介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を

地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リハの充実や高齢者リハの確立など7つの提言を示した。

7つの提言とは、「急性期リハビリの充実」「がんリハビリの充実」「出来高から完全包括制へ」「単位数評価からアウトカム評価へ」「知的リハビリの重視」「嚥下・排泄リハビリの優先」「高齢者リハビリの確立」からなっている。

リハビリテーションを利用する高齢者は、慢性病などといった「つらい」「苦しい」重荷を抱えていることが多く、“やらなければならない”といった使命感がつきまとう性格のあるリハビリテーションには抵抗を感じることもあるという。

人材の確保も課題

現状では「心地よいもの」とはいえないリハビリテーションを、いかに「心のケアも身体のケアもできる」高齢者にとって心地よいものに変えていけるかが、リハビリテーション普及に際して当面の課題となるだろう。

リハビリテーションの普及促進は摂食・排泄や知的リハビリの問題とも絡めながら、慎重に考えていかねばならない問題ゆえ、医療施設などにおいて、リハビリスタッフが関与できる体制の確立が求められているといえる。

(画像は日本慢性期医療協会HPより)

▼外部リンク

日本慢性期医療協会 定例記者会見
https://jamcf.jp/pdf/2017/chairman170309.pdf

日本慢性期医療協会
https://jamcf.jp/default.html

関連記事

no image

介護は女性の就業スタイルを制限か WEBリサーチ

NTTコムによるインターネット調査 インターネット調査においてマーケティング業界でも高い評価を受けるNTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社は、家事や子育て、介護などで未就業中の …

no image

認知症患者患者の徘徊防止に貢献する顔認証システム

出入り口に設置するだけで「徘徊防止」 顔認証システムを採用した様々な製品を開発するリカオン株式会社は、認知症患者による“徘徊行為”の防止に役立つサービスとして、「徘徊防止システムLYKAON」を新たに …

no image

“2035年”を見据えた介護の検討会議が始動 厚労省

「健康先進国」を目指す日本 厚生労働省は6日、2035年に日本が“健康先進国”となる像を目指した検討内部会議「保健医療2035推進本部」(以下 会議)を立ち上げ、工程表の作成に取りかかっていることを発 …

no image

トヨタが高齢者にやさしい「次世代タクシー」を発表

低床化構造で乗降に配慮 トヨタ自動車株式会社は2017年度内に発売を予定する「次世代タクシー」の概要を公表し、29日から開幕する東京モーターショーにて実物をお披露目して、「みんなにやさしい」という基本 …

no image

パナソニック タイのロボット開発プロジェクトに参画し事業拡大を視野

70億円規模の医療ロボ開発プロジェクト パナソニック株式会社は、タイ王国における医療ロボットの開発と実証を推進するプロジェクト【Center for Advanced Medical Robotics …