介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

これからの介護に求められるものとは。「希望としての介護フェスタ」

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

株式会社雲母書房

株式会社雲母書房は、「希望としての介護セミナー2015 ファイナル『希望としての介護フェスタ』」を開催する。日時は、2015年12月19日(土)10:00~16:30。場所は、東京都文京区の林野会館となっている。定員は300名。参加費は5,000円だ。

魅力的な講師陣

講師は、生活とリハビリ研究所代表の三好春樹氏を始め10名。看・介護士や、リハビリ研究の研究員、シーティングエンジニア、紙芝居作家、介護紙芝居研究家など多岐にわたる講師陣が、1年間おこなったリレーセミナーを締めくくる。

2つの会場で

10:00~16:30まで予定されているプログラムは第1会場と第2会場で異なる。10:00~11:00は、三好春樹氏の「希望としての介護2015」、下山名月氏の「ワンポイント介助技術」が開催される。

11:10~12:10には、髙口光子氏と鳥海房枝氏による対談「これからの施設介護」と、松本健史氏の「ワンポイント認知症ケア」を開催。

その後、昼食時には、介護用品の展示や書籍の販売がおこなわれる。

午後には、鳥海房江氏と稲川利光氏の対談「これからの高齢者医療」、大塚洋氏の「ワンポイント腰痛予防体操」を実施(13:10~14:10)。稲川利光氏と松本健史氏の対談「これかの生活リハビリ」、光野有次氏の「ワンポイントシーティング教室」(14:20~15:20)。

最後に三好春樹氏と髙口光子氏の「2016年の介護に向けて!」と、ときわひろみ氏と遠山昭雄氏の「爆笑!介護紙芝居教室」が予定されている。

交流会も

終了後は50名の先着順で交流会も開催。10名の講師が全員参加する。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

希望としての介護フェスタ【2015ファイナル】
http://www.e-kaigonavi.com/kirara/products

関連記事

no image

「認知症介護フォーラム2015」を東京で開催

これからの認知症ケアについて考える 公益社団法人全国老人福祉施設協議会の主催、厚生労働省の後援による「認知症介護フォーラム2015」を開催する。 日本では65歳以上高齢者の4人に1人は認知症またはその …

no image

「通所リハ重度者対応研修会」開催について

通所リハビリテーションに求められていること 通所リハビリテーション(デイケア)では、利用者の可能な限り、自宅で自立した生活が送れるように日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サ …

no image

特別養護老人ホームの約4分の1が赤字経営

特別養護老人ホームの経営状況レポート 12月8日、2014年度の特別養護老人ホームの経営状況をまとめたレポートを独立行政法人福祉医療機構が公表した。 特別養護老人ホームの4分の1が赤字 特別養護老人ホ …

no image

平成28年度 介護老人保健施設の会計・経理に関する研修会について

財政状況等を適正に把握するための知識を習得する 全国老人保健施設協会の主催により「介護老人保健施設の会計・経理に関する研修会」が開始される。 同研修会では、正確な損益計算書の作成、介護事業経営実態調査 …

no image

「第14回日本通所ケア研究大会」開催について

地域に根付くデイケアを考える 日本通所ケア研究会の主催により、「第14回日本通所ケア研究大会」合同開催として第11回認知症ケア研修会in福山が開催される。 同研究大会は、制度が求めているデイケアとは何 …