介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

「介護付きホーム」と呼んで 特定協

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

理解されていない現状

「特定施設入居者生活介護」の通称を「介護付きホーム」とすることが、15日に開かれた全国特定施設事業者協議会(特定協)の総会において定められた。

「特定施設入居者生活介護」は、その名前の難しさから、何を指すか、どのような役割を果たしているかが理解されていない現状がある。

「通所介護」を「デイサービス」、「認知症対応型共同生活介護」を「グループホーム」というように、「特定施設」「特定施設入居者生活介護」についても、法律上の正式名称とは別にイメージしやすい「介護付きホーム」という通称が必要と判断した。

住み慣れた地域で、終の棲家を

「特定施設入居者生活介護」とは、指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホームなどで、食事や入浴、リハビリなどの支援を行うサービス。

外部の指定介護サービス事業者と連携する外部サービス利用型の施設も存在し、住み慣れた地域の中で、最期まで自立したその人らしい日常生活を送るための選択肢の一つとして期待されている。

特定協は「介護付きホーム」のビジョンとして、入居者その人らしい暮らしの支援、多様な選択肢の提供、「終の棲家」の実現を掲げ、「介護付きホーム」の浸透と発展を図っていくとしている。

▼外部リンク

特定協からのお知らせ
http://www.tokuteikyo.jp/news/description.php?id=1501

関連記事

no image

スタッフの確保に効果アリ!「介護職員初任者研修」事業参入セミナー

「人材確保」に効果的 日本通所ケア研究会は、「『介護職員初任者研修』事業参入セミナー」を開催する。「介護職員初任者研修」の開講は、スタッフの確保に有効だという。 介護事業における最大のポイント「人材確 …

no image

「デイサービスの指導監査対応セミナー」開催について

不正の発生を事前に防ぐ 全国では、誤請求・不正請求・基準違反による報酬返還や指定事業取り消しなどが多く発生している。不正が起これば不信感にから、事業所のイメージダウン・利用者の減少などにつながる。 不 …

no image

「認知症介護フォーラム2015」を東京で開催

これからの認知症ケアについて考える 公益社団法人全国老人福祉施設協議会の主催、厚生労働省の後援による「認知症介護フォーラム2015」を開催する。 日本では65歳以上高齢者の4人に1人は認知症またはその …

no image

介護現場の事故を防止するセミナーを開講

現場が知りたかった事故のこと NPO法人 日本介護福祉教育研究機構は、「介護現場の実践的事故防止対策セミナー」を大阪で2015年8月30日(名古屋では10月25日、東京では12月5日)に開催する。 見 …

no image

働き方を選べる!グッドライフケア、「ワークスタイル選択制度」を導入!

より働きやすい職場環境を 株式会社グッドライフケアホールディングスは、従業員が働き方を選択できる「ワークスタイル選択制度」を導入した。 同社は、東京と大阪で居宅介護サービスを手がける会社だ。 4つのタ …