介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を

地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リハの充実や高齢者リハの確立など7つの提言を示した。

7つの提言とは、「急性期リハビリの充実」「がんリハビリの充実」「出来高から完全包括制へ」「単位数評価からアウトカム評価へ」「知的リハビリの重視」「嚥下・排泄リハビリの優先」「高齢者リハビリの確立」からなっている。

リハビリテーションを利用する高齢者は、慢性病などといった「つらい」「苦しい」重荷を抱えていることが多く、“やらなければならない”といった使命感がつきまとう性格のあるリハビリテーションには抵抗を感じることもあるという。

人材の確保も課題

現状では「心地よいもの」とはいえないリハビリテーションを、いかに「心のケアも身体のケアもできる」高齢者にとって心地よいものに変えていけるかが、リハビリテーション普及に際して当面の課題となるだろう。

リハビリテーションの普及促進は摂食・排泄や知的リハビリの問題とも絡めながら、慎重に考えていかねばならない問題ゆえ、医療施設などにおいて、リハビリスタッフが関与できる体制の確立が求められているといえる。

(画像は日本慢性期医療協会HPより)

▼外部リンク

日本慢性期医療協会 定例記者会見
https://jamcf.jp/pdf/2017/chairman170309.pdf

日本慢性期医療協会
https://jamcf.jp/default.html

関連記事

no image

今年はノロウイルスが大流行の兆し

ノロウイルス流行か 今年はノロウイルスが大流行しそうだ。今年は昨年とは違うタイプのノロウイルスに変遷していることから、ノロウイルスによる食中毒に注意するよう消費者庁が注意を呼びかけている。 ノロウイル …

no image

介護サービス利用者は「399万800人」 増える需要に対する課題は

平均費用は18万円程度 厚生労働省が22日に発表した「介護給付費等実態調査月報」によると、平成27年9月審査分で介護サービスの受給者総数は「399万800人」となっていることが分かった。 またサービス …

no image

相模原殺傷事件の再発防止検討チームが報告書を提出

法改正も視野 神奈川県相模原市の障がい者施設でおきた前代未聞の殺傷事件を受け、厚生労働省の有識者会議が提言した再発防止策に関する報告書では、措置入院の全患者に支援計画を作成し、法改正も視野に検討を進め …

no image

認知症患者とその家族へのお役立ちサイト【認知症ONLINE】

いつでも見られる最新・重要情報 介護・保育関係のWEBサイトを幅広く運営している株式会社ウェルクスは、「認知症」をテーマとした新しいオンラインマガジン『認知症ONLINE』をリリースしている。 『認知 …

no image

中核市市長会が関係省庁へ提言書提出

子育て世代への支援策充実を要請 中核市の市長で構成される「中核市市長会」は8日、国の施策及び予算に関する提言として、地域の拠点都市にふさわしいまちづくりを進めるための地方分権の推進を推し進める、「国の …