介護業界

Pepperを利用した「認知リハビリテーション」研究!【エクスウェア株式会社】


投稿日:
Pepperとウェアラブル端末

エクスウェア株式会社の島根支社は、人型ロボットPepper(ソフトバンクロボティクス)とウェアラブル端末を利用した「認知症のリハビリテーション」と「介護業務の負担軽減」の研究を実施する。

国立大学法人島根大学、医療法人エスポアール出雲クリニックとの共同研究だ。

研究の背景

超高齢社会となった日本において、認知症の高齢者は、今後も増加の一途をたどることが予想されている。厚生労働省の新オレンジプランによると、「2025年には、約700万人」と推定されている。

同研究は、この問題に対する人材確保や社会保障費の増加に対する対応として、おこなわれるものだ。

研究概要

研究は、高次脳機能障害デイケア「きらり」がおこなっているリハビリテーションに応用して、実証実験とフィードバックを実施し、成果の検証とビジネスモデルの構築をおこなう。

期待される成果

この研究を通して、「Pepperを利用した新たなリハビリテーション手法の確立」「ウェアラブル端末を活用したリアルタイムできめ細かいリハビリテーション」「ロボットとITとの連携によって、介護業務の負荷軽減」などが期待されている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Pepperを活用した認知リハビリテーション研究を実施 エクスウェア株式会社
https://www.atpress.ne.jp/news/106513

-介護業界

執筆者:

関連記事

no image

自分らしい人生を送るために!「第7回 高齢者集合住宅研究大会」を開催!

サービス付き高齢者向け住宅協会 一般財団法人 サービス付き高齢者向け住宅協会では、「第7回 高齢者集合住宅研究大会」を開催する。共催は読売新聞社。後援は国土交通省・厚生労働省だ。 日時は、2016年5 …

no image

厚労省の研究会 介護人材不足への解決案を提示

経済基盤の安定のためにも重要な課題 1日に開かれた厚労省の雇用政策研究会では、慢性的な介護・看護分野での労働力不足について、「人的資本の質の向上」「全員参加の社会にふさわしい働き方の構築」「人手不足産 …

no image

安全衛生管理研修会「社会福祉施設の職場を安全に」

人材確保は職場の安全確保から 中央労働災害防止協会の主催により、安全衛生管理研修会「社会福祉施設の職場を安全に」を開催される。安全な職場が働きがいのある職場であり、人材確保や定着につながっていく。 研 …

no image

「学習療法」が介護費用削減効果を生む!認知機能回復によりケアも容易に!

健康寿命延伸産業創出推進事業 公文教育研究会では、認知高齢者向けの「学習療法」(非薬物療法)実施施設で1年間、健常者向けの認知症予防プログラム「脳の健康教室」で半年間調査をおこなった結果を発表した。 …

no image

CareTEX2016「専門セミナー」開催について

介護に関する展示やセミナーを実施 ブティックス株式会社の主催により「第2回CareTEX2016 (ケアテックス)」が開始される。開催は2016年3月16日~18日(9時30分~17時)の3日間、東京 …