介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

訪問介護員が高齢者を虐待 東大阪市が指定を取り消し

投稿日:2017年1月8日 更新日: 【カテゴリー:事件・事故

人格尊重義務違反

東大阪市は平成28年12月28日、指定介護保険事業者の指定の取り消しを行ったことをホームページで公表した。

処分を受けたのは、東大阪市の株式会社フロイデンが運営する「介護サービスフロイデン」。平成23年に訪問介護と介護予防訪問介護の指定を受けている。

指定の取り消しの理由は、運営基準違反、人格尊重義務違反、不正請求、介護保険法違反。命令は平成28年12月21日付で、指定の取り消し日は平成29年2月1日となる。

サービス提供責任者とその指示を受けた訪問介護員が、要介護認定を受けた複数の利用者に対して、身体的虐待、心理的虐待に該当する行為をしていた。指示はサービス提供責任者と非常勤訪問介護員兼有料老人ホームの施設長が決定していた。

訪問介護員が訪問介護計画書を作成

管理者は監査を開始するまで高齢者虐待の事実を把握しておらず、このほか、実際にはサービス提供責任者として届け出のない訪問介護員養成研修2級課程修了者が、訪問介護計画書の作成などのサービス提供責任者に関する業務を行っていた。

不正に請求して受領していた介護給付費は東大阪市だけで約1,912,000円。加算額を含めた返還額は約2,677,000円となる。その他、東大阪市以外の6市で約398,000円の不正請求が確認されている。

(画像は東大阪市のホームページより)

▼外部リンク

東大阪市 指導監査室 居宅事業者課
http://www.city.higashiosaka.lg.jp/

関連記事

no image

紛失していた「ひとり暮らし高齢者基礎調査」を発見(船橋市)

6月18日に個人情報の紛失を発表 船橋市は、ひとり暮らしの高齢者の実態把握、災害時の支援などのために、毎年1回民生委員児童委員に依頼し「ひとり暮らし高齢者基礎調査」をおこなっていた。 市介護高齢課によ …

no image

厚生労働省「在宅酸素療法」の取扱いに注意喚起

使用する患者やその家族は注意が必要 厚生労働省は、在宅酸素療法における火気の取り扱いについて、注意喚起を行っている。平成15年12月から平成28年4月の期間、酸素吸入中の喫煙などが原因で発生した事故は …

no image

熱中症、前年同時期を上回る 消防庁

速報値で、前年を上回る 消防庁は20日、平成28年5月の熱中症による救急搬送人数について、確定値を公表した。 消防庁では熱中症による救急搬送人数についての速報値も毎週公表しており、4月27日から6月2 …

no image

指定居宅介護サービス計画費の不正請求で指定を取り消し

青森県の指定居宅介護支援事業者 青森県は30日、介護保険法に基づく介護保険事業者の指定取り消しを行ったと発表した。 指定の取り消しを受けたのは、三戸郡南部町にある三老居宅介護支援センター。社会福祉法人 …

no image

京都の老人ホームで52人食中毒が発生

ノロウイルスが発見される 京都市保健所は17日、西京区の有料老人ホームで、入居者や職員など23~99歳の男女がおう吐や下痢などの症状があったことを発表した。 発表によると6月13日(土)午前11頃、高 …