介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

不正関与で介護支援専門員の登録を消除 群馬県

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

事業所は指定取り消し

群馬県介護高齢課は14日、介護保険法に基づく行政処分を行ったことを発表した。

行政処分を受けたのは、群馬県桐生市で居宅介護支援サービスを提供している事業所「ライフケア」。有限会社ライフケアが運営を行っており、平成16年12月に指定を受けている。処分内容は事業者の指定の取り消しで、利用者保護の観点から指定取り消し日は10月31日付となる。

介護支援専門員の登録の消除についても、10月31日付で実施される。

虚偽報告と不正請求

処分の理由として、モニタリングやサービス担当者会議について、未実施や遅れなどがあったほか、計画の同意や作成日についてもさかのぼって作成するなど、運営基準違反に該当していたにもかかわらず、所定単位数の満額を請求し、不正に受領していた。

不正請求を行っていた期間は、平成24年2月から平成27年12月までの47ヶ月。対象となる利用者は36人、不正請求件数は284件、不正請求額は2,746,590円となる。

ライフケアは群馬県の監査にあたり、不正を免れるため、居宅サービス計画日をさかのぼって作成し、虚偽の報告書の提出を行っていた。

これらの不正に関与したことから、信用失墜行為として介護支援専門員の登録の消除も行われる。

▼外部リンク

群馬県 報道提供資料
http://www.pref.gunma.jp/houdou/d2400082.html

関連記事

no image

北九州で結核の集団感染 高齢者施設の職員も感染

22名が感染 北九州市は8日、小倉北区の病院と高齢者施設で結核の集団感染が確認されたと発表した。 感染したのは、患者や看護師など合わせて22名。3月に結核と診断されて入院し、4月に死亡した60代の男性 …

no image

不正受給で指定を取り消し 内部通報で発覚 – 仙台市

不正受給は1,244件、約600万円 仙台市は30日、運営基準違反や不正請求などがあったとして、訪問介護サービス事業所の指定取り消し処分を発表した。処分は7月1日付。 指定が取り消されたのは、有限会社 …

no image

夏バテや熱中症・夏の体調管理に対する意識

夏の暑さが苦手な人は多い 日本調剤株式会社は、全国の20歳~69歳の男女1,000人を対象に「夏バテや熱中症 夏の体調管理に対する意識」を2016年6月15日から17日間、インターネットによる調査を実 …

no image

目黒区の病院及び介護老人保健施設にて食中毒

6月2日(火曜)発生 目黒区内の医療機関にて集団食中毒が発生した。目黒区保健所は6月3日(水曜)、医療機関より報告を受け、感染症と食中毒の両面から調査。食事を原因とした食中毒であると断定した。 調査結 …

no image

佐賀県で2事業者が処分 虚偽報告と不正請求で

実態と異なる勤務表を報告 佐賀県は18日、介護保険法に基づいて、事業者の指定の取り消し処分と、指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定の取り消し処分を受けたのは、唐津市の株式会社クリエイトが …