介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

エンドオブライフ・ケア協会 設立1周年シンポジウムを4月に開催

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

1年を記念して開催

エンドオブライフ・ケア協会は、人生の最終段階に対応できる人材育成を養成するために2015年4月に設立した。今回、同協会 設立1周年を記念して「エンドオブライフ・ケア最前線の現状と課題~介護現場と非がんの問題を中心に~」をテーマにシンポジウムが開催される。

受講対象者は、医療・介護従事者、またシンポジウムテーマに関心がある人なら誰でも参加ができる。

開催概要について

開催日時は、2016年4月23日13時~16時45分(開場:12時30分)、会場は、日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(東京)、受講料は、会員:2,000円、非会員3,000円となる。

17時30分からは懇親会が予定されており、これに参加する場合は、別途3,000円(予定)が必要となる。

同協会の活動報告や受講生の声などを聞いた後、シンポジウムがおこなわれる。

シンポジウムは2部に分かれており、第1部は「介護現場のエンドオブライフ・ケア」と題して山本進氏(老施協総研運営委員会委員、特別養護老人ホームしゃくなげ荘 施設長、北海道老人福祉施設協議会 副会長)がおこなう。

第2部は、「非がんのエンドオブライフ・ケア」と題して長尾和宏氏(同協会理事)、小野沢滋氏(同協会理事)の二人がおこなう予定だ。

(画像はエンドオブライフ・ケア協会より)

▼外部リンク

エンドオブライフ・ケア協会 設立1周年シンポジウム
https://endoflifecare.or.jp/event/20160423/

エンドオブライフ・ケア協会
https://endoflifecare.or.jp/

関連記事

no image

認知症患者に対するコミュニケーションセミナー開催について

「なぜ?」「どうして?」、解決のヒントを見つかる 日本通所ケア研究会の主催により、認知症の人の言動、どのように理解し、寄り添えばよいかなどについて学ぶ研修が、大阪と名古屋で開催される。 開催概要につい …

no image

千葉大学、インフルエンザを予防するシナモンを使用した「マスク」の開発に成功!

実用化にめど 国立大学法人千葉大学では、インフルエンザの予防効果があるシナモンを使用した「マスク」の基本設計を完了。実用化にもめどがついたことを発表した。 シナモンの香り成分「シンナムアルデヒド」は、 …

no image

用途の幅広い次世代パーソナルモビリティ【WHILL Model A】

開発当初から一般向けの利用も考慮 体の不自由から100mほどの外出にも社会的な不安や物理的なリスクを感じる人々の行動範囲を、快適に広げることを目的に開発が始まったというパーソナルモビリティを販売するW …

no image

EPA介護士候補者、次の受け入れ施設の募集は4月中旬から

仙台、福岡、大阪、東京の4カ所において説明会を予定 公益社団法人国際厚生事業団は、「平成28年度、経済連携協定(EPA)に基づく外国人看護師、介護福祉士候補者受け入れ説明会」を2015年4月15日(水 …

no image

寝たきりの人にやさしいナイトウェアを発売

ユニバーサルデザインのナイトウェア 株式会社Sydecasは16日、寝たきりの人に対して着用介助が簡単にできる、ユニバーサルデザインのナイトウェア「ユニユルク」を発売することを発表した。 介助者の負荷 …