介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

排泄予知デバイス研究開発企業が、約5億円の資金調達

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

最大5億円の資金調達

排泄予知デバイス「ディーフリー」の企画研究開発を進めるトリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社が7月4日、総額約5億円の資金調達したと発表した。

資金調達は、合わせて6社を引受先とする総額約4億円の第三者割り当て増資と、1社及び1金融金庫から総額で最大1億円の借り入れによるもの。

同社は、既に同製品の排尿予知機能まで開発が終了し、大手介護施設等でのトライアルを実施している。現在は排泄予知デバイスとしての同製品の開発に注力しており、調達した資金で、一日も早い製品化と量産及び販売を目指す。

排泄予知デバイス

同製品は専用のテープなどで利用者の下腹部に装着し、超音波センサーで排泄のタイミングを予知する。排泄のタイミングが近づくとスマートフォンに通知させるが、他の機器で通知を受け取る方法も予定している。

同製品は、高齢者や体に障がいのある人、車いす利用者で排泄の準備に時間がかかる人の他、排泄に悩みのある全ての人を対象にしているが、完成すれば、まず介護施設向けに販売する予定。

事前に排泄のタイミングが分かることにより、施設での排泄ケア業務の効率化やおむつ代などコスト削減だけでなく、被介護者の生活の質向上も見込まれる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ディーフリー ホームページ
http://dfree.biz/

トリプル・ダブリュー・ジャパン株式会社プレスリリース(PRTimes)
http://prtimes.jp/

関連記事

no image

柔軟で実践を重んじる思考。介護職の思考パターンに関する調査

知識環境研究会が調査 一般社団法人知識環境研究会は、日本の介護職の思考パターンに関する調査結果を実施し、その結果を10月25日に公開した。 同調査は、介護職55人と看護職55人を対象に、それぞれの職種 …

no image

「第2回多摩在宅医療・地域包括ケア研究会」開始

地域での医療、ケアを考える 多摩在宅医療・地域包括ケア研究会、一橋大学、大学院社会学研究科・市民社会研究センター、エーザイの主催により、多摩地区における在宅医療・地域包括ケアのあり方を考えるシンポジウ …

no image

「ユニバーサルマナー検定」神戸にて開催!

日本ユニバーサルマナー協会 日本ユニバーサルマナー協会は、2015年10月25日(日)、神戸ポートピアホテルにて「ユニバーサルマナー検定」の3級及び2級を開催する。 「ユニバーサルマナー検定」は、高齢 …

no image

高い専門性と低価格 医療・薬局・介護施設データベース「SCUEL Data」

営業にも顧客サポートにも便利なデータベース 病院検索アプリ「cowell(コーウェル)」の運営や情報収集プログラムの開発を手掛けるミーカンパニー株式会社は、新たな医療機関・薬局・介護施設データベースと …

no image

2本のポールを使うポール・ウォーキングで介護予防

ポール・ウォーキング教室を開催 複合型高齢者サポート施設「ハルサコミュニティ 羽田大鳥居」は、手軽な介護予防となる高齢者向けスポーツとして、ノルディック・ウォークの講習会「ポール・ウォーキング教室」を …