介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

北九州で結核の集団感染 高齢者施設の職員も感染

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

22名が感染

北九州市は8日、小倉北区の病院と高齢者施設で結核の集団感染が確認されたと発表した。

感染したのは、患者や看護師など合わせて22名。3月に結核と診断されて入院し、4月に死亡した60代の男性患者が感染源とみられ、患者14名、看護師3名のほか、死亡した患者が入院前に滞在していた高齢者施設の職員3名も感染が確認されている。

同室で入院していた70代男性も5月に結核を発症したことから、病院が2人に接触した可能性がある91名を検査し、集団感染が発覚した。

北九州市では詳しい原因を調べるとともに、感染拡大を防ぐ対策を進めることにしている。

早期発見、早期治療を

結核は、結核菌によって発症する空気感染を起こす感染症の一つ。日本は世界的に見ても結核の蔓延国とはいえないものの、毎年2万人の新規患者が発生している。

結核を発症した場合、無治療のままでいると50%程度が死亡してしまうといわれている。治療を受けたとしても、髄膜炎を発症した場合は30%の人が死亡し、治った人も後遺症が残ることもあるため注意が必要となる。

また、結核菌に感染してもすぐに発症するとは限らず、体内に留まった後で発症することもあるため、早期発見、早期治療が大切となる。

▼外部リンク

厚生労働省 感染症情報(結核)
http://www.mhlw.go.jp/

北九州市
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/index.html

関連記事

no image

下関市のNPO法人、不正請求により指定取り消し

2月の下関市介護保険課が実施した監査で判明 下関市は、NPO法人「ケアマネジメント・オフィス いそっぷ」が運営する訪問介護事業所を、介護保険法に基づいて指定を取り消すと10月13日に発表した。指定取り …

no image

不正関与で介護支援専門員の登録を消除 群馬県

事業所は指定取り消し 群馬県介護高齢課は14日、介護保険法に基づく行政処分を行ったことを発表した。 行政処分を受けたのは、群馬県桐生市で居宅介護支援サービスを提供している事業所「ライフケア」。有限会社 …

no image

管理者が認知症入居者の預金を無断で引き出し発覚

ショートステイ事業所、指定一部の効力の停止命令 新潟市は、認知症の入居者の預金口座から勝手に預金を引き出したとして、新潟市内のショートステイ事業所について指定一部の効力の停止処分にすると発表した。 処 …

no image

ハンドル形電動車いすの事故多発。消費者庁が注意喚起

ハンドル操作の電動車いす 手元だけで簡単に操作できて移動に便利なハンドル形の電動車いす。高齢者の間で広く使われている電動車いすの事故が多く発生しているため、消費者庁が注意を求めている。 安全調査委委員 …

no image

指定居宅介護サービス計画費の不正請求で指定を取り消し

青森県の指定居宅介護支援事業者 青森県は30日、介護保険法に基づく介護保険事業者の指定取り消しを行ったと発表した。 指定の取り消しを受けたのは、三戸郡南部町にある三老居宅介護支援センター。社会福祉法人 …