介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

知っておきたい!「介護虐待を起こさないための基礎研修」【長野県】

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

お茶の水ケアサービス学院

日本健康医学会賛助会員 お茶の水ケアサービス学院では、「介護虐待を起こさないための基礎研修」を開催する。

日時は、平成28年7月27日(水)9:30~16:30。場所は、長野県農協ビル(長野市)、受講料は10,300円となっている。

申し込みは、ウェブサイト、FAX、または電話にて。対象は、全ての介護従事者だ。

講師紹介

講師は、グループホームあんずの家ホーム長であり、介護福祉士・介護支援専門員の田島利子氏。日本でグループホームの礎をつくったグループホーム管理者で、介護の現場に精通しており、より実践的な講義が好評だ。

虐待について

カリキュラムは、「虐待の基礎知識」「認知症と虐待」「虐待発生時の対応」「虐待を未然に防ぐには」「組織的な取り組み」「高齢者の笑顔のために」などを予定している。

介護の現場では、全ての職員が大なり小なりストレスを抱えている。加えて、慢性的な人不足や、認知症に対する理解不足、1対1になることが多い介護現場の特性により、虐待がおこりやすい環境にあることは間違いない。

講座では、このような背景の中、介護職本人が、どのようにストレスと付き合えばいいのか、組織としてどのように対応すればいいのかについて、学習する。

▼外部リンク

介護虐待を起こさないための基礎研修
http://www.o-careservice.com

関連記事

no image

ケアマネジャー614名が対象。「福祉用具の貸与価格の上限設定に関する意識調査」

選ぶ際に最も重視するのは「スピード」 株式会社エス・エム・エスは、ケアマネジャー614名を対象とする「福祉用具の貸与価格の上限設定に関する意識調査」を実施し、その結果レポートを2月17日に発表した。 …

no image

SCUEL Data(医療機関・薬局・介護施設向けデータベース)のwebサイトを公開

SCUEL Dataとは ミーカンパニー株式会社は、SCUEL Data(医療機関、薬局、介護施設データベース)を公開した。 SCUEL Dataとは、全国の病院、診療所、歯科医院、調剤薬局、介護施設 …

no image

認知症予防のプロ「認知症予防活動支援士」認定講座スタート

「認知症予防活動支援士」とは 「認知症予防活動支援士」2級の認定講座を8月1日から開講すると、一般社団法人元気人が7月15日発表した。「認知症予防活動支援士」とは、認知症予防について世に広め、習慣化す …

no image

RUN伴が「2016年度グッドデザイン賞」を受賞

みんなでタスキをつなぐ 認知症フレンドシップクラブが主催する「RUN伴」が、2016年度グッドデザイン賞を受けました。「RUN伴」は認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指し、認知症の人もそう …

no image

「食べることをとおしてのリハビリテーションと多職種協働研修会」開催

昨年の内容から、更にパワーアップして開催 公益社団法人全国老人保健施設協会(全老健)主催による「食べることをとおしてのリハビリテーションと多職種協働研修会」が7月に開催される。昨年は1日実施したが、好 …