介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護保険の事業計画について基本方針の「骨子」を提示 厚労省

投稿日:2017年3月4日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

今後のスケジュールも

27日に開催された厚生労働省による社会保障審議会・介護保険部会においては、自治体が計画を策定するための参考としての活用が期待される「基本指針」の骨子が提示された。

同会議で示された「基本指針」では、現状と課題として「第7期の基本指針の位置付け」が示された。

都道府県及び市町村が基本指針に即して、3年を一期とする都道府県介護保険事業支援計画及び市町村介護保険事業計画を定めることが明記されており、2025年までの各計画期間を通じて段階的な地域包括ケアシステムの構築が予定されている。

基本指針の改正にかかる今後のスケジュールとしては、6月までかけて国会での法案審議が続き、7月からは各都道府県・市町村単位でサービス見込み量・保険料の検討が年末まで行われ、来年1月以降に条例改正などが行われることになる。

「地域共生社会」を追求

同会議では自立支援・介護予防の推進や地域ケア会議の運用、人材の確保、虐待の防止などについてが重要視され、データを用いた詳細な課題分析や、「地域共生社会」の理念も追求されていく方針だ。

介護保険の計画には市町村の「事業計画」と都道府県の「事業支援計画」という大きく2種類が存在し、ニーズを踏まえたサービスの見込み量や施設の定員総数などが勘案されていく方向だ。

(画像は厚生労働省HPより)

▼外部リンク

第71回社会保障審議会介護保険部会資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000153161.html

関連記事

no image

「日本の高齢者のすがた」を総務省が発表

高齢者の割合は27.3% 総務省は18日、統計からみた日本の高齢者のすがたについて取りまとめ、その結果を発表した。 高齢者人口は3,461万人で、総人口に占める割合は27.3%となり過去最高となったほ …

no image

2035年に向けて、保健医療に関する提言書

厚生労働省 厚生労働省では、2035年に向けた保健医療に関する提言書「保健医療2035提言書」を発表した。これは、「20年後、子どもからお年寄りまで、さらに患者や住民、医療従事者など、全ての人が安心し …

no image

厚労省 介護労働安定センターの運営に関わる検討会を開催

交付金依存率は縮小の方向へ 厚生労働省が先月31日に開いた「介護労働安定センターの組織及び運営に関する検討会」においては、「交付金依存体質の改善」「介護労働安定センターの活動状況」「新介護雇用管理改善 …

no image

認知症が原因の行方不明者10,783人

認知症で行方不明に 警察庁は平成26年度の行方不明者の状況を発表した。それによると、認知症が原因で行方不明となった人が平成26年度だけで10,783名いたことがわかった。 行方不明者届の受理総数は81 …

no image

国交省が街のバリアフリー情報を広く公開、歩きやすさ向上へ

歩きやすい安全で安心な街にするために 国土交通省が3月11日に3回目のICT(情報通信技術)を活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会を開催した。同検討会は、平成26年6月25日に設立し、第2回委員 …