介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ケアマネ1212名に訊くアンケート調査「介護保険利用者の自己負担増」

投稿日:2017年2月9日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

施設利用者にどのような影響が出ているか

株式会社インターネットインフィニティーは、「介護保険利用者の自己負担増」についてアンケート調査を実施し、その結果を2月6日に発表した。

2015年度の介護保険改正では、介護保険サービスの利用者負担の一部見直しが行われた。同調査は、この改正により介護施設利用者にどのような影響が出ているかを調べたもの。ケアマネジャー1212名を対象として実施されている。

今後の不安を感じさせる結果

調査ではまず、「負担が増えた利用者では、どのような影響が出ていますか?」と質問している。回答で最多だったのは、「目立った影響はない」であり、全体の39.8%を占めた。しかし、23.5%の「訪問介護やデイサービスなどを減らし、介護者の負担が増えた」、15.3%の「デイサービスを減らし、閉じこもり気味になるなど活動が低下した」という声も上がっている。

「補足給付の厳格化で特養の入居を見合わせた・または退去を考えている」と回答した人は、全体の6.4%に留まっている。しかし、30.3%が「日々の生活や心理面で余裕がなくなり、支援においてより配慮が必要になった」と回答。今後の不安を感じさせる結果であると、同社は考察している。

「負担が増えた人はいない」と回答した人、ゼロ

調査では、介護保険の負担が大きくなった利用者の要介護度についても訊ねている。結果は、「要介護2」が35.1%、「要介護3」が33.1%、 「要介護1」が30.5%、「要介護4」が22.9%、「要支援1・2」が22.4%、「要介護5」が17.7%だった。「担当する利用者に負担が増えた人はいない」と回答した人は、いなかったという。

調査の詳細は、プレスリリースで。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

「介護保険利用者の自己負担増」に対するケアマネジャーの意識調査結果 – 株式会社インターネットインフィニティー
http://iif.jp/common/img/IIFRelease170206.pdf

関連記事

no image

介護プロフェッショナルキャリア段位制度「新たなレベル認定者の誕生」

介護プロフェッショナルキャリア段位制度とは 平成24年度から内閣府において実施されていた実践キャリア・アップ戦略キャリア段位制度実施事業が平成26年度をもって廃止となった。 新たに平成27年度からは、 …

no image

厚生労働省「介護職員の確保戦略」が決定

今後の対策をまとめた報告書が正式に決定 社会保障審議会福祉部会では、団塊の世代が全て75歳以上となる2025年に向け、「地域包括ケアシステム」の構築のための検討をおこない報告書をまとめた。 報告書には …

no image

小規模デイの参入規制に冠する意見書を提出 社保審・介護保険部会

今後の介護保険制度の形 9日に開かれた「社保審・介護保険部会」では、介護保険制度の見直しに関し、地域包括ケアシステムの深化・推進や医療・介護の連携の推進に伴うサービス内容の見直しや介護人材の確保策につ …

no image

厚労省 ケアプランを有料化の方向で検討か

全ての介護保険利用者が対象 一部メディアの報じたところによると、円滑な介護サービスを受けられるようにケアマネジャーと利用者が相談して決定される「ケアプラン」を、厚生労働省が実質有料化する方向性で検討し …

no image

「避難準備」で高齢者等の避難を開始 内閣府が新名称

「避難準備・高齢者等避難開始」 内閣府は平成28年12月26日、避難準備情報等に関する新たな名称と伝え方のイメージについて公表を行った。 今後、「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」に、「避 …