介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「ロボットアシストウォーカー RT.2」「国際規格ISO 13482」の認証を取得

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

一般財団法人日本品質保証機構(JQA)

大阪府大阪市のRT.ワークス株式会社は、販売中の「ロボットアシストウォーカー RT.2」が一般財団法人日本品質保証機構(JQA)より、生活支援ロボットの安全性に関した「国際規格ISO 13482」の認証を取得したと発表した。

2017年3月10日付けでの認証。

同社では、既に「ロボットアシストウォーカー RT.1」が2015年7月にISO 13482の認証を取得済み。

同認証取得では、製品の安全性に関する試験のクリアや、開発体制・リスクアセスメントなどに関する開発・設計関連文書の作成や管理などが総合的に判断されている。

「ロボットアシストウォーカー RT.2」

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、電動アシスト機能を搭載した自動制御機能付歩行器。最先端のロボット技術を使用している。

介護保険レンタル適用商品でもあることから、既に多くの人が利用中。同社では「安全安心に使用していただける」と述べている。

商品の特徴

「ロボットアシストウォーカー RT.2」は、坂道などで急発進が起こった際に、自動でブレーキをかける仕組みがある。

また、傾斜道路では、片側にハンドルがとられてしまうことを防止する機能も搭載している。

多彩な機能を持ちながら、コンパクトで、従来型の歩行車と変わらない操作がおこなえるのも魅力のひとつだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

自動制御機能付き歩行器として第1号「ロボットアシストウォーカー RT.2」がISO 13482認証を取得生活支援ロボットとしての安全性が評価されました
https://prtimes.jp/main/html/rd/p

関連記事

no image

総務省 郵便による投票の対象者拡大を提言

介護状態を理由に投票できない事態を回避 総務省が28日に開いた会見では、郵便投票の対象拡大に向けた検討について高市 早苗総務相が記者団の質問に答え、自力で外出するのが難しい高齢者などを対象に郵便投票の …

no image

フューネットコーポレーション、葬儀・お墓問題に関して意識調査を実施

全国の20歳以上の1000名を対象に 株式会社フューネットコーポレーションは、「自身の葬儀・お墓問題に関しての意識調査」を実施し、その結果レポートを9月20日に発表した。 同社は、海洋散骨サービスを展 …

no image

措置入院に関連した改正案を今国会に提出へ 厚労省

前代未聞の殺傷事件を受けた対応 8日に開かれた厚生労働省の有識者会議「これからの精神保健医療福祉の在り方に関する検討会」では、障がい者施設で19人が亡くなった相模原市の殺傷事件を受け、再発を防ぐための …

no image

自転車で糖尿病への理解を深める。「SPORTS BIKE EXPERIENCE」11月開催

世界糖尿病デーの前日に ノボ ノルディスク ファーマ株式会社および公益社団法人日本糖尿病協会は、11月13日、イベント『SPORTS BIKE EXPERIENCE』を開催する。 同イベントは、世界糖 …

no image

過疎地の「買い物難民」を救え 国がドローン宅配の実証実験

「ゆでたまご」も空輸 小型の無人機「ドローン」を活用した事業やサービスの展開が将来的に有望視されるなか、地方の過疎地などで“買い物難民”となっている高齢者を対象に空輸サービスを行うサービスの実証実験が …