介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

署名や印影をカラーコピーで偽造 神戸市で指定取り消し

投稿日:2016年12月14日 更新日: 【カテゴリー:事件・事故

居宅介護サービス計画費の不正請求

神戸市は8日、介護保険法に基づく指定居宅介護支援事業者の指定取り消し処分を行ったことを発表した。

処分を受けたのは、明石市の「一般社団法人らくちん」が運営する「ゆうき介護ケアプランセンター」。平成27年8月1日に指定を受け、神戸市東灘区で居宅介護支援事業を行っている。

処分の理由は居宅介護サービス計画費の不正請求。介護保険法第84条第1項第6号に該当する。

署名や印影を偽造

居宅サービス計画書について、利用者の署名や印影をカラーコピーして貼り付けるなどの方法で偽造し、3人の居宅介護サービス計画費を不正に請求して受領していた。処分日は12月8日となる。

神戸市はこれまで、介護保険法に基づく監査を実施し、不正事実の確認のための書類精査や、管理者および法人代表から事情聴取を行ってきた。11月30日には、行政手続法に基づく聴聞を事業者に対して実施している。

神戸市は、不正に請求して受領した居宅介護サービス計画費に、介護保険法に規定されている加算金を加えた約25万円の返還を求めるほか、適正なサービスを提供したことが確認できない約96万円の居宅介護サービス計画費についても返還を求めることにしている。

(画像は神戸市のホームページより)

▼外部リンク

神戸市 記者発表資料
http://www.city.kobe.lg.jp/

関連記事

no image

横須賀市の事業所を指定取り消し

2事業所を指定取り消し 横須賀市は20日、株式会社まいんずが運営する4事業所に対して、介護保険法の規定に基づいた処分を決定したことを発表した。 「指定の取り消し処分」となったのは、指定訪問介護事業所「 …

no image

若狭町の食中毒 終息宣言

496人が発症、対策費用などに4,500万円 若狭町は13日、5月21日から発生していた給食センターの食中毒が終息したと発表した。 5月末以降は、学校欠席数が例年の下痢・腹痛・嘔吐によるものとほぼ同じ …

no image

訪問介護事業所の指定を取り消し 返還額は4,700万

大阪府摂津市の訪問介護事業所 大阪府は29日、介護保険法の規定にもとづき、指定居宅サービス事業者の指定の取り消しと効力の停止を行ったことを発表した。 処分を受けた事業所は、大阪府摂津市正雀にある「ヘル …

no image

介護福祉士国試で審査ミスで合格判定

実技試験必要者を免除者として取り扱った 平成25年度に実施した第26回介護福祉士の国家試験において、本来なら実技試験が必要な受験者6名に対して、実技試験をおこなわないまま合格させたと発表した。 試験を …

no image

宮崎市の特別養護老人ホームでRSウイルス集団感染

2つの特養でRSウイルス集団感染 宮崎市が7月25日、発熱や咳など風邪に似た症状が現れる「RSウイルス」の集団感染が発生したと発表した。発生したのは宮崎市内二か所の特別養護老人ホームで、両施設の定員は …