介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

新しい介護の形 「新型多機能サービス」とは

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

要介護3以上を対象としてサービス確立へ

地域包括ケア推進研究会準備委員会は20日、2018年度の介護報酬改定に向けた提言を発表し、「最期まで自分らしく安心して暮らせる地域づくり」のための環境の整備を進めていくことが示された。

記者会見したのは宮島 俊彦岡山大学客員教授らが顧問を務める民間団体で、「新型多機能サービス(仮称)」の創設により、小規模多機能型居宅介護と定期巡回・随時対応型訪問介護看護を融合する枠組みを作っていくことの重要性を訴えた。

長岡福祉協会やこうほうえん、ノテ福祉会などの社会福祉法人の理事長が中心となる団体は、「新型多機能サービス」を目玉とする介護制度を、24時間の訪問体制をとり、複数回・短時間の対応も視野に入れた、要介護3以上を対象とした介護サービスとして確立していきたい方針だ。

目指すは「治し支える医療」

団体は「治す医療」よりも生活の質の向上を目的とした「治し支える医療」を目指していくことを明らかにした。

「新型多機能サービス」ではオペレーターの役割を担う職員も配置し、サテライトでの受け入れ体制も考慮して複数の主体が連携して関われる仕組みとしていくとしている。

ノテ福祉会の対馬徳昭理事長は、「これまでの経験を踏まえて、小規模多機能と定期巡回・随時対応サービスを見直す時期に来ている」と、「新型多機能サービス」の実現の重要性を指摘した。

▼外部リンク

地域包括ケア推進研究会準備委員会 提言書
http://www.kohoen.jp/asset/00032/houjin/teigensyo2.pdf

関連記事

no image

日本は世界で8番目に高齢者が住みやすい国 アジアトップ

医療に関しては世界一 世界規模で見つめた高齢者のライフシーンを調査している国際団体「ヘルプエイジ・インターナショナル」(本部ロンドン)は9日、“高齢者にとって住みよい国”をテーマとした世界ランキングを …

no image

改正道路交通法で認知症検査実施

認知症でも運転やめられず 認知症の可能性がある男性の高齢者の約6割が、自動車の運転をやめずに継続しているという調査の結果を、国立長寿医療研究センターの研究チームがまとめた。日経新聞や読売新聞が伝えてい …

no image

ロボットアプリ開発の実績を持つ2社が、戦略的協業を開始!介護やハルスケア分野の実績も

ロボティクス事業における戦略的協業を 株式会社ヘッドウォータースとフューブライト・コミュニケーションズ株式会社がロボティクス事業において戦略的協業を開始した。 ヘッドウォータースは、ロボットアプリの開 …

no image

「見守り・コミュニケーション」機種開発数、2年で840%増。ロボット企業調査

「介護・福祉」目的ロボット、全体の12.1% アスラテック株式会社は、2016年に国内で開発されたサービスロボットの動向に関する調査を実施し、その結果を11月10日に発表した。 製作された新サービスロ …

no image

年金情報流出問題で相次ぐ不審電話 詐欺に一層警戒を

狙われるお年寄り住宅 警察庁も注意促す サイバー攻撃により日本年金機構の管理する加入者の個人データが125万件に渡り流出した問題で、それに便乗した詐欺まがいの電話が全国で相次いでいることが判明した。 …