介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を

地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リハの充実や高齢者リハの確立など7つの提言を示した。

7つの提言とは、「急性期リハビリの充実」「がんリハビリの充実」「出来高から完全包括制へ」「単位数評価からアウトカム評価へ」「知的リハビリの重視」「嚥下・排泄リハビリの優先」「高齢者リハビリの確立」からなっている。

リハビリテーションを利用する高齢者は、慢性病などといった「つらい」「苦しい」重荷を抱えていることが多く、“やらなければならない”といった使命感がつきまとう性格のあるリハビリテーションには抵抗を感じることもあるという。

人材の確保も課題

現状では「心地よいもの」とはいえないリハビリテーションを、いかに「心のケアも身体のケアもできる」高齢者にとって心地よいものに変えていけるかが、リハビリテーション普及に際して当面の課題となるだろう。

リハビリテーションの普及促進は摂食・排泄や知的リハビリの問題とも絡めながら、慎重に考えていかねばならない問題ゆえ、医療施設などにおいて、リハビリスタッフが関与できる体制の確立が求められているといえる。

(画像は日本慢性期医療協会HPより)

▼外部リンク

日本慢性期医療協会 定例記者会見
https://jamcf.jp/pdf/2017/chairman170309.pdf

日本慢性期医療協会
https://jamcf.jp/default.html

関連記事

no image

公文 介護予防分野で初のSIB調査事業を実施

SIBを導入するための調査 株式会社公文教育研究会は、介護予防分野として実施するSIB調査事業が、経済産業省の平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業に採択されたと発表した。 SIB(ソーシャル・イン …

no image

EPA外国人介護士に関する制度作りへ前進

介護人材難への解決策となるか 外国人介護士の受け入れについて規制緩和の議論を進めている厚生労働省の有識者会議「外国人介護人材受入れの在り方に関する検討会」は26日、外国人介護士の受け入れを前提にした規 …

no image

認知症の進行を止めるための治験開始

国立循環器病研究センターは、脳梗塞再発予防薬として広く使われる薬「シロスタゾール」を「MCI(軽度認知症)」の人に投与し、認知機能の低下を遅らせる効果があるか確かめる治験を始めたと発表した。 治験は、 …

no image

中高年のオートバイの楽しみ方は SBIのリサーチ

「リターンライダー」の意識とは 金融サービス、アセットマネジメント事業を手掛けるSBIホールディングス株式会社(SBI)は、運営しているWEBサイトにおいて、中高年ライダーの事情に迫るアンケート調査を …

no image

社保審・介護保険部会にてケアマネジメント支援業務の格大が議論される

負担の拡大を懸念する声も 30日に開かれた厚生労働省の「社会保障審議会・介護保険部会」では、介護予防や地域支援事業の推進の観点から方針が打ち出された。 既に「一般介護予防事業評価事業」において事業評価 …