介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「ロボットアシストウォーカー RT.2」「国際規格ISO 13482」の認証を取得

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

大阪府大阪市のRT.ワークス株式会社は、販売中の「ロボットアシストウォーカー RT.2」が一般財団法人日本品質保証機構(JQA)より、生活支援ロボットの安全性に関した「国際規格ISO 13482」の認証を取得したと発表した。

2017年3月10日付けでの認証。

同社では、既に「ロボットアシストウォーカー RT.1」が2015年7月にISO 13482の認証を取得済み。

同認証取得では、製品の安全性に関する試験のクリアや、開発体制・リスクアセスメントなどに関する開発・設計関連文書の作成や管理などが総合的に判断されている。

「ロボットアシストウォーカー RT.2」

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、電動アシスト機能を搭載した自動制御機能付歩行器。最先端のロボット技術を使用している。

介護保険レンタル適用商品でもあることから、既に多くの人が利用中。同社では「安全安心に使用していただける」と述べている。

商品の特徴

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、坂道などで急発進が起こった際に、自動でブレーキをかける仕組みがある。

また、傾斜道路では、片側にハンドルがとられてしまうことを防止する機能も搭載している。

多彩な機能を持ちながら、コンパクトで、従来型の歩行車と変わらない操作がおこなえるのも魅力のひとつだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

自動制御機能付き歩行器として第1号「ロボットアシストウォーカー RT.2」がISO 13482認証を取得生活支援ロボットとしての安全性が評価されました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

関連記事

no image

日本イーライリリー、第14回「リリーインスリン50年賞」授賞式を開催

インスリン治療を50年以上継続している患者を顕彰 日本イーライリリー株式会社は、11月9日、第14回「リリーインスリン50年賞」の授賞式を開催した。 「リリーインスリン50年賞」は、インスリン治療を5 …

no image

特養の建設費が4年連続で上昇

特養の建設費用が上昇 特別養護老人ホームの建設費が4年連続で上昇し続けていることが福祉医療機構の調査により明らかになった。 全国平均は2万7000円上昇 2014年度の全国の平均平米単価は、前年度から …

no image

特区区域会議において「混合介護」の特区での実施が論点に

小池東京都知事が意欲 産業の国際競争力の強化や国際的な経済活動の拠点形成を目的として規制改革事項等を活用した事業を実施するための枠組みである「国家戦略特区」のスキームを使って、東京都は「混合介護」を弾 …

no image

中央会議開催 在宅医療・介護連携について議論される

キャリアラダーの導入が検討課題となる 21・22日の両日に開かれた厚労省の「保健師中央会議」では、発展的な健康づくりの推進や地域保健活動の推進、保健師に係る研修のあり方や地域医療構想などが議論された。 …

no image

低所得高齢者への臨時給付金 自民党の会議で了承

費用総額は3,600億円 17日に開かれた自民党・厚生労働部会などの合同会議では、主要先進国の中でも高い水準にある高齢者の貧困率解消への施策として、「1人あたり3万円」となる臨時給付金の捻出費用およそ …