介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

消防庁「平成28年8月の熱中症による救急搬送状況」を発表

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

昨年8月より搬送者減少

消防庁は、平成28年8月の熱中症による救急搬送人員数について発表した。発表によると全国で平成28年8月に熱中症による救急搬送された人は21,383人であった。昨年8月の救急搬送者数と比べる2,542人減となった。

救急搬送人員数が最も多い件は熊本県

熱中症の搬送されるのが最も多いのは高齢者で約半分を占めており、続いて成人、少年、乳児の順であった。

都道府県別人口10万人当たりの救急搬送人員数について昨年度と比較したところ、熊本県が最も多く 39.00 人で、次いで鹿児島県 35.97 人、長崎県 31.57、続いて、岡山県、高知県となっており、九州地方で救急搬送人員数が増加していることがわかった。

熱中症予防について

気象庁では、9月に入っても暑い日が続くことから「こまめに水分補給をする」「暑さを避ける」「暑さに負けない体力をつける」など、十分な熱中症の予防対策が必要としている。

消防庁では、今年度から新しく「予防啓発ビデオ」「予防啓発イラスト」「予防広報メッセージ」を作成しており、消防庁ホームページで掲載しているので活用して欲しいとのことだ。

熱中症は、正しい知識を身に付けることで予防ができるので引き続き注意をして欲しい。

▼外部リンク

消防庁報道発表
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/h28/09.pdf

総務省消防庁
http://www.fdma.go.jp/

消防庁『熱中症情報』
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html

関連記事

no image

若狭町の食中毒 終息宣言

496人が発症、対策費用などに4,500万円 若狭町は13日、5月21日から発生していた給食センターの食中毒が終息したと発表した。 5月末以降は、学校欠席数が例年の下痢・腹痛・嘔吐によるものとほぼ同じ …

no image

高齢者施設で集団食中毒 サルモネラ菌が検出

5施設で24名が発症 神戸市は21日、複数の高齢者入所施設で24名が嘔吐や下痢などの症状を訴え、検便からサルモネラ菌が検出されたことを発表した。 12日より、少なくとも5施設の24名が発熱、下痢、腹痛 …

no image

認知症高齢者の列車事故の判決を前に声明を発表

社会福祉関係団体が声明を発表 認知症高齢者が関係した列車事故で、家族が損害賠償を求められている訴訟の判決が最高裁で3月1日に下されるのを前に、社会福祉専門職団体協議会とソーシャルワーク教育団体連絡協議 …

no image

調査報告「認知症徘徊で起きた事故、家族は賠償責任を負うべきか」

最高裁判所で公判の判決が出る前に調査を実施 愛知県で9年前に起きた認知症により徘徊していた男性(当時91)が、列車にはねられ死亡した事故、JR東海側は、男性の遺族である妻(93)に対して監督責任があっ …

no image

【福島県】介護報酬を不正請求訪問看護、指定取り消しへ

勤務実態のない職員を常勤扱い 福島県は3月15日に、福島市内にある訪問看護事業所「訪問看護ほうらいステーション」について、勤務実態のない看護師を常勤として報告するなど不正行為をしたとして、運営する株式 …