介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

人材サービスのアクセスHR、外国人介護福祉士候補生の紹介事業を開始

投稿日:2017年2月15日 更新日: 【カテゴリー:介護業界

介護業界における人手不足解決の救世主

総合人材サービスを展開するアクセスHR株式会社は、2月13日、介護福祉士資格の取得を目指す外国人介護福祉士候補生の紹介事業を開始すると発表した。

この事業開始は、2017年内に外国人の在留資格(ビザ)へ「介護」が追加されることに対応したもの。介護業界における人手不足解決の救世主になると、同社はしている。

在留ビザへの「介護」追加が決定

介護業界は慢性的な人手不足状態が続いており、2025年までに38万人の介護人材が不足するとされている。そんな中、2016年11月の国会において、就労ビザにあたる在留ビザへの「介護」追加が決定。この追加は2017年内に行われ、日本で介護福祉士資格を取得した外国人には在留ビザが付与されることとなった。

この決定を受けてアクセスHRは、日本語学校および介護専門学校など介護福祉士養成校に留学している介護留学生を、アルバイトとして各種介護施設や介護事務所に対し紹介する。紹介された留学生は、介護福祉士資格取得後も、勤務先の各種介護施設や介護事務所にて引き続き介護福祉士として働き続けることが可能だという。

母国で介護または福祉を学んだ人材に限定

同事業においてアクセスHRが紹介するのは、全員が母国で介護または福祉を学んだ人材に限定される。また、日本語学校への留学前に、現地にて約8ヵ月間の日本語研修を実施。アルバイト開始時点で基礎的な日本語能力を持ち合わせているため、導入も容易としている。

他にも、応募者は求人数の約3倍であるなど、同事業には多くの利点があると、同社はしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

アクセスHR株式会社
http://access-hr.jp/

いよいよ外国人介護人材が本格解禁 介護ビザ取得を目指す外国人介護福祉士候補生をご紹介 – PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000024088.html

関連記事

no image

経営会議ドットコム、介護報酬・診療報酬ダブル改定対策セミナーを開催

介護報酬・診療報酬の制度改定に向けて 経営会議ドットコムは、8月3日と8月5日、介護報酬・診療報酬ダブル改定対策セミナーを開催した。 同セミナーは、2018年に迫る介護報酬・診療報酬の制度改定に向けて …

no image

『未来をつくる認知症ケア』を開催

認知症について考える 株式会社ウェルクスが運営するWebマガジン「認知症ONLINE」と介護に関わる人が会話する場所を提供するNPO法人「未来をつくるkaigoカフェ」が共同してイベント『未来をつくる …

no image

車椅子をデザインで選ぶ!国内初の「ジーンズ生地」を使用した車椅子が登場!

デニム生地を使用! 株式会社ザラボでは、ジーンズ生地を使用した車椅子「JEANS BY M LAB-1」の予約販売を開始した。 2016年4月21日(木)よりウェブサイト「ライフラボ楽天市場店 介護館 …

no image

訪問介護サービスの統括者に対する業務の研修会

日常業務の棚卸しする機会 福岡シティ福祉サービスの主催により訪問介護サービスの統括者に対する業務の研修会が開催される。訪問介護サービスをおこなう場合、統括責任者の果たす役割は重要となる。しかし、ルール …

no image

トイレへの立ち座りやアプローチをサポートする新「トイレリフト」を発売

要介護者と介助者の負担を軽減 TOTO株式会社は、トイレの立ち座りをサポートする「トイレリフト」に新機能を搭載して、2015年4月1日(水)に発売する。 排泄する行為は介護される人にとっては尊厳に関わ …