介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

訪問介護員が高齢者を虐待 東大阪市が指定を取り消し

投稿日:2017年1月8日 更新日: 【カテゴリー:事件・事故

人格尊重義務違反

東大阪市は平成28年12月28日、指定介護保険事業者の指定の取り消しを行ったことをホームページで公表した。

処分を受けたのは、東大阪市の株式会社フロイデンが運営する「介護サービスフロイデン」。平成23年に訪問介護と介護予防訪問介護の指定を受けている。

指定の取り消しの理由は、運営基準違反、人格尊重義務違反、不正請求、介護保険法違反。命令は平成28年12月21日付で、指定の取り消し日は平成29年2月1日となる。

サービス提供責任者とその指示を受けた訪問介護員が、要介護認定を受けた複数の利用者に対して、身体的虐待、心理的虐待に該当する行為をしていた。指示はサービス提供責任者と非常勤訪問介護員兼有料老人ホームの施設長が決定していた。

訪問介護員が訪問介護計画書を作成

管理者は監査を開始するまで高齢者虐待の事実を把握しておらず、このほか、実際にはサービス提供責任者として届け出のない訪問介護員養成研修2級課程修了者が、訪問介護計画書の作成などのサービス提供責任者に関する業務を行っていた。

不正に請求して受領していた介護給付費は東大阪市だけで約1,912,000円。加算額を含めた返還額は約2,677,000円となる。その他、東大阪市以外の6市で約398,000円の不正請求が確認されている。

(画像は東大阪市のホームページより)

▼外部リンク

東大阪市 指導監査室 居宅事業者課
http://www.city.higashiosaka.lg.jp/

関連記事

no image

長崎県で死亡事故。デイサービス送迎車と大型トラックが出会い頭に

出会い頭の交通事故。死者1名負傷者3名 7月15日朝8時半頃、長崎県東彼杵町で4人の死傷者を含む交通事故が発生した。警察が発表したところによると、事故は東彼杵町彼杵宿郷の信号のない交差点で車が出会い頭 …

no image

訪問介護事業者不正請求で行政処分‐群馬県

群馬県で指定取り消し 群馬県は株式会社ケアフルが運営する訪問介護事業所「ホームヘルプ・くすの木」および居宅介護支援事業所「ケア・くすの木」の指定を取り消し、関与した介護支援専門員一人を登録の消除とする …

no image

第57回作業療法全国研修会について

11月に山口県で開始予定 日本作業療法士協会主催、山口県作業療法士会の運営協力により、第57回作業療法全国研修会が、11月に山口県で開催される。テーマは、「作業は人を健康にする?地域へとつむぐ役割?」 …

no image

大阪府「介護付き有料老人ホーム」を処分

違反行為により指定一部停止 大阪府は介護保険法の規定により、株式会社エス・エッチ・エーが運営する介護付き有料老人ホーム「グランパ羽曳野」に対して、指定の一部効力を停止すると2016年8月26日に発表し …

no image

指定居宅介護サービス計画費の不正請求で指定を取り消し

青森県の指定居宅介護支援事業者 青森県は30日、介護保険法に基づく介護保険事業者の指定取り消しを行ったと発表した。 指定の取り消しを受けたのは、三戸郡南部町にある三老居宅介護支援センター。社会福祉法人 …