介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

不正請求と虚偽の報告 7回の監査の末に指定取り消し

投稿日:2017年1月8日 更新日: 【カテゴリー:事件・事故

通所介護で約827万円の不正

北九州市は12月28日、介護サービス事業所に対する指定取り消しの行政処分を実施した。

行政処分を受けたのは、北九州市八幡西区の有限会社ハートフル商事。処分対象の事業所は、「ハートフルデイサービスセンター」(通所介護)、「ハートフル介護サービス」(訪問介護)、「ケアプランセンターハートフル北九州」(居宅介護支援)となる。

指定取り消しの理由は、不正請求と虚偽の報告・答弁など。

看護職員1名が未配置にも関わらず介護報酬を減算せずに介護報酬の請求を行っていたほか、提供していない訪問介護サービスのサービス提供記録を作成し介護報酬の請求を行っていた。

不正請求額は、加算金を含めて通所介護で約827万円、訪問介護で約12万円となる。

7回の監査、4回の事情聴取

北九州市は2016年7月に実地指導を実施し、9月から11月にかけて7回の監査、4回の事情聴取を行ったが、帳簿書類の提出・提示等において虚偽の報告をしたり、虚偽の答弁をしたりすることが確認されたため、弁明の機会として12月14日に聴聞を開催したうえで、22日に指定の取り消しを通知した。

現在25名が該当の事業所を利用しているため、利用者が引き続き適切にサービスを受けることができるように、北九州市も利用者からの相談を直接受け付けるようにするなどして援助していく。

(画像は北九州市のホームページより)

▼外部リンク

北九州市 介護サービス事業所に対する行政処分(指定取消し)について
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/ho-huku/16800241.html

関連記事

no image

大阪市「有限会社ハロー」不正受給で訪介事業所3ヵ月停止

監査を実施へ発覚 大阪市福祉局高齢者施策部介護保険課は、平成27年10月31日付けで、市内の有限会社ハローが運営する訪問介護事業所「ハロー」に対して監査を実施したところ、介護給付費の不正請求を行い受領 …

no image

愛知・認知症男性事故の最高裁判断 家族の会が会見

事故の責任を負うべきは誰か 2007年に愛知県大府市で、認知症を患っていた男性が徘徊中に電車に接触し死亡した事故で、JR東海が「電車に遅れが生じた」などとして男性の遺族を訴えていた裁判で、最高裁第三小 …

no image

居眠り運転で施設職員逮捕(富山市)

ワゴン車が車庫に衝突 7月4日の午後、富山市の国道で介護福祉施設「のりみね苑デイサービスセンター」のワゴン車が対向車線にはみだして道路脇の車庫に衝突し、車に乗っていたいずれも94歳の男性2人が死亡、7 …

no image

新潟の医療センターで看護師が患者に暴力

殴られた男性は全治7日間 新潟県が発表している報道資料によると、今年8月24日(月) 午前7時40分頃、新潟県長岡市にある新潟県立精神医療センターにおいて、同施設に入院していた30代男性が、施設に勤務 …

no image

厚生労働省「在宅酸素療法」の取扱いに注意喚起

使用する患者やその家族は注意が必要 厚生労働省は、在宅酸素療法における火気の取り扱いについて、注意喚起を行っている。平成15年12月から平成28年4月の期間、酸素吸入中の喫煙などが原因で発生した事故は …