介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

知っておきたい!「介護虐待を起こさないための基礎研修」【長野県】

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

お茶の水ケアサービス学院

日本健康医学会賛助会員 お茶の水ケアサービス学院では、「介護虐待を起こさないための基礎研修」を開催する。

日時は、平成28年7月27日(水)9:30~16:30。場所は、長野県農協ビル(長野市)、受講料は10,300円となっている。

申し込みは、ウェブサイト、FAX、または電話にて。対象は、全ての介護従事者だ。

講師紹介

講師は、グループホームあんずの家ホーム長であり、介護福祉士・介護支援専門員の田島利子氏。日本でグループホームの礎をつくったグループホーム管理者で、介護の現場に精通しており、より実践的な講義が好評だ。

虐待について

カリキュラムは、「虐待の基礎知識」「認知症と虐待」「虐待発生時の対応」「虐待を未然に防ぐには」「組織的な取り組み」「高齢者の笑顔のために」などを予定している。

介護の現場では、全ての職員が大なり小なりストレスを抱えている。加えて、慢性的な人不足や、認知症に対する理解不足、1対1になることが多い介護現場の特性により、虐待がおこりやすい環境にあることは間違いない。

講座では、このような背景の中、介護職本人が、どのようにストレスと付き合えばいいのか、組織としてどのように対応すればいいのかについて、学習する。

▼外部リンク

介護虐待を起こさないための基礎研修
http://www.o-careservice.com

関連記事

no image

地域コミュニティとしての機能を重視する「ふれあいサロン・すねおり」

21日から継続して開催 サービス付き高齢者向け住宅「アシステッドリビング茶話本舗」などを運営する株式会社日本介護福祉グループは、同サービスの介護施設「アシステッドリビング茶話本舗鶴ヶ島」において、“仲 …

no image

パナソニック、ベッドが車いすに分離する介護ロボットの販売を開始予定

「リショーネPlus(プラス)」 パナソニック エイジフリー株式会社は、離床アシストロボット「リショーネPlus(プラス)」を2017年1月より発売予定と発表した。 対象は、介護付有料老人ホームや特別 …

no image

“治療力のある介護” 「セラピューティック・ケア」と「回想法」を導入

認知症の高齢者増加を受けた新サービス 通所介護サービスを展開する株式会社ソラストは、より一層のサービスの充実を図るため、レクリエーションとして「セラピューティック・ケア」「回想法」を取り入れたメンタル …

no image

千葉商科大学、湖山医療福祉グループと共に「明日の福祉アイデアコンテスト」募集!

高校生が対象 千葉商科大学人間社会学部は、湖山医療福祉グループと共に、高校生向けの「明日の福祉アイデアコンテスト」を開催する。 「家族のつながり」「健康づくり」「地域交流」などの切り口で、より良い「福 …

no image

介護業界への定着を支援する新入社員研修「CHEER UP!」」本格的に開始

離職の防止や業界への定着につなげる 株式会社リクルートキャリアは、介護業界入職1年以内の職員を対象にした「CHEER UP!」研修を開発した。2014年7月より試験運用を始め、2015年4月より本格的 …