介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

認知症の人がおこした事故は、その家族が賠償責任を負うべきなのか?

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

認知症ONLINE

『認知症ONLINE』を運営する株式会社ウェルクスでは、認知症の介護経験者(100名)に対してアンケート調査を実施した。

認知症の人がおこした事故に対する賠償

2007年に、認知症の男性が徘徊中に列車にはねられて死亡した。この事故に対し、JR東海では、男性の妻に監督責任があるとし、損害賠償請求をおこなっている。

認知症の人がおこした事故に対して、その家族はどこまで責任をもたなくてはならないのだろうか。

アンケート結果

アンケートで「『徘徊中の事故で発生した損害を介護家族(遺族)が支払うべき』という第二審判決を支持するか」という問いに対しては、「賛成・家族が賠償すべき」だと考える人は8%、71%の人が「反対・家族が賠償すべきではない」と回答した。

その一方で「認知症の人を看護する家族に『監督責任』があると考えるか」という質問に対しては「介護家族に『監督責任』はない」との回答が17%、「介護家族に『監督責任』がある」と回答した人は65%となった。

多くの人が家族内の認知症患者の行動に『介護責任』があると考えていることがわかる。

今後どうしていくべきか

さらに「今後、認知症の人による事故が発生した場合、どう賠償すればいいと思うか」との質問に対しては、「国、公的救済制度の創設」が80%、「民間保険制度の拡充」が59%、「介護家族、親族が賠償する」は10%という結果となった。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

調査結果◆介護経験者70%が反対|認知症徘徊で起きた事故、家族は賠償責任を負うべきか
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000050.000013773.html

関連記事

no image

停電時でも利用できる!自動ラップ式トイレのバッテリーが性能強化!

水のいらない自動ラップ式トイレ 日本セイフティー株式会社は、販売中の「ラップポン」のバッテリー「LIB5」(2016年3月生産終了)について、性能を強化した「LIB5-DX」の販売を2016年7月27 …

no image

「第17回 西日本国際福祉機器展」北九州市にて開催

西日本総合展示場にて 西日本国際福祉機器展実行委員会は、2015年10月29日(木)~31日(土)に「第17回西日本国際福祉機器展」を開催する。場所は北九州市の西日本総合展示場。入場は無料だ。開催時間 …

no image

人生の「最終段階」に役に立ちたいと考える介護者へ「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」

大阪にて講座開催 一般社団法人 エンドオブライフ・ケア協会は、2016年5月14日・15日「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」を開催する。 時間は2日間共に10:00~18:00。場所は、イオ …

no image

第2回ケアの質を上げる研修会(ICFを活用したケアプラン)」

人気の研修会 公益社団法人全国老人保健施設協会の主催により「第2回ケアの質を上げる研修会(ICFを活用したケアプラン)」を開始する。 同研修は、東京で開催するが既に満席となっている。 開始概要について …

no image

胃ろう・吸引 気管カニューレのシミュレータ デモを開催

使いやすさを追求したシミュレータ エッチ・シー・エムサービス株式会社(東京都港区西新橋2-20-1-3F、代表取締役:大橋 進)のシミュレータ、マスターシリーズのデモンストレーションが11月10日に開 …