介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を

地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リハの充実や高齢者リハの確立など7つの提言を示した。

7つの提言とは、「急性期リハビリの充実」「がんリハビリの充実」「出来高から完全包括制へ」「単位数評価からアウトカム評価へ」「知的リハビリの重視」「嚥下・排泄リハビリの優先」「高齢者リハビリの確立」からなっている。

リハビリテーションを利用する高齢者は、慢性病などといった「つらい」「苦しい」重荷を抱えていることが多く、“やらなければならない”といった使命感がつきまとう性格のあるリハビリテーションには抵抗を感じることもあるという。

人材の確保も課題

現状では「心地よいもの」とはいえないリハビリテーションを、いかに「心のケアも身体のケアもできる」高齢者にとって心地よいものに変えていけるかが、リハビリテーション普及に際して当面の課題となるだろう。

リハビリテーションの普及促進は摂食・排泄や知的リハビリの問題とも絡めながら、慎重に考えていかねばならない問題ゆえ、医療施設などにおいて、リハビリスタッフが関与できる体制の確立が求められているといえる。

(画像は日本慢性期医療協会HPより)

▼外部リンク

日本慢性期医療協会 定例記者会見
https://jamcf.jp/pdf/2017/chairman170309.pdf

日本慢性期医療協会
https://jamcf.jp/default.html

関連記事

no image

「認知症研究のための国際連携体制の整備に関する調査研究事業」、採択課題決定

課題評価委員会において厳正な審査を実施 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)は、11月4日、平成28年度「認知症研究のための国際連携体制の整備に関する調査研究事業」の採択課題を決定したと発 …

no image

介護離職ゼロへの具体的プランを策定 厚労省の懇談会

アベノミクスの要衝担う社会保障 17日に開催された厚生労働省の懇談会「働き方の未来 2035:一人ひとりが輝くために」では、1億総活躍社会そして介護離職ゼロに直結するプランとして、「ニッポン1億総活躍 …

no image

生活保護の医療扶助を抑制へ 厚労省が方針

必要以上の通院を防ぐ狙い 3日に開催された「生活保護関係全国係長会議」では、生活保護受給者が必要以上に多く医療機関へ通院する事例の増加を受け、生活保護受給者への指導を強化する案が取りまとめられた。 生 …

no image

スズケン、「世界糖尿病デー」趣旨に賛同して啓発活動を実施

「すべての人々の笑顔」の実現に向け 株式会社スズケンは、10月24日、国際連合が定めた「世界糖尿病デー」趣旨に賛同し、グループ会社とともに糖尿病の予防・治療・療養を喚起する啓発活動に取り組むと発表した …

no image

7月17日の認知症ライフパートナー検定試験、受験申し込みを受付中

2級と3級は誰でも受験が可能 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会は、認知症ライフパートナー検定試験の第15回3級検定および第13回2級検定を、7月17日に実施する。 同検定の2級と3級は …