介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護報酬改定を受け2割以上の施設でベースアップ WAM調査

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

恒久的な財源としては捉えられていない側面も

福祉の増進と医療の普及向上を推進する福祉医療機構(WAM)は14日、今年から実施されている介護報酬改定を受けて、現場にどの程度の影響が出ているのかを調査したアンケートの結果を公表している。

その結果によると22.4%の施設で賃金のベースアップが行われていることが明らかになったが、その増加分の支給は一時手当てなどの副次的な支給方法が主となっており、WAMでは現状を「介護職員処遇改善加算で捻出された分を恒久的な給与財源に回すことには、事業者の間でためらいがみられる」と分析している。

事業者の半数以上が「減収」の経営見通し示す

今後の収益の推移を各事業者がどう予想しているかを訪ねた項目では、対象の56.7%が「減収になる」との見通しを示していた。

すでに処遇改善加算の届け出を行っていると答えた事業者は全体の99.0%に上っており、制度の浸透率には問題がない状況が伺い知れたが、経営悪化などで処遇改善が困難な事業者のための措置である「特別な事情に係る届出書」の提出率は1.8%に留まっていた。

また今回のアンケートによると3割以上の施設で介護職員以外のスタッフの処遇も改善の方向に向かっていることが示されており、今後の介護業界の規模拡大を見通しても、公平性の確保の面で有意義な傾向が見てとれたともいえる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

平成27年度介護報酬改定等の影響に関するアンケート調査の結果について
http://hp.wam.go.jp/Portals/0/docs/gyoumu/keiei/pdf/2015

関連記事

no image

アンケートで判明。介護職員が離職「家族の介護のために」

公益財団法人介護労働安定センターが8月5日公表したアンケート調査で、介護職に従事する人の離職理由が家族の介護によるものだったと回答した事業所がおよそ4分の1にのぼることが判明した。 介護保険サービスを …

no image

介護業界への定着を支援する新入社員研修「CHEER UP!」」本格的に開始

離職の防止や業界への定着につなげる 株式会社リクルートキャリアは、介護業界入職1年以内の職員を対象にした「CHEER UP!」研修を開発した。2014年7月より試験運用を始め、2015年4月より本格的 …

no image

『うたと音楽』が高齢者社会にできること

健康アライアンス5月勉強会 新社会システム総合研究所では、セミナーを開催する。 「健康アライアンス5月勉強会」日時:5月8日(金)19:00~20:30場所:日比谷コンベンションホール大ホール、日比谷 …

no image

「薬剤師体験インターンシップ」の在宅医療プログラムをレポート

薬剤師を育成するインターンシップ 全国で調剤薬局を運営する日本調剤株式会社は、全国で通年開催の「薬剤師体験インターンシップ」の中で在宅医療に取り組む事例レポートを発表した。 同社は高齢化社会の地域医療 …

no image

「あなたのうつ 私のうつ となりのうつ」 を開催

誰にでも起こりうるうつ病 朝日新聞厚生文化事業団の主催により、講演、てい談を開催する。開催日時は2015年5月9日(土)13時から16時、開催場所は朝日新聞名古屋本、朝日ホール。 参加費は1,000円 …