介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

排泄予知デバイス研究開発企業が、約5億円の資金調達

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

最大5億円の資金調達

排泄予知デバイス「ディーフリー」の企画研究開発を進めるトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社が7月4日、総額約5億円の資金調達したと発表した。

資金調達は、合わせて6社を引受先とする総額約4億円の第三者割り当て増資と、1社及び1金融金庫から総額で最大1億円の借り入れによるもの。

同社は、既に同製品の排尿予知機能まで開発が終了し、大手介護施設等でのトライアルを実施している。現在は排泄予知デバイスとしての同製品の開発に注力しており、調達した資金で、一日も早い製品化と量産及び販売を目指す。

排泄予知デバイス

同製品は専用のテープなどで利用者の下腹部に装着し、超音波センサーで排泄のタイミングを予知する。排泄のタイミングが近づくとスマートフォンに通知させるが、他の機器で通知を受け取る方法も予定している。

同製品は、高齢者や体に障がいのある人、車いす利用者で排泄の準備に時間がかかる人の他、排泄に悩みのある全ての人を対象にしているが、完成すれば、まず介護施設向けに販売する予定。

事前に排泄のタイミングが分かることにより、施設での排泄ケア業務の効率化やおむつ代などコスト削減だけでなく、被介護者の生活の質向上も見込まれる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ディーフリー ホームページ
http://dfree.biz/

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社プレスリリース(PRTimes)
http://prtimes.jp/

関連記事

no image

ワタミの介護は新たに「SOMPOケアネクスト」へ

株主譲渡が完了後から新名称に 損保ジャパン日本興亜ホールディングス株式会社は、ワタミの介護株式会社の子会社化にともなう社名を「SOMPOケアネクスト」にすると発表した。 新名称はワタミの介護の株式譲渡 …

no image

ライトの点灯で見守り 実証実験を開始

日常生活の異常を点灯・消灯で検知 ボクシーズ株式会社とビッグローブ株式会社、株式会社ユニバーサルスペースは25日、電球とIT技術を連携させた見守りサービス「つながりライト」を実証実験することを発表した …

no image

神奈川県にて「介護事業所の人材定着向上セミナー」

ユアブライト株式会社 ユアブライト株式会社では、2015年10月23日に、「介護事業所の人材定着率向上セミナー」を開催する。開催場所は、シアル(横浜市中区花咲町2-82)だ。無料セミナーで、20名限定 …

no image

人財採用・育成・定着の手法大公開セミナー

成功している事例を聞く事ができる 介護労働安定センターの主催により「人財採用・育成・定着の手法大公開セミナー」が九州で開催される。セミナーでは、介護事業所において人材不足を解決する取り組み事例などを聞 …

no image

介護事業所における部下指導に役に立つ!「指導力強化実践講座」

重要な職員強化 かながわ福祉サービス振興会では、「~部下指導に役立つ~指導力強化実践講座」を開催する。 日時は、2016年5月17日(火)10:00~16:00、場所は、横浜市の振興会セミナールームと …