介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護保険法改正案の問題を考える 国会集会を開催

投稿日:2017年3月12日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

ノンフィクション作家の沖藤氏なども参加

改正介護保険法、社会保障制度などをテーマに、東京都内で連続勉強会としてハスカップ・セミナーを開催している市民福祉情報オフィス・ハスカップは、介護保険改正の課題を共有する集会を、3月15日(水)に参議院議員会館にて開催することを発表した。

予定されている発言者には、ノンフィクション作家の沖藤 典子氏、弁護士で介護労働ホットライン実行委員会共同代表の大江 京子氏、NPO法人暮らしネット・えん代表理事の小島 美里氏となっている。

資料代は1,000円で、市民福祉情報オフィス・ハスカップの告知ページにある申し込みフォームから参加申請を行うことになる。

課題を共有することの意義

介護保険法改正案は2月7日に通常国会に提出され、政府の目指す「地域包括ケアシステムの深化・推進」を具体化するための礎として、ケアマネジャーに関連する仕組みなどの基準が見直されようとしている。

集会では介護保険がこれから向かう道筋への課題を、国会集会で共有することで、今後の社会福祉システム構築へのステップとするため、多方面の有識者へ参加を呼びかけている。

介護保険制度全体の見直しは2018年から本格的に行われることになり、更なる改正が進むことへの問題意識の共有しておくことは、安定した制度構築の上で重要となるだろう。

(画像は市民福祉情報オフィス・ハスカップHPより)

▼外部リンク

国会集会「介護保険法改正案 なにが問題なのか?
http://haskap.net/2017/03/20170315.html

関連記事

no image

ケアマネジメント改善のためのモデル事業 来年度から開始へ

新しいケア事業モデル構築への動き 厚生労働省は26日、介護保険部会などにおいて様々な課題が指摘されているケアマネジメントの質を改善していくための新事業の準備費用として、来年度予算の見積もりに3億円を計 …

no image

厚労省 ケアプランを有料化の方向で検討か

全ての介護保険利用者が対象 一部メディアの報じたところによると、円滑な介護サービスを受けられるようにケアマネジャーと利用者が相談して決定される「ケアプラン」を、厚生労働省が実質有料化する方向性で検討し …

no image

厚生労働省発表「百歳高齢者表彰の対象者は30,379人」

百歳の高齢者へ祝い状と記念品を贈呈 「老人の日」記念行事として百歳を迎える高齢者に内閣総理大臣からの祝い状と記念品(銀杯)が贈呈される。この贈呈は昭和38年より百歳以上の高齢者に行っている。 表彰は高 …

no image

厚労省検討の福祉資格統一に現場の77%が反対

保育に携わる層から見た“介護分野”との統合 介護職・ヘルパー専門の転職支援サービスを展開する株式会社ウェルクスは、少子化の波を受けて現在厚生労働省が検討している「福祉資格統一」に関する意識調査を行い、 …

no image

厚労省 介護労働安定センターの運営に関わる検討会を開催

交付金依存率は縮小の方向へ 厚生労働省が先月31日に開いた「介護労働安定センターの組織及び運営に関する検討会」においては、「交付金依存体質の改善」「介護労働安定センターの活動状況」「新介護雇用管理改善 …