介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

厚労省が外国人に対する介護保険制度の姿勢を説明

投稿日: 【カテゴリー:介護保険・政府

住民基本台帳に登録のケースでも介護保険は対象外

厚生労働省が31日発表の介護保険最新情報Vol.495によると、規定が見直された「出入国管理・難民認定法」を受け、国内に滞在する外国人の扱い方を改めて各自治体に説明する方針だ。

外国人の扱いに関しては保険の対象の可否など、社会保障と関わりのある分野で課題に挙げられる事項も少なくないが、住民基本台帳に登録してある滞在者においても、外国人においては「介護保険の被保険者にはならない」とするルールを明確に示している。

富裕層の滞在可能日数は1年まで延長

政府は富裕層の外国人に対して日本国内へ滞在可能な期間を延長する政策を施行したばかりだが、「90日間が上限」とされていた観光・保養目的滞在者のケースで、最長を1年とする滞在可能期間まで引き延ばしが行われている。

政府の狙いとしては、将来的な観光立国を目指す傍ら国内の観光産業の成長や育成につなげ、あわせて地域の活性化を図る目的があると思われる。

今回の介護保険最新情報において示された厚生労働省のQ&Aでは、「外国人が住民基本台帳に登録した場合、被保険者としての扱いの可否」の質問に対して、「生活の本拠が当該の市町村に存在しているとはいえないため、被保険者になり得ない」とする回答を示している。

政府は外国人の受け入れ政策を検討する一方で、社会保障サービス関連の分野では日本国民との区分けを維持する姿勢のようだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

介護保険最新情報Vol.495
http://www.care-mane.com/pdf/feature/q&a/vol495.pdf

関連記事

no image

介護分野の文書に係る負担軽減に向けた専門委員会が発足。

2019年6月20日に開催された「第78回社会保障審議会介護保険部会」において「介護分野の文書に係る負担軽減に向けた専門委員会の設置」の審議が行われました。行政への提出書類におけるローカルルール、介護 …

no image

介護保険最新情報vol.511発出。

介護保険最新情報vol.511 厚生労働省は1月7日、介護保険最新情報vol.511を発出した。 調査回答依頼 介護保険最新情報vol.511の中で改めて介護職員の処遇の実態を把握するために進めている …

no image

イーエムシステムズ、「医療介護連携ソリューション」「ユニケア・クラウド」販売へ

「地域包括ケアシステム」を支援するツール 株式会社イーエムシステムズは、4月8日、新製品「医療介護連携ソリューション」並びに介護保険請求ソフト「ユニケア・クラウド(仮称)」販売に関する発表を行った。 …

no image

介護保険料全国平均が5000円を突破

第6期の介護保険料は5000円台突破 厚生労働省は、第6期計画期間(2015年度から2017年度まで)の65歳以上の介護保険料が、全国平均で月額5514円になると発表した。 2025年には8000円台 …

no image

高齢者もネット関連のトラブルが増加 消費者白書発表

27年度版 消費者庁では、平成27年度版の消費者白書を公表した。これによると、スマートフォンの普及率が急速に進行。70歳以上の世帯でも3割の保有率となっている。また、これにより、家計におけるインターネ …