介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ペットロボット「なでなでねこちゃん」、熊本の高齢者福祉施設で癒やしを提供

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

高齢者に癒やしと笑顔を提供

トレンドマスター株式会社は、8月8日、同社のコミュニケーション・ペットロボット『なでなでねこちゃん』を震災の復旧期における熊本の高齢者福祉施設へ提供したことを明らかにした。

『なでなでねこちゃん』の提供が行われたのは、6月18日。高齢者に癒やしと笑顔を提供したという。

撫でられると本物の猫の声で鳴く

『なでなでねこちゃん』は、指先の動きを感知するセンサーを内蔵し、撫でられると本物の猫の声で鳴くというぬいぐるみ。幅広い年齢層に購入されており、同社の主力商品となっている。

熊本の高齢者福祉施設への同商品提供は、東海大学講師である山崎正人氏の協力の下に行われた。山崎氏は、ブルーシートで補修した屋根や山の崩落が見える風景を見るたびに不安が蘇る入居者にとって、「癒やし」は必要であると判断。新型センサーを搭載した15匹の『なでなでねこちゃん』が、数カ所の高齢者福祉施設に導入されている。

反応を他者に積極的に伝えようとする

山崎氏は、入居者と『ねこちゃん』の一対一での接触において、可愛らしさや鳴くという反応を他者に積極的に伝えようとする行動が見られると考察。また、単独で楽しんでいる人の反応を受け、周囲の人が集まる傾向も確認できたとしている。

なおトレンドマスターは、今年8月から3ヶ月にわたり、熊本県の保育園や高齢者福祉施設へ『なでなでねこちゃん』を毎月送るとしている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

トレンドマスター株式会社
http://www.trendmaster.co.jp/

コミュニケーション・ペットロボット「なでなでねこちゃん」熊本の復旧期に、「癒し」と「笑顔」を提供 – PR TIMES
http://prtimes.jp/main/html/rd/

関連記事

no image

放医研、認知症診断技術で台湾バイオベンチャーとライセンス契約を締結

イメージング薬剤「PM-PBB3」を供与 国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所(以下「放医研」)は、11月8日、認知症を診断する新技術について台湾のアプリノイア社とライセン …

no image

厚労省が「疾病対策部会」を開催 難病への支援体制を検討

国の難病対策の歩みと今 厚生労働省が開催する、難病疾患患者のための社会制度を検討する「疾病対策部会」は20日、今年度2回目の会議を開き、 「難病の患者に対する医療等の総合的な推進を図るための基本的な方 …

no image

高齢者の転倒予防に役立つ都民講座

転倒予防のための都民講座 7月15日に都民講座、「歩行の科学からみた認知症とパーキンソン病~高齢者の脳の健康と転倒予防のために~」を東京都医学総合研究所が開く。 認知症とパーキンソン病と歩行の関係は …

no image

高齢者こそ「何かする生活」が幸せを生む 国立長寿医療研究センター

家庭内での存在感が幸福度にも通ずる可能性 高齢者の心身の自立を促進して健康長寿社会の構築を目指す国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター(以下 長寿研)は、高齢者が「すこやかな高齢期」を過ごせるため …

no image

リハビリテーションに関する7つの提言 日本慢性期医療協会

急性期リハの充実・高齢者リハの確立を 地域での暮らしを支えるための良質なリハビリテーションの普及を促進する日本慢性期医療協会は、3月9日に行われた武久洋三会長による定例記者会見の内容を公表し、急性期リ …