介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ユニ・チャーム、認知症予防の「ソーシャル・ウォーキング」考案。体験会も開催

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

誰もが取り組みやすい形で

ユニ・チャーム株式会社は、9月8日、高齢化の進行に伴う「閉じこもり」や「認知症」などの改善に寄与するべく『ソーシャル・ウォーキング』を考案し、その体験会を10月に実施すると発表した。

『ソーシャル・ウォーキング』とは、「社会参加」と「歩行」を組み合わせた、同社の造語。人と関わり楽しみながら歩くことを、誰もが取り組みやすい形にした認知症予防のためのウォーキングだという。

「生理的アプローチ」と「認知的アプローチ」を融合

認知症予防には、脳の健康状態を良好に保つ「生理的アプローチ」と、社会との接触により脳を刺激する「認知的アプローチ」があり、両面からのアプローチがより効果的であることが実証されている。

そこでユニ・チャームは、手軽にできる「生理的アプローチ」の代表であるウォーキングに、ボランティア活動や地域活動などで社会と触れ合う「認知的アプローチ」を融合。認知症予防プログラムとして『ソーシャル・ウォーキング』を考案した。

同プログラムは、「社会参加」そのものにより認知機能の低下を予防する効果を持つことに加え、ウォーキングそのものの習慣化も狙いとしている。

体験会は、東京と大阪で開催

『ソーシャル・ウォーキング』の体験会は、東京と大阪にて開催される。

東京は、10月6日開催。講義はリファレンス新有楽町ビル貸会議室で、実技は日比谷公園で、それぞれ行われる。大阪は、10月7日開催。講義は大阪城ホール コンベンションホール、実技は大阪城公園で、それぞれ実施される。

ユニ・チャームは今後も、生活者の心と体の健康をサポートする企業として、様々な世代に向けたサービスを提供していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ユニ・チャーム、『ソーシャル・ウォーキング』を考案 今からはじめる「歩く」を通じて認知症予防推進 – ユニ・チャーム株式会社
http://www.unicharm.co.jp/company/

関連記事

no image

国立感染症研究所が「感染症週報」の最新版を発表

流行性耳下腺炎が増加 感染症に関わる基礎・応用研究などを行う国立感染症研究所は20日、「感染症週報2017年第1週」を公表し、全国に感染症への認知の広がりと、予防・対策の徹底を促している。 同報告では …

no image

混合介護の弾力化は進むか 公開ディスカッション

高齢者がきちんと人生設計をできる仕組み 21日に開かれた政府の規制改革推進会議による公開ディスカッションでは、「混合介護の弾力化」をテーマとして出席者から様々な意見が出されたが、議論は平行線を辿ったよ …

no image

政府が緊急対策をまとめる 特養待機者解消へ本腰

既存の成約を打破できるか 26日に開かれた「1億総活躍国民会議」では、政権の掲げる“1憶総活躍社会”への具体的道筋や“介護離職ゼロ”の実現に向けた緊急対策がまとめられた。 政府はこれまでの経済政策であ …

no image

九都県市首脳会議が厚労省へ要望書を提出

要介護高齢者数の増加に対応を 4日に埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の知事、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の市長で構成される「九都県市首脳会議」が厚生労働省へ要望書を提出した。 それによ …

no image

3年ぶりの「介護事業経営実態調査」を実施へ 厚労省

調査は10月に実施の予定 9月14日に厚生労働省が開いた「介護事業経営調査委員会」では、介護事業に関わる経営面での実態・概況に関する複数期間にまたがるデータを把握するため、「介護事業経営実態調査」の実 …