介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

ロボットスタート、認知症の人に情緒安定効果を持つ「テレノイド」と提携

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

著しい情緒安定効果がみられる

ロボットスタート株式会社は、7月5日、小型の遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」の企画・提供を行う株式会社テレノイド計画と業務提携契約を締結したと発表した。

「テレノイド」は、人間としての必要最小限の見かけと動きの要素のみを備えたロボット。高齢者、特に認知症の人がテレノイドを抱きかかえ会話をすると、著しい情緒安定効果がみられるという。

声の主の姿形をロボットに投影

「テレノイド」は、実在する人間の姿形に近づけた外観を持つ他の遠隔操作型アンドロイドとは異なり、誰にでもみえるフォルムを持つ。それゆえに、「テレノイド」から知人の声が聞こえると、ユーザはその声の主の姿形をこのロボットに投影することができるという。

「テレノイド」を扱うテレノイド計画は、株式会社国際電気通信基礎技術研究所・石黒浩特別研究所所長が中心となり開発したテレノイドを使ったサービスを発表している企業。サービス提供前から様々なメディアで取り上げられるなど、大きな注目を集めている。

様々な取り組みが開始される

今回テレノイド計画と業務提携を結んだロボットスタートは、様々なロボットアプリ開発やロボットメーカー向けにコンサルティングを創業以来展開。コミュニケーション領域のロボットの様々なノウハウを蓄積している。

今回締結された業務提携により、両社の知見は融合されることとなる。「テレノイド」のサービス提供に向け、マーケティング支援・販売支援・技術支援・開発環境整備を中心とした様々な取り組みが開始されるという。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

テレノイド計画と業務提携 小型の遠隔操作型アンドロイドのサービス提供に向けて様々な取り組みを開始 – ロボットスタート株式会社
http://robotstart.co.jp/press27.pdf

関連記事

no image

東京都にて認知症シンポジウムを開催!

東京都 福祉保健局 東京都では、認知症に関連するシンポジウムを開催する。 「認知症の人にやさしいまち 東京を目指して~認知症サポーターになろう~」日時:平成27年9月27日(日曜日) 午後2時00分か …

no image

健康情報拠点薬局(仮称)の設置に関する検討会について

健康情報拠点薬局に求められる機能とは 9月14日に開かれた「健康情報拠点薬局のあり方に関する検討会」においては、薬局と医療機関などとの連携体制の構築を柱に、地域の連携機関としての「健康づくり支援薬局( …

no image

太陽生命 国内初の“認知症診断が基準”の保険商品を発売

一時金は最大300万円 認知症の発症に伴ってかかるリスクとして最も意識されることの1つである、経済的負担について、太陽生命保険株式会社は最大で300万円を「一時金」として支払う保険商品を、3月から新た …

no image

コミュニケーションロボット「テレノイド」、在宅療養者体験モニター実施

第1期と第2期に分けて実施 株式会社テレノイド計画は、11月21日、コミュニケーションロボット『テレノイド』の在宅療養者体験モニターについてプレスリリースを発表した。 同体験モニターは、第1期と第2期 …

no image

厚労省 地域医療構想に関する検討会を開催

地域医療の実態把握に関して 厚生労働省は26日、「第12回地域医療構想策定ガイドライン等に関する検討会」を開き、超高齢化社会の進展を受けて重要性が増してくる地域医療の発展の方向性を議論した。 検討会で …