介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ハンドル形電動車いすの事故多発。消費者庁が注意喚起

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

ハンドル操作の電動車いす

手元だけで簡単に操作できて移動に便利なハンドル形の電動車いす。高齢者の間で広く使われている電動車いすの事故が多く発生しているため、消費者庁が注意を求めている。

安全調査委委員会は22日、ハンドル形電動車いすについての報告書をまとめた。意図しない発進が事故原因だったケースの他、操作ミスが事故を誘引したとされるケースについても報告。関係省庁に対し、利用者への運転技術訓練の実施や、メーカーへの操作システムの改善を指導するなどの対応を求めている。

簡単操作の裏側で

ハンドル形の電動車いすは、手でレバーを軽く押すだけで発進させることができる構造。足を使う操作はない。簡単に操作できる反面、意図せずレバーに触れて発進してしまうと事故につながる。また、段差のあるところでは立ち往生しやすく、踏切内で動けなくなって電車と衝突する事故が起きている。

報告書では、平成20年から平成26年までの間にハンドル型電動車いす使用中に起きた重大事故が51件記録されている。電動車いすを使用していた人は、事故により死亡または重傷を負っている。

力を必要とせず簡単な操作で運転でき、高齢者の足として普及しているハンドル形電動車いす。事故を防ぐため、意図しない発進を防ぐ構造に改善することや、利用する高齢者が操作の訓練を行うことが必要とされている。

▼外部リンク

消費者庁ウェブサイト
http://www.caa.go.jp/

関連記事

no image

消防庁「平成28年8月の熱中症による救急搬送状況」を発表

昨年8月より搬送者減少 消防庁は、平成28年8月の熱中症による救急搬送人員数について発表した。発表によると全国で平成28年8月に熱中症による救急搬送された人は21,383人であった。昨年8月の救急搬送 …

no image

佐賀県で2事業者が処分 虚偽報告と不正請求で

実態と異なる勤務表を報告 佐賀県は18日、介護保険法に基づいて、事業者の指定の取り消し処分と、指定の一部効力の停止処分を行ったと発表した。 指定の取り消し処分を受けたのは、唐津市の株式会社クリエイトが …

no image

佐賀県の事業者指定取消

ケアマネージャー登録抹消も 佐賀県は3月9日に介護事業者の行政処分を行った。居宅介護支援事業者「ケアプランサービスゆい」が3月31日付けで指定を取り消され、ケアマネージャーの登録も抹消される。 「ケア …

no image

北九州で結核の集団感染 高齢者施設の職員も感染

22名が感染 北九州市は8日、小倉北区の病院と高齢者施設で結核の集団感染が確認されたと発表した。 感染したのは、患者や看護師など合わせて22名。3月に結核と診断されて入院し、4月に死亡した60代の男性 …

no image

不正経理13億 横領で前理事長を刑事告訴へ

11億を無断借り入れ、私的流用は1億超 理事会の承認なく、金融機関から11億を超える借り入れを行ったほか、約1億を飲食代や古美術品の購入に使ったとして、社会福祉法人「桃林会」は不適切な経理処理を行って …