介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護保険法改正案の問題を考える 国会集会を開催

投稿日:2017年3月12日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

ノンフィクション作家の沖藤氏なども参加

改正介護保険法、社会保障制度などをテーマに、東京都内で連続勉強会としてハスカップ・セミナーを開催している市民福祉情報オフィス・ハスカップは、介護保険改正の課題を共有する集会を、3月15日(水)に参議院議員会館にて開催することを発表した。

予定されている発言者には、ノンフィクション作家の沖藤 典子氏、弁護士で介護労働ホットライン実行委員会共同代表の大江 京子氏、NPO法人暮らしネット・えん代表理事の小島 美里氏となっている。

資料代は1,000円で、市民福祉情報オフィス・ハスカップの告知ページにある申し込みフォームから参加申請を行うことになる。

課題を共有することの意義

介護保険法改正案は2月7日に通常国会に提出され、政府の目指す「地域包括ケアシステムの深化・推進」を具体化するための礎として、ケアマネジャーに関連する仕組みなどの基準が見直されようとしている。

集会では介護保険がこれから向かう道筋への課題を、国会集会で共有することで、今後の社会福祉システム構築へのステップとするため、多方面の有識者へ参加を呼びかけている。

介護保険制度全体の見直しは2018年から本格的に行われることになり、更なる改正が進むことへの問題意識の共有しておくことは、安定した制度構築の上で重要となるだろう。

(画像は市民福祉情報オフィス・ハスカップHPより)

▼外部リンク

国会集会「介護保険法改正案 なにが問題なのか?
http://haskap.net/2017/03/20170315.html

関連記事

no image

職場におけるメンタルヘルス「ストレスチェック制度」を厚生労働省が公表

50人以上の従業員がいる場合は必須 平成26年6月25日に公布された「労働安全衛生法」が一部改正されて、労働者が50 人以上いる事業所では、ストレスチェックと面接指導の実施が2015年12月1日から施 …

no image

有識者ら「保健医療2035提言書」を厚生労働相に手渡す

2035年をターゲットにビジョン検討 厚生労働省は、少子高齢化、医療技術の進歩など環境が大きく変化する中で、2035年を見据えた保健医療政策のビジョンとその道筋を示すため、2015年2月から6月の間に …

no image

アミューズメント型デイサービスに規制の危機

デイサービスの規制は全国初 神戸市は、アミューズメント型デイサービスについて一定の規制を設ける事を検討しはじめた。 アミューズメント型デイサービスとは 近年では、デイサービスは多様なサービスを標榜し、 …

no image

「経済財政運営と改革の基本方針2015」

6月30日(火)閣議決定 内閣府では、6月30日に閣議決定された「経済財政運営と改革の基本方針2015 ~経済再生なくして財政健全化なし~」をホームページで公開中。今後の経済財政運営に関する指針だ。 …

no image

政府 社会保障改革での基本姿勢を発表

一体改革の中、社会保障分野にもメス 政府が30日に発表した「経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)」では、「軽度者」と認定される要介護者への給付金縮小についての他、「経済・財政一体改革」の考え方に …