介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

高齢者見守りを広げる「配食専用車」 コープさっぽろ

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

配食サービスで見守り

生活協同組合コープさっぽろは8日、高齢者見守り活動の強化を目的とした「配食専用車」の出発式を実施した。

高齢者の食事面の支援と「見守り・安否確認」を行うため、コープさっぽろでは社会給食部を2010年10月に発足。決まった曜日と時間に毎週3回以上お弁当を配達している。

お弁当は、カロリーと塩分を控えて健康に配慮した「低カロリーコース」や、季節の素材と美味しさを追及した「普通食コース」などを毎日異なる献立で用意している。

配食専用車は札幌市内6拠点で、年内に合計70台が配置される予定。配達の際に「安否確認・認知症早期発見」などの活動を実施する。

見守りは配達サービスでも

5日には、コープさっぽろは松前町との「高齢者見守り協定」を締結。調印式が行われた。コープさっぽろは2016年度7月次点で、129の市町村との協定をしている。

コープさっぽろの宅配システムである「トドック」の配達を通じて、地域の見守りを実施する。「トドック」の配達も、毎週決まった時間と曜日に行っており、その利用者は北海道全体で325,000人にのぼる。

コープさっぽろでは、今後も配食事業や「トドック」の配達を通じて、地域に役に立てるよう努力していきたいとしている。

▼外部リンク

コープさっぽろ
https://www.sapporo.coop/

関連記事

no image

人気セミナー「介護職員の離職率改善セミナー」追加の開催決定

離職率を抑える魅力ある介護施設になるには 株式会社メディピタは、「離職率改善セミナー」を大阪で開催する。大阪での実施は追加開催となる。 厚生労働省「雇用動向調査(平成25年度)」によれば、全業種の離職 …

no image

介護職員のための「認知症の人の心理と行動」に関する特別重点課題講座

日本認知症ケア学会 一般社団法人日本認知症ケア学会では、特別重点課題講座を開催する。 タイトルは、「認知症の人の心理と行動の理解;教育的ロールプレイングと応用行動分析学の視点から」。日時は2016年2 …

no image

排泄予知デバイス研究開発企業が、約5億円の資金調達

最大5億円の資金調達 排泄予知デバイス「ディーフリー」の企画研究開発を進めるトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社が7月4日、総額約5億円の資金調達したと発表した。 資金調達は、合わせて6社を引受先と …

no image

ユニバーサルデザインの次世代タクシーが出発式

みんなにやさしい新しいタクシー車両 日産自動車株式会社は2日、ユニバーサルデザインタクシー仕様「セレナ」の出発式を実施したことを発表した。 ユニバーサルデザインタクシーは国土交通省が規格を定めたタクシ …

no image

「レクリエーション介護士2級講座」受講生を募集中

レクリエーションは奥が深い 日本ケアカレッジの主催により「レクリエーション介護士2級講座」が開催されます。どんなレクリエーションを企画したら良いのか、高齢者が誰でも簡単に参加できるレクリエーションとは …