会見の場において、安倍晋三首相は自信が提唱する経済政策“アベノミクス”の今後一層の飛躍を期した新政策を、「新三本の矢」と名づけた取り組み …

no image

給付縮小を見送りの方針 厚労省が示す

創設時からの課題 厚生労働省が12日に開いた「第66回社会保障審議会介護保険部会」では、「軽度者への支援のあり方」について、人員・設備の基準などを柔軟に決められる「地域支援事業」への組み入れなどの施策 …

no image

6割近くが生活「苦しい」 厚生労働省国民生活基礎調査

65歳以上の単独世帯が初めて600万超え 平成27年国民生活基礎調査の概況が12日、厚生労働省によって発表された。 全国の世帯数はおよそ5036万世帯。そのうち「夫婦と未婚の子のみの世帯」が29.4% …

no image

介護保険システムの安定にも一役のDELL製リカバリソフトウェア

バラバラだったシステム系統を一つに統合 PC関連製品を扱うデル・ソフトウェア株式会社は、介護保険や障がい者総合支援システムのセキュリティおよびバックアップに快適安心な環境をもたらすリカバリソフトウェア …