介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

依然最多ペースの介護事業所の倒産 その背景は

投稿日: 【カテゴリー:介護業界

新規事業者には厳しい環境になりつつある介護業界

東京商工リサーチが取りまとめたデータによると、企業間競争激化や人手不足などのあおりを受けた介護事業者の倒産件数は、2000年に介護保険制度が始まって以来今年1月から8月までの間に過去最多ペースを記録しているという。

これまでの介護事業者の倒産件数としては昨年・一昨年の54件が記録されているが、今年はすでにその件数を上回っており、4月から施行の介護報酬改定の内容や、高い専門性と介護知識が求められる事業特色が、ノウハウの少ない事業所の経営に直接影響を与えてきたという見方もできそうだ。

東京商工リサーチの調べに寄るところでも、倒産に追い込まれているのは経験の乏しいいわゆる零細企業で、倒産企業の約半数は、事業を立ち上げてから5年以内の新規事業者の経営によるものだった。

厚労省は現場の動向を注視していく構え

一方で厚生労働省が公表したデータによると、介護関連施設・事業所の総数自体は伸びを示し続けており、今年4月から6月までの間に1万7306件の新施設・事業所が全国に開設されている。

厚労省では各々の事業所の経営状況を詳しく把握していきながら、全体的な制度設計を進める審議会などを通じて現場の動向を見極めていきたい考えを示している。

また介護事業所の倒産が増加している背景には、昨今の景気回復によって他業種へ人材が流出しているためだという、社会的要因を挙げる意見も存在しているようだ。

(画像は東京商工リサーチHPより)

▼外部リンク

東京商工リサーチ
http://www.tsr-net.co.jp/

関連記事

no image

通所サービス事業成功に向けた経営戦略セミナー

翌日から実践できる 保健・医療・福祉サービス研究会の主催で「通所サービス事業成功に向けた経営戦略セミナー」が開催される。セミナーで学んでも翌日から改革につなげるということは難しい。しかし、今回のセミナ …

no image

「外国人技能実習制度」が介護分野対応に 来年から

与野党が賛成 人手不足が深刻な課題となる介護の現場において、外国人実習生の活用は待ったなしの実際的な論点であるが、18日の参議院本会議では「外国人技能実習制度」をより適切に運営していくための施策を盛り …

no image

神奈川県特定施設研究大会の演題募集を募集!!

更なるプロ意識の構築を目指して開催 かながわ福祉サービス振興会の主催により「神奈川県特定施設研究大会」を平成28年2月5日(金)に横浜市開港記念会館講堂にて開催する。 本年度は「いつまでも自分らしく~ …

no image

UBMメディア、「保険外サービス展2017」来場事前登録を開始

日本唯一の専門展 UBMメディア株式会社は、11月16日、同社が2017年1月に東京ビッグサイトにて開催する『保険外サービス展2017』の来場事前登録を開始した。 同展は、介護サービス事業の経営者・従 …

no image

音楽介護予防教室「泉佐野元気塾」が6月よりスタート!

DKエルダーシステム導入 株式会社第一興商は、大阪府の泉佐野市内の町会館・自治会館・公共施設など計35カ所に生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」を導入する。 さらに泉佐野市では6月より、「DK …