介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

鳥取県で2つの事業所が指定取消し決定

投稿日:2017年3月11日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

不正請求額は890万円を超える

鳥取県は、鳥取市内の「特定非営利活動法人悠ゆうの郷」ととっとり福祉サービス有限会社が運営する「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」について指定を取り消しにすると発表した。

不正請求額は、2つの事業所合わせて890万円を超える。

不正内容について

「悠ゆうの郷」は、平成18年4月に指定を受けた通所介護及び介護予防通所介護だ。同事業所は、平成24年1月から平成28年2月の間、勤務実態のない看護師を配置した虚偽のシフト表を作成し勤務しているかのように偽装し、看護師人員欠如減算をせずに請求をおこなった。

他にも、サービスを中断した7名の利用者がいたが通算した利用時間を請求、利用者1名に対しては、利用が2時間未満でありながら2時間以上の単価で請求していた。

「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」では、平成11年11月に訪問介護及び介護予防訪問介護の指定を受けた。同事業所では、2015年3月から10月にかけて、利用者8人に対しサービス提供したように装った活動記録を作成し請求、

また、利用者8人に対し事実と異なるサービス提供時間、訪問介護員で活動記録を作成し、請求していた。

処分について

不正請求額は、「悠ゆうの郷」744万3,850円、「とっとり福祉サービス指定訪問介護事業所」151万4,040円となる。

指定の取り消しは、両事業所共に平成29年3月21日となり、不正請求額については、今後、保険者が返還額を決定し返還を求めることとなる。

(画像は鳥取県ホームページより)

▼外部リンク

鳥取県報道発表
http://db.pref.tottori.jp/

鳥取県ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/

関連記事

no image

柔軟なサービス提供を‐大雨被害の2県に厚労省が事務連絡

大雨被災の2件に事務連絡 災害救助法が適用された市町村の要介護高齢者などへの対応について、厚生労働省は、9月10日に茨城県へ、9月11日に栃木県へ事務連絡を行った。 災害救助法が適用されたのは 茨城県 …

no image

厚生労働省、介護保険の費用負担変更に伴い、介護支援専門員へ協力要請

介護保険最新情報 厚生労働省は、6月22日発表の「介護保険最新情報 Vol.485」にて、「介護保険制度の費用負担の見直しに関する協力」を介護支援専門員へ依頼している。 負担限度額見直し 平成27年度 …

no image

介護保険部会において介護保険サービスの負担割合が議論される

増え続ける介護費用 介護サービスの利用者負担に関する社会保障審議会の「介護保険部会」では、利用者負担割合や高額介護サービス費に関する課題が俎上にあがった。 従来の利用者負担は制度創設以来1割を保ってき …

no image

厚生労働省 2014年の労働災害発生状況を発表

件数、発生率とも増加 厚生労働省は、2015年5月27日に、2014年の「第三次産業における労働災害発生状況の概要」を発表した。その中で、小売業、飲食店、新聞販売業と併せて、「社会福祉施設における労働 …

no image

「お互いに助け合っている」 70歳以上が微減

栄養バランスなどが重点項目 厚生労働省は14日、平成27年「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。 平成27年調査は、栄養バランスのとれた食事、運動ができる場所、適正な休養の確保、受動喫煙の防止など、 …