介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

虚偽の更新で指定取り消し 沼津の事業所

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

監査で不正事実が発覚

静岡県は21日、介護保険法に基づく事業者の指定取り消しを行ったことを発表した。

処分を受けたのは、沼津市高沢町の株式会社アトムが運営する「アトムケアサービス」。「アトムケアサービス」は、短期入所生活介護事業、介護予防短期入所生活介護事業、介護予防通所介護事業を行っている。

静岡県が監査を実施した結果、不正事実が明らかになった。処分の決定日は9月15日。指定の取り消し日は9月30日となる。

返還額は1,960万円

指定取り消しの主な理由として、虚偽の勤務表を実地指導の際に提出していた不正・不当行為があったほか、医師と栄養士を配置していない、管理者に常勤としての勤務実態がなかったなどの人員基準違反があった。

算定要件を満たしていない加算の不正請求も行っていたほか、短期入所生活介護については虚偽の指定更新申請書を提出して指定更新を受けていた。

静岡県は今後の対応として、指定更新があった3月1日以降の介護報酬について、全額の約1,320万円と、不正に受領した約80万円、40%の加算金約560万円について保険者である沼津市等を通じて返還を求めていくとともに、利用者のサービス利用に支障が生じないよう事業者を指導していく。

▼外部リンク

静岡県 記者提供資料
http://www2.pref.shizuoka.jp/

関連記事

no image

八王子市「おひさま訪問看護ステーション」行政処分

訪問看護、介護予防訪問看護の指定を取り消し 東京都八王子市は、同市内サンケアサービス株式会社が運営する介護サービス事業所「おひさま訪問看護ステーション」について平成28年6月9日をもって、指定訪問看護 …

no image

「株式会社ケアフル」不正請求で指定取消

ケアマネ登録も取り消し 群馬県は、株式会社ケアフルが運営している訪問介護事業所「ホームヘルプ・くすの木」、一体的な運営をおこなっていた居宅介護支援事業所「ケア・くすの木」の2つの事業所を、指定の取り消 …

no image

愛知県で、高齢者施設長の長男次女が高齢者虐待

高齢者虐待で施設処分 7月5日、愛知県安城市の高齢者施設で高齢者虐待が明らかになった。同市は介護保険法に基づき、7月中に同施設を処分する方針にしている他、高齢者虐待防止法に則り、虐待をした職員を介護業 …

no image

「ワタミの介護」の給食で食中毒が発生

入居者の4分の1近く 東京都福祉保健局は、東大和市内の高齢者施設「レストヴィラ東大和」で食中毒が発生したことを平成27年2月19日に発表した。 同施設で2月12日午後8時~13日午後2時に入居者65名 …

no image

新潟県立加茂病院が、死亡患者遺族と和解が成立

食道の異物を見落としていた 新潟県立加茂病院は6月5日、当時入院していた加茂市在住の70歳代の女性が肺炎で死亡したのは、入れ歯を病院側が発見し、除去できなかったことが原因として、遺族側が裁判所に調停を …