介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

キリン、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

「第35回日本認知症学会学術集会」で発表

キリン株式会社は、11月28日、ビール苦味成分がアルツハイマー病予防に効果を持つことを確認したと発表した。

この研究は、同社の健康技術研究所が東京大学および学習院大学と共同で実施したもの。同研究における成果は、「第35回日本認知症学会学術集会」において発表されるという。

日々の生活を通じた予防に注目が集まる

高齢者の増加が進む現在、日本では460万人、世界では2430万人近くの人が認知症を患っているとされ、国内外で大きな社会課題となっている。しかしながら、アルツハイマー病に代表される認知症には、未だ十分な治療方法が開発されていない。そのため、日々の生活を通じた予防に注目が集まっている。

これまでの疫学などの研究では、適度な量の酒類の摂取が認知症の防御因子となることが報告されてきた。特に赤ワインのポリフェノールは、認知症への効果に関して多く研究報告が存在する。しかしビールの成分については、あまり研究が進んでいなかった。

ビール苦味成分であるイソα酸に、作用がある

認知症の予防に関する研究開発においてキリンは、ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸に、アルツハイマー病の進行を抑制する作用があることを発見。またこの作用は、脳内の老廃物を除去するミクログリアと呼ばれる細胞の活性化と、アルツハイマー病の原因物質とされるβアミロイドの蓄積や脳内の炎症抑制により生じることを明らかにしている。

この作用は、内閣府の革新的研究開発推進プログラムImPACTでの実証試験において確認されている。

▼外部リンク

ホップ由来のビール苦味成分であるイソα酸のアルツハイマー病予防に関する作用機序を解明 – キリン株式会社
http://www.kirin.co.jp/company/news/2016/1128_03.html

関連記事

no image

ケアマネジャーの必需品「ケアマネジャー手帳2017」発売

ケアマネジャーの声を反映 各種試験対策書を刊行している中央法規出版は、「介護保険制度」「介護報酬算定」「関連諸制度」などケアマネジャーに必要な情報を付録資料としてまとめたお役立ち手帳、「ケアマネジャー …

no image

全面禁煙の是非 全国社会福祉協議会が政府方針に異論

スモークフリー社会は快適か 1日に開催された「平成29年3月1日受動喫煙防止対策強化検討チームワーキンググループ」(WG)では、受動喫煙を防ぐための対策として出されている介護施設の全面禁煙などが提案さ …

no image

ユニ・チャーム、認知症予防プログラム「ソーシャル・ウォーキング」体験会を開催

「歩く」と「社会参加」を組み合わせた ユニ・チャーム株式会社は、4月15日、東京都立川市の国営昭和記念公園にて『ソーシャル・ウォーキング』体験会を開催する。 『ソーシャル・ウォーキング』は、同社は社会 …

no image

塩崎厚労相、禁煙外来職員の敷地内喫煙について言及 「とんでもない」

大隅氏のノーベル賞受賞も称える 塩崎厚生労働大臣は4日午前のぶら下がり記者会見で、閣議における「平成28年版厚生労働白書」の報告と、超高齢化を迎える社会モデル像をテーマとした「地域共生社会」の提案を伝 …

no image

名工大、認知症高齢者の徘徊見守りシステムの実証試験を大府市で開始

位置情報取得の実証 名古屋工業大学は、10月14日、認知症高齢者の徘徊見守りシステムを研究・開発すべく、大府市内で実証試験を開始したと発表した。 この実験は、固定型受信機設置による位置情報取得の実証と …