介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

人材サービスのアクセスHR、外国人介護福祉士候補生の紹介事業を開始

投稿日:2017年2月15日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

介護業界における人手不足解決の救世主

総合人材サービスを展開するアクセスHR株式会社は、2月13日、介護福祉士資格の取得を目指す外国人介護福祉士候補生の紹介事業を開始すると発表した。

この事業開始は、2017年内に外国人の在留資格(ビザ)へ「介護」が追加されることに対応したもの。介護業界における人手不足解決の救世主になると、同社はしている。

在留ビザへの「介護」追加が決定

介護業界は慢性的な人手不足状態が続いており、2025年までに38万人の介護人材が不足するとされている。そんな中、2016年11月の国会において、就労ビザにあたる在留ビザへの「介護」追加が決定。この追加は2017年内に行われ、日本で介護福祉士資格を取得した外国人には在留ビザが付与されることとなった。

この決定を受けてアクセスHRは、日本語学校および介護専門学校など介護福祉士養成校に留学している介護留学生を、アルバイトとして各種介護施設や介護事務所に対し紹介する。紹介された留学生は、介護福祉士資格取得後も、勤務先の各種介護施設や介護事務所にて引き続き介護福祉士として働き続けることが可能だという。

母国で介護または福祉を学んだ人材に限定

同事業においてアクセスHRが紹介するのは、全員が母国で介護または福祉を学んだ人材に限定される。また、日本語学校への留学前に、現地にて約8ヵ月間の日本語研修を実施。アルバイト開始時点で基礎的な日本語能力を持ち合わせているため、導入も容易としている。

他にも、応募者は求人数の約3倍であるなど、同事業には多くの利点があると、同社はしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アクセスHR株式会社
http://access-hr.jp/

いよいよ外国人介護人材が本格解禁 介護ビザ取得を目指す外国人介護福祉士候補生をご紹介 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000024088.html

関連記事

no image

三重県で「若年性認知症支援者研修会」を開催

適切な介護サービスを進めるための基本を学ぶ 三重県では、若年性認知症を支援者に関わっている人を対象とした研修会を三重県内2箇所で開催を予定している。 同研修会は、若年性認知症についての基本知識や事例検 …

no image

「若年性認知症」セミナーを開催(かながわ福祉サービス振興会)

専門職だから知って欲しい かながわ福祉サービス振興会の主催により「介護職が知らなくてはいけないことがあります(若年性認知症について)」と題して、若年性認知症セミナーが開始される。 一般に理解されつつあ …

no image

新たにからだの中からできるケア「腸内ケアセミナー」を開催

腸のケアで生活の質を向上できる バリアフリー2015会場内で、「腸内ケアセミナー」を開催する。主催は、排泄介護用品を40年以上にわたって提案してきた「アロン化成」。 開催日時は、2015年4月16日( …

no image

「第6回高齢者集合住宅研究大会」参加者募集中

自宅に近い生活を実現するために 一般財団法人サービス付き高齢者向け住宅協会の主催、後援が国土交通省、厚生労働省による「第6回高齢者集合住宅研究大会」が開催される。 開催日時は、2015年5月20日(水 …

no image

“介護レクリエーション”に新たな提案 スマイル・プラス

「超高齢化社会」へ、レクリエーションの重要性 「“人を支える人”を支える」を企業理念とし、介護現場を通して高齢者のQOL向上への取り組みを続けるスマイル・プラス株式会社は、早いスピードで進行する高齢化 …