介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

投稿日:2017年3月14日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を

地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リハの充実や高齢者リハの確立など7つの提言を示した。

7つの提言とは、「急性期リハビリの充実」「がんリハビリの充実」「出来高から完全包括制へ」「単位数評価からアウトカム評価へ」「知的リハビリの重視」「嚥下・排泄リハビリの優先」「高齢者リハビリの確立」からなっている。

リハビリテーションを利用する高齢者は、慢性病などといった「つらい」「苦しい」重荷を抱えていることが多く、“やらなければならない”といった使命感がつきまとう性格のあるリハビリテーションには抵抗を感じることもあるという。

人材の確保も課題

現状では「心地よいもの」とはいえないリハビリテーションを、いかに「心のケアも身体のケアもできる」高齢者にとって心地よいものに変えていけるかが、リハビリテーション普及に際して当面の課題となるだろう。

リハビリテーションの普及促進は摂食・排泄や知的リハビリの問題とも絡めながら、慎重に考えていかねばならない問題ゆえ、医療施設などにおいて、リハビリスタッフが関与できる体制の確立が求められているといえる。

(画像は日本慢性期医療協会HPより)

▼外部リンク

日本慢性期医療協会 定例記者会見
https://jamcf.jp/pdf/2017/chairman170309.pdf

日本慢性期医療協会
https://jamcf.jp/default.html

関連記事

no image

塩崎厚労相 高齢者の新しい定義を社会保障へ反映させる事へ慎重姿勢

「見直しは慎重に議論を」 塩崎厚生労働相は今年初めての記者会見となった6日、かねて日本老年学会が提言していた、「高齢者と位置づける年齢を75歳以上」とする案について、「社会保障制度における年齢の見直し …

no image

創成会議 東京圏の高齢化問題へ改めて提言

このままでは“介護クライシス”到来も 少子高齢化問題や地域経済活性化への提言を行っている有識者らによる政策発信組織、日本創成会議は22日、都内で開かれたシンポジウムにおいて主要メンバーが講演した。 そ …

no image

介護を実践中の新田恵利さんプロデュース、シニア向け「漆器の食器セット」を発売

創業122年の老舗フォーマルウェア企業 株式会社カインドウェアは、8月26日、元・おニャン子クラブで現在介護を実践している新田恵利さんがプロデュースするシニア向け製品「漆器の食器セット」の発売を決定し …

no image

ケアプラン作成へのAI活用を検討

AIで働き方のイノベーションを 政府は20日の「未来投資会議構造改革徹底推進会合」において、自立支援の観点でより有効なサービスを増やしていく狙いで、ケアプランを作成する際にAI(人工知能)を活用してい …

no image

感染症対策に!除菌効果が長時間持続するアルコールスプレー新発売!

独自の抗菌技術「Hydro Ag+」 富士フイルム株式会社では、独自の抗菌技術である「Hydro Ag+」を使用した環境清拭材「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)アルコールスプレー」と「H …