介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

キリン、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

「第35回日本認知症学会学術集会」で発表

キリン株式会社は、11月28日、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認したと発表した。

この研究は、同社の健康技術研究所が東京大学および学習院大学と共同で実施したもの。同研究における成果は、「第35回日本認知症学会学術集会」において発表されるという。

日々の生活を通じた予防に注目が集まる

高齢者の増加が進む現在、日本では460万人、世界では2430万人近くの人が認知症を患っているとされ、国内外で大きな社会課題となっている。しかしながら、アルツハイマー病に代表される認知症には、未だ十分な治療方法が開発されていない。そのため、日々の生活を通じた予防に注目が集まっている。

これまでの疫学などの研究では、適度な量の酒類の摂取が認知症の防御因子となることが報告されてきた。特に赤ワインのポリフェノールは、認知症への効果に関して多く研究報告が存在する。しかしビールの成分については、あまり研究が進んでいなかった。

ビール苦味成分であるイソα酸に、作用がある

認知症の予防に関する研究開発においてキリンは、ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸に、アルツハイマー病の進行を抑制する作用があることを発見。またこの作用は、脳内の老廃物を除去するミクログリアと呼ばれる細胞の活性化と、アルツハイマー病の原因物質とされるβアミロイドの蓄積や脳内の炎症抑制により生じることを明らかにしている。

この作用は、内閣府の革新的研究開発推進プログラムImPACTでの実証試験において確認されている。

▼外部リンク

ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸のアルツハイマー病予防に関する作用機序を解明 – キリン株式会社
http://www.kirin.co.jp/company/news/2016/1128_03.html

関連記事

no image

クレーンゲームで孫のヒーローに。「くれ達検定」シニアの部、無料開催

2015年に続き2度目の開催 一般社団法人日本クレーンゲーム協会は、敬老の日である9月19日、60歳以上の高齢者を対象とした「クレーンゲームの達人検定(以下「くれ達検定」)~シニアの部~」を無料開催す …

no image

立ち座りをサポートする 「マルチファンクションリフトアップチェア」

立ち上がりをサポート フランスベッドは、高齢者の日常生活活動の向上を目指したブランド「リハテック」シリーズの「マルチファンクションリフトアップチェア」を発売した。 同製品は、電動で座面が斜めにせり上が …

no image

総務省が高齢化進行率に関する統計をまとめる

80歳以上が1,000万人を突破 このほど総務省統計局がまとめた資料によると、9月15日時点での日本の高齢者人口(65歳以上)は「3,384万人」となっており、前年に比べて89万人増加、総人口に占める …

no image

厚労省が介護施設で定員以上の受け入れを要請 熊本地震

定員超過分も減算対象にはならず 16日に本震が発生した「熊本地震」で、からだの衰えた高齢者や要介護者などが多く被災している状況の中、厚生労働省は17日、全国の自治体および介護事業者団体へ改めて協力を要 …

no image

介護サービス利用者は「399万800人」 増える需要に対する課題は

平均費用は18万円程度 厚生労働省が22日に発表した「介護給付費等実態調査月報」によると、平成27年9月審査分で介護サービスの受給者総数は「399万800人」となっていることが分かった。 またサービス …