介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

タニタから運動機能分析装置「zaRitz BM-220」発売

投稿日: 【カテゴリー:介護事業

運動機能の状態を定量化できる

株式会社タニタは、脚の筋力やバランス能力といった運動機能の状態を、誰でも簡単に計測し、確認できる運動機能分析装置「zaRitz(ザリッツ)BM-220」を6月1日から発売を始めた。

同製品は、椅子から立ち上がるだけで、脚の筋力とバランスを測定、「パワー」「スピード」「バランス」の3項目により、運動機能を評価する。

簡単に介護予防ができる

一般に年を取ると全身の筋肉量は減少し、これに伴い身体の運動機能も低下すると言われている。筋力が低下すれば、バランス機能も低下し、転倒・骨折の危険性が高くなる。

「zaRitz(ザリッツ)BM-220」を活用すれば、自身の筋肉量や運動機能がどれくらいなのかを知ることができ、介護予防、リハビリを効率的に進めることが可能となる。

高齢者福祉施設などでの活用を期待

「zaRitz(ザリッツ)BM-220」の希望小売価格は、50万円(税抜)。高齢者福祉施設、運動教室、介護施設、医療・研究機関などを中心に年間100台の販売を計画しているとのことだ。

同社は本商品を通じて、国が掲げる「健康寿命の延伸」に向けた介護予防などに寄与していきたいと考えている。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社タニタプレスリリース
http://www.tanita.co.jp/press/detail/2016/0531/

株式会社タニタ
http://www.tanita.co.jp/

関連記事

no image

「認知症ケア研修会2016』を福岡・大阪・横浜で開催

認知症ケアの質を高めることができる 日本通所ケア研究会は、認知症の人が望む生活を実現するための新しいケアの確立、支援の工夫やシステムづくりを学ぶ「実践!認知症ケア研修会2016」を福岡・大阪・横浜で開 …

no image

介護事業者向け「生前整理の窓口サービス」を開始!認定講座も

「介護版 生前整理の窓口サービス」の提供 一般社団法人生前整理普及協会は、介護利用者の生活をトータルで支援する「介護版 生前整理の窓口サービス」の提供を開始する。 具体的には、片付けや家事支援・相続サ …

no image

「めっちゃ好きやねん老健(全老健施設大会)」秋に開催

大会テーマは「めっちゃ好きやねん老健」 公益社団法人全国老人保健施設協会の主催により、大会テーマ「めっちゃ好きやねん老健」・サブテーマ「咲かせよう 医療と介護の大輪の花」で開催する。 開催概要について …

no image

「はんしんいきいきデイサービス」10号店開業

はんしんいきいきデイサービスを阪急・阪神沿線へ開設を進める 阪神電気鉄道株式会社は、リハビリ特化型デイサービス「はんしんいきいきデイサービス伊丹店(10号店)」を7月1日に開業する。 同施設は、今まで …

no image

第一興商「高齢者向けカラオケ支援」に関する実証実験を開始

コミュニケーションロボットによる高齢者向けカラオケ支援 第一興商とNTTは、第一興商が展開する生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」とNTTの研究所が研究開発を進めるインタラクション技術等を活用 …