介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ハンドル形電動車いすの事故多発。消費者庁が注意喚起

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

ハンドル操作の電動車いす

手元だけで簡単に操作できて移動に便利なハンドル形の電動車いす。高齢者の間で広く使われている電動車いすの事故が多く発生しているため、消費者庁が注意を求めている。

安全調査委委員会は22日、ハンドル形電動車いすについての報告書をまとめた。意図しない発進が事故原因だったケースの他、操作ミスが事故を誘引したとされるケースについても報告。関係省庁に対し、利用者への運転技術訓練の実施や、メーカーへの操作システムの改善を指導するなどの対応を求めている。

簡単操作の裏側で

ハンドル形の電動車いすは、手でレバーを軽く押すだけで発進させることができる構造。足を使う操作はない。簡単に操作できる反面、意図せずレバーに触れて発進してしまうと事故につながる。また、段差のあるところでは立ち往生しやすく、踏切内で動けなくなって電車と衝突する事故が起きている。

報告書では、平成20年から平成26年までの間にハンドル型電動車いす使用中に起きた重大事故が51件記録されている。電動車いすを使用していた人は、事故により死亡または重傷を負っている。

力を必要とせず簡単な操作で運転でき、高齢者の足として普及しているハンドル形電動車いす。事故を防ぐため、意図しない発進を防ぐ構造に改善することや、利用する高齢者が操作の訓練を行うことが必要とされている。

▼外部リンク

消費者庁ウェブサイト
http://www.caa.go.jp/

関連記事

no image

厚生労働省「在宅酸素療法」の取扱いに注意喚起

使用する患者やその家族は注意が必要 厚生労働省は、在宅酸素療法における火気の取り扱いについて、注意喚起を行っている。平成15年12月から平成28年4月の期間、酸素吸入中の喫煙などが原因で発生した事故は …

no image

紛失していた「ひとり暮らし高齢者基礎調査」を発見(船橋市)

6月18日に個人情報の紛失を発表 船橋市は、ひとり暮らしの高齢者の実態把握、災害時の支援などのために、毎年1回民生委員児童委員に依頼し「ひとり暮らし高齢者基礎調査」をおこなっていた。 市介護高齢課によ …

no image

改善指導や過誤指導に従わず指定取り消し 横須賀市

訪問介護と居宅介護支援の事業所 神奈川県横須賀市は19日、介護保険法の規定に基づく指定居宅サービス事業者等の指定の取り消し処分を行うことを決定し、事業所に通知したことを発表した。 指定の取り消し処分を …

no image

神戸市の認知症高齢者グループホームに指定取り消し処分

グループホームの指定取り消し処分 神戸市は7月27日、同市にある認知症高齢者を対象としたグループホーム「グループホーム田園」に対し、介護保険法に基づくグループホームの指定取り消し処分を行うと発表した。 …

no image

第57回作業療法全国研修会について

11月に山口県で開始予定 日本作業療法士協会主催、山口県作業療法士会の運営協力により、第57回作業療法全国研修会が、11月に山口県で開催される。テーマは、「作業は人を健康にする?地域へとつむぐ役割?」 …