介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

民間資格「レクリエーション介護士1級」東京・大阪で開始

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

レクリエーション介護士2級の取得者は9,300人を超える

スマイル・プラス株式会社は、2016年4月にレクリエーション介護士1級を創設し、5月より同資格講座の受講を開始したと発表した。

「レクリエーション介護士」は、同社が2014年9月に創設した民間資格で、介護や高齢者に対する基礎知識、介護レクリエーションをおこなうことで高齢者の笑顔にする資格だ。2016年4月末現在で、レクリエーション介護士2級の取得者は約9,300人を超えている。

レクリエーション介護士1級資格とは

レクリエーション介護士1級を取得できる対象者は、レクリエーション介護士2級取得者であること、同講座を指定された日時、場所で受講できる心身ともに健康な人となる。

受講期間は、2016年6月コース(東京)、2016年8月コース(大阪)が予定されており、今後も受講コースを実施するとのこと。講座では、2級で学習したアイスブレイク理論の実習、集団レクリエーションの実践、フォローアップ研修などを学ぶ。

全てのカリキュラムを修了し、試験に合格した受講生には認定証を発行するとのこと。

気になる受講料は、「アイスブレイク体験会」3,240円(税込)、「必須講座」81,000円(税込)、「フォローアップ研修」3,000円~(4講座あり)、認定試験8,640円(税込)となる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

スマイル・プラス株式会社プレスリリース
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000012929.html

関連記事

no image

介護予防医療の健康サロン「KAATSU WELLNESS SALON」第1回インストラクター養成講習会

KAATSU JAPAN株式会社 KAATSU JAPAN株式会社では、中高年・高齢者向けの介護予防医療や健康増進のための健康サロン「KAATSU WELLNESS SALON」のライセンス事業の開始 …

no image

「人件費が上げられない」と医師会が介護報酬改定を批判

医師会が介護報酬改定の内容に疑問を投げた 政府は2月11日におこなわれた閣僚による折衝で、介護報酬を2015年度から全体でマイナス2.27%引き下げることを正式に発表した。改定率は9年ぶりのマイナスと …

no image

愛知県にて、介護事業者向けマイナンバー制度対策

一般社団法人福祉経営綜合研究所 一般社団法人福祉経営綜合研究所は、愛知県にて、セミナー「介護事業者が対応すべきマイナンバー制度とプライバシー保護、個人情報保護との関係」を開催する。2016年1月より本 …

no image

平成28年度 介護老人保健施設の会計・経理に関する研修会について

財政状況等を適正に把握するための知識を習得する 全国老人保健施設協会の主催により「介護老人保健施設の会計・経理に関する研修会」が開始される。 同研修会では、正確な損益計算書の作成、介護事業経営実態調査 …

no image

表紙は高橋尚子さん。ザップ、介護情報誌「あいらいふ」7月号発行

毎月第4木曜日に発行 介護施設紹介事業『あいらいふ入居相談室』を運営する株式会社ザップは、6月23日、月刊介護情報誌『あいらいふ』の7月号を発行した。 同社は、毎月第4木曜日に『あいらいふ』を発行して …