介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

愛知県で、高齢者施設長の長男次女が高齢者虐待

投稿日: 【カテゴリー:事件・事故

高齢者虐待で施設処分

7月5日、愛知県安城市の高齢者施設で高齢者虐待が明らかになった。同市は介護保険法に基づき、7月中に同施設を処分する方針にしている他、高齢者虐待防止法に則り、虐待をした職員を介護業務から外すよう既に指導した。

この虐待は、同施設の別の職員が市に通報したことにより発覚したもの。通報を受けた同市が調査を行い、それにより施設側が虐待を認めた。

虐待したのは施設長の長男と次女

同市によると、虐待は4月から5月ごろにかけて行われ、虐待の現場となった施設は同市二本木新町にある認知症高齢者グループホーム「野のユリ」。

施設長の長男と次女が虐待を行ったことが分かっており、この2人は複数の入所者に対し、体をたたくなどの身体的虐待を行った他、「死ね」などの暴言を吐いたとされる。

厚生労働省の介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」によると、同施設は2001年に設立された有限会社「野のユリ」が、認知症対応型共同生活介護サービスとして運営しており、2016年4月19日現在、総従業員数17名、定員は18名と公表されている。

▼外部リンク

安城市
https://www.city.anjo.aichi.jp/

介護事業所・生活関連情報検索「介護サービス情報公表システム」
http://www.kaigokensaku.jp/

関連記事

no image

虚偽の更新で指定取り消し 沼津の事業所

監査で不正事実が発覚 静岡県は21日、介護保険法に基づく事業者の指定取り消しを行ったことを発表した。 処分を受けたのは、沼津市高沢町の株式会社アトムが運営する「アトムケアサービス」。「アトムケアサービ …

no image

介護支援専門員の業務を行わずに不正請求 熊本の事業者

居宅介護支援事業所の指定を取り消し 熊本県は8月31日、不正請求と虚偽報告の事実が判明したとして、介護保険法に基づく事業者の指定取り消し処分を行ったことを発表した。指定取り消し日は9月30日。 行政処 …

no image

不正経理13億 横領で前理事長を刑事告訴へ

11億を無断借り入れ、私的流用は1億超 理事会の承認なく、金融機関から11億を超える借り入れを行ったほか、約1億を飲食代や古美術品の購入に使ったとして、社会福祉法人「桃林会」は不適切な経理処理を行って …

no image

調理員を介護従事者に 1億5000万円を返還請求

不正な勤務形態一覧表で指定更新 広島市は9月30日、介護サービス事業者に対する指定取り消し処分を行ったと発表した。 処分を受けたのは、南区の有限会社百樹が運営する「高齢者総合福祉施設なだの郷グループホ …

no image

愛知・認知症男性事故の最高裁判断 家族の会が会見

事故の責任を負うべきは誰か 2007年に愛知県大府市で、認知症を患っていた男性が徘徊中に電車に接触し死亡した事故で、JR東海が「電車に遅れが生じた」などとして男性の遺族を訴えていた裁判で、最高裁第三小 …