介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「ロボットアシストウォーカー RT.2」「国際規格ISO 13482」の認証を取得

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

大阪府大阪市のRT.ワークス株式会社は、販売中の「ロボットアシストウォーカー RT.2」が一般財団法人日本品質保証機構(JQA)より、生活支援ロボットの安全性に関した「国際規格ISO 13482」の認証を取得したと発表した。

2017年3月10日付けでの認証。

同社では、既に「ロボットアシストウォーカー RT.1」が2015年7月にISO 13482の認証を取得済み。

同認証取得では、製品の安全性に関する試験のクリアや、開発体制・リスクアセスメントなどに関する開発・設計関連文書の作成や管理などが総合的に判断されている。

「ロボットアシストウォーカー RT.2」

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、電動アシスト機能を搭載した自動制御機能付歩行器。最先端のロボット技術を使用している。

介護保険レンタル適用商品でもあることから、既に多くの人が利用中。同社では「安全安心に使用していただける」と述べている。

商品の特徴

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、坂道などで急発進が起こった際に、自動でブレーキをかける仕組みがある。

また、傾斜道路では、片側にハンドルがとられてしまうことを防止する機能も搭載している。

多彩な機能を持ちながら、コンパクトで、従来型の歩行車と変わらない操作がおこなえるのも魅力のひとつだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

自動制御機能付き歩行器として第1号「ロボットアシストウォーカー RT.2」がISO 13482認証を取得生活支援ロボットとしての安全性が評価されました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

関連記事

no image

中央社会保険医療協議会において新しい心停止処置が検討される

慶應義塾大病院からの申請 21日に開かれた中央社会保険医療協議会の「総会」では、2018年度の診療報酬改定に向けた主な検討項目と、中医協における今後の検討の進め方が提示された。 先進医療技術審査部会の …

no image

北大と日立、AMEDの認知症早期診断に向けた医療機器開発プロジェクトを受託

認知症の早期診断・早期治療のため 国立大学法人北海道大学と株式会社日立製作所は、1月24日、国立研究開発法人日本医療研究開発機溝(AMED)より「認知症の早期診断・早期治療のための医療機器開発プロジェ …

no image

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を 地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リ …

no image

24日開催の「障害者政策委員会」における検討内容について

「医療保護入院」は国際的に受容されない可能性 内閣府が9月24日に開いた「障害者政策委員会」では、障がい者を取り巻く社会保障環境を巡る議論の整理などを踏まえ、政府報告の提出を見据えた検討が重ねられた。 …

no image

中央会議開催 在宅医療・介護連携について議論される

キャリアラダーの導入が検討課題となる 21・22日の両日に開かれた厚労省の「保健師中央会議」では、発展的な健康づくりの推進や地域保健活動の推進、保健師に係る研修のあり方や地域医療構想などが議論された。 …