介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

訪問介護員が高齢者を虐待 東大阪市が指定を取り消し

投稿日:2017年1月8日 更新日: 【カテゴリー:事件・事故

人格尊重義務違反

東大阪市は平成28年12月28日、指定介護保険事業者の指定の取り消しを行ったことをホームページで公表した。

処分を受けたのは、東大阪市の株式会社フロイデンが運営する「介護サービスフロイデン」。平成23年に訪問介護と介護予防訪問介護の指定を受けている。

指定の取り消しの理由は、運営基準違反、人格尊重義務違反、不正請求、介護保険法違反。命令は平成28年12月21日付で、指定の取り消し日は平成29年2月1日となる。

サービス提供責任者とその指示を受けた訪問介護員が、要介護認定を受けた複数の利用者に対して、身体的虐待、心理的虐待に該当する行為をしていた。指示はサービス提供責任者と非常勤訪問介護員兼有料老人ホームの施設長が決定していた。

訪問介護員が訪問介護計画書を作成

管理者は監査を開始するまで高齢者虐待の事実を把握しておらず、このほか、実際にはサービス提供責任者として届け出のない訪問介護員養成研修2級課程修了者が、訪問介護計画書の作成などのサービス提供責任者に関する業務を行っていた。

不正に請求して受領していた介護給付費は東大阪市だけで約1,912,000円。加算額を含めた返還額は約2,677,000円となる。その他、東大阪市以外の6市で約398,000円の不正請求が確認されている。

(画像は東大阪市のホームページより)

▼外部リンク

東大阪市 指導監査室 居宅事業者課
http://www.city.higashiosaka.lg.jp/

関連記事

no image

介護支援専門員の業務を行わずに不正請求 熊本の事業者

居宅介護支援事業所の指定を取り消し 熊本県は8月31日、不正請求と虚偽報告の事実が判明したとして、介護保険法に基づく事業者の指定取り消し処分を行ったことを発表した。指定取り消し日は9月30日。 行政処 …

no image

株式会社コメリ『シャワーベンチ』自主回収

シャワーベンチ3種 株式会社コメリは、輸入した入浴用椅子3種について、3月9日(月)リコールを発表した。製品を使用中、脚部の高さ調節部分の破損により転倒事故が発生した事故があったため。コメリでは「商品 …

no image

佐賀県で2事業者が処分 虚偽報告と不正請求で

実態と異なる勤務表を報告 佐賀県は18日、介護保険法に基づいて、事業者の指定の取り消し処分と、指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定の取り消し処分を受けたのは、唐津市の株式会社クリエイトが …

no image

【東大阪市】虐待があった業者を訪問介護事業所の指定を取り消すと発表

人格尊重義務違反などにより指定取り消し 東大阪市は、利用者への虐待があったことなどを理由に3月31日付けで、株式会社 Loutsが運営するケアサポートロータスについて、人格尊重義務違反、虚偽の報告があ …

no image

虚偽の更新で指定取り消し 沼津の事業所

監査で不正事実が発覚 静岡県は21日、介護保険法に基づく事業者の指定取り消しを行ったことを発表した。 処分を受けたのは、沼津市高沢町の株式会社アトムが運営する「アトムケアサービス」。「アトムケアサービ …