介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

キリン、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

「第35回日本認知症学会学術集会」で発表

キリン株式会社は、11月28日、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認したと発表した。

この研究は、同社の健康技術研究所が東京大学および学習院大学と共同で実施したもの。同研究における成果は、「第35回日本認知症学会学術集会」において発表されるという。

日々の生活を通じた予防に注目が集まる

高齢者の増加が進む現在、日本では460万人、世界では2430万人近くの人が認知症を患っているとされ、国内外で大きな社会課題となっている。しかしながら、アルツハイマー病に代表される認知症には、未だ十分な治療方法が開発されていない。そのため、日々の生活を通じた予防に注目が集まっている。

これまでの疫学などの研究では、適度な量の酒類の摂取が認知症の防御因子となることが報告されてきた。特に赤ワインのポリフェノールは、認知症への効果に関して多く研究報告が存在する。しかしビールの成分については、あまり研究が進んでいなかった。

ビール苦味成分であるイソα酸に、作用がある

認知症の予防に関する研究開発においてキリンは、ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸に、アルツハイマー病の進行を抑制する作用があることを発見。またこの作用は、脳内の老廃物を除去するミクログリアと呼ばれる細胞の活性化と、アルツハイマー病の原因物質とされるβアミロイドの蓄積や脳内の炎症抑制により生じることを明らかにしている。

この作用は、内閣府の革新的研究開発推進プログラムImPACTでの実証試験において確認されている。

▼外部リンク

ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸のアルツハイマー病予防に関する作用機序を解明 – キリン株式会社
http://www.kirin.co.jp/company/news/2016/1128_03.html

関連記事

no image

介護分野も主要論点に上がる 規制改革推進会議

GDP600兆円への一歩 12日に政府が開いた「規制改革推進会議」では議長互選及び議長代理の指名が行われたのに続いて、事務局説明が行政手続部会やワーキング・グループの設置に関して行われた。 安倍 晋三 …

no image

「BPSDを理解し、回避する認知症ケア」について学ぶ

神奈川県にて 公益社団法人かながわ福祉サービス振興会では、以下のセミナーを開催する。 「認知症の行動・心理症状(BPSD)の理解とBPSDを回避する認知症ケア」日時:平成27年7月29日10時00分~ …

no image

衛生的なトイレ処理袋「ワンズケア」

片付けが簡単、作業時間が大幅に短縮できる優れもの 株式会社総合サービスホームは、片付けが簡単、衛生的なトイレ処理袋「ワンズケア」の販売をおこなっている。 介護施設などで使用しているポータブルトイレに「 …

no image

「孤独死が怖い」。「シニア婚活」に関するアンケート調査結果

50歳~69歳で独身の2000人が対象 婚活支援サービスを展開する株式会社パートナーエージェントは、「シニア婚活」に関するアンケート調査を実施し、その結果を9月16日に発表した。 同調査は、50歳~6 …

no image

低所得高齢者への臨時給付金 自民党の会議で了承

費用総額は3,600億円 17日に開かれた自民党・厚生労働部会などの合同会議では、主要先進国の中でも高い水準にある高齢者の貧困率解消への施策として、「1人あたり3万円」となる臨時給付金の捻出費用およそ …