介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ユニ・チャーム、認知症予防の「ソーシャル・ウォーキング」考案。体験会も開催

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

誰もが取り組みやすい形で

ユニ・チャーム株式会社は、9月8日、高齢化の進行に伴う「閉じこもり」や「認知症」などの改善に寄与するべく『ソーシャル・ウォーキング』を考案し、その体験会を10月に実施すると発表した。

『ソーシャル・ウォーキング』とは、「社会参加」と「歩行」を組み合わせた、同社の造語。人と関わり楽しみながら歩くことを、誰もが取り組みやすい形にした認知症予防のためのウォーキングだという。

「生理的アプローチ」と「認知的アプローチ」を融合

認知症予防には、脳の健康状態を良好に保つ「生理的アプローチ」と、社会との接触により脳を刺激する「認知的アプローチ」があり、両面からのアプローチがより効果的であることが実証されている。

そこでユニ・チャームは、手軽にできる「生理的アプローチ」の代表であるウォーキングに、ボランティア活動や地域活動などで社会と触れ合う「認知的アプローチ」を融合。認知症予防プログラムとして『ソーシャル・ウォーキング』を考案した。

同プログラムは、「社会参加」そのものにより認知機能の低下を予防する効果を持つことに加え、ウォーキングそのものの習慣化も狙いとしている。

体験会は、東京と大阪で開催

『ソーシャル・ウォーキング』の体験会は、東京と大阪にて開催される。

東京は、10月6日開催。講義はリファレンス新有楽町ビル貸会議室で、実技は日比谷公園で、それぞれ行われる。大阪は、10月7日開催。講義は大阪城ホール コンベンションホール、実技は大阪城公園で、それぞれ実施される。

ユニ・チャームは今後も、生活者の心と体の健康をサポートする企業として、様々な世代に向けたサービスを提供していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ユニ・チャーム、『ソーシャル・ウォーキング』を考案 今からはじめる「歩く」を通じて認知症予防推進 – ユニ・チャーム株式会社
http://www.unicharm.co.jp/company/

関連記事

no image

全員が1型糖尿病のチーム ノボ ノルディスク、2016ジャパンカップへ出場

ハビエル・メヒヤス選手が8位に入賞 ノボ ノルディスク ファーマ株式会社は10月28日、プロサイクリングチーム『チーム ノボ ノルディスク』が『第25回 2016ジャパンカップサイクルロードレース』へ …

no image

医療・介護現場で残業代未払いの実態 医労連が改善要求

過重労働の上に残業代未払いという現状 日本医療労働組合連合会(医労連)が厚生労働省で7日に開いた記者会見では、人手不足に悩まされる医療や介護の現場の多くで、残業代がきちんと支払われていない実態を示す調 …

no image

「おしゃべり熱中症計」4月末より発売開始

風邪ひき指数や温湿度計が付いた優れもの 株式会社デザインファクトリーは、一般財団法人日本気象協会と共同し、「おしゃべり熱中症計」を開発し2015年4月末より、東急ハンズ、AMAZON、楽天市場など、順 …

no image

介護の人材育成・確保の観点が話し合われる 厚労省の検討会

これまでの取り組み 8日に開かれた厚生労働省による「介護労働安定センターの組織および運営に係る検討会」では、「交付金依存体質の改善」や「2015年度の取り組み状況」、「指定法人制度の見直し」や「最終報 …

no image

介護報酬改定によるリハビリテーション機能への影響

介護におけるリハビリテーション 16日に行われた厚生労働省の「介護報酬改定検証・研究委員会」では、「リハビリテーションと機能訓練の機能分化とその在り方に関する調査研究事業」などの調査結果が公表され、リ …