介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「共生型サービス」のカタチ 厚労省が方針を表明

投稿日:2017年1月31日 更新日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

環境整備に向けて前進

19日~20日にかけて開かれた厚生労働省の「平成28年度全国厚生労働関係部局長会議」では、介護保険サービスと障害福祉サービスのどちらかで指定を受けている事業所なら、もう片方を提供する許可が得やすくなるルールを具現化する方針が固められた。

これは2018年度に創設する「共生型サービス」に関するもので、訪問、通所、ショートステイの全てを対象とすることで、介護や障がい、子育て、生活困窮といった既存の分野の垣根を越えて「地域共生社会」の構築に邁進できる環境を整える狙いがある。

『地域力』の向上が肝

会議で登壇した坂口 卓審議官は、「『地域力』の強化へ向けて様々な問題が複層的に関わっているケースに対応できるようにする必要がある」と述べ、介護福祉分野で人材不足が深刻化する中、限られた人材を効率的に活用する道を探っていきたいとの思惑を見せた。

新たな「共生型サービス」は、高齢者と障がい者の生活の支援をひとつの拠点で展開していくことを主眼とし、次の介護報酬改定までに詳細な運営基準や報酬を詰めていく予定だという。

ただし現状でも「共生型サービス」は実践できないわけではなく、市町村の裁量内で障害福祉サービスの給付を行うことは可能という位置づけだ。

(画像は厚生労働省HPより)

▼外部リンク

平成28年度全国厚生労働関係部局長会議
http://www.mhlw.go.jp/topics/2017/01/tp0117-1.html

関連記事

no image

あべのハルカスにて「糖尿病の弊害」に関する特別講座

ハルカス大学1周年記念大学祭特別講演 大阪市立大学医学部附属病院では、特別講演を開催する。 「MedCity21医学講座『糖尿病の何が悪い?』」日時:4月18日(土)17:30~19:00場所:あべの …

no image

かんたん&実用的な“お薬手帳アプリ”【くすりれき】

これなら忘れない!【くすりれき】 医療・介護の周辺サービスを提供しているスマートケア株式会社は、お薬手帳の手順煩雑さを大幅カットしたお手軽アプリサービス【くすりれき】を、先月31日から配信している。 …

no image

マイナンバーにかまけた不審電話が増加中 来訪されるケースも

さまざまな形で接触を試みるケースが多発 国民生活センターが15日に発表したところによると、一般家庭に「口座番号を教えてほしい」「個人情報を調査する」といった口述で不審な電話がかけられる事例が相次いでい …

no image

ドコモがタブレットでお年寄りの見守りサービス開始

通信大手のドコモが見守りサービスを提供 株式会社NTTドコモは、全国の企業や地方自治体向けの、お年寄り見守りシステムを6月1日よりスタートさせる。 健康管理から災害情報まで タブレットと内蔵されたアプ …

no image

明治大学、1型糖尿病の新たな治療方法研究で助成金受け入れ

「バイオ人工膵島移植プロジェクト」に基づき 明治大学は、11月30日、認定特定非営利活動法人日本IDDMネットワークより受ける研究助成金の贈呈式を開催する。 日本IDDMネットワークは、1型糖尿病の患 …