介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

【取材レポ】ケアマネの処遇改善へ議論。賃金アップに賛成の声多数

投稿日:2019年10月15日 更新日: 【カテゴリー:介護保険・政府

10月9日の第83回社会保障審議会介護保険部会では、ケアマネジャーの処遇改善について検討していく方針が示され、多くの委員から賛成意見があがりました。厚生労働省は、2021年度の介護報酬改定に向けて議論していくとしています。

【目次】

  1. ケアマネジャーに求められる役割
  2. 介護予防ケアプラン、外部委託へ整備

ケアマネジャーに求められる役割

ケアマネジャーの処遇改善が論点となったのは、今回の議題のひとつである「地域支援事業等の更なる推進」の議論。資料では、介護の相談先として「ケアマネジャー」と回答する人が最も多いというアンケート結果が共有され、ケアマネジャーが介護サービスの入口として、また、利用者や介護者のサポーターとして、世間一般に浸透していることが示されました。

個々の高齢者が抱える課題が複雑化している中で、ケアマネジャーには、医療と介護の連携や、地域のインフォーマルサービスの活用など、幅広い知識や調整力といった、高度なスキルが必要とされています。地域支援の中心的な存在として、期待が高まるばかりです。

委員からは、介護職の処遇改善が進む一方、ケアマネジャーが置き去りになっている現状に対し、介護サービスの要となるケアマネジャーの不足を危惧する声があがりました。ケアマネジャーの安定的な確保のため、賃金引上げなどの処遇改善に対して、賛成意見が多数を占めました。2021年度の介護報酬改定に向けて、大きな議題のひとつとなりそうです。

介護予防ケアプラン、外部委託へ整備

厚生労働省は、地域包括支援センターの人員配置の強化や、介護予防ケアマネジメント業務を地域の居宅介護支援事業所に委託しやすい環境を整備するなど、地域包括支援センターの負担を軽減する方針を示しました。これに対し委員からは、一部ではなく、介護予防ケアマネジメント業務すべてを外部委託にしてはどうか、という意見もありました。

介護予防のケアプランの外部委託については、居宅介護支援事業所への委託料の安さについて、懸念の声が目立ちました。資料によると、一件あたりの委託料は4000円程度が多く、3700円未満という地域も存在しています。外部委託を進めるならば、委託料の引上げについても検討が必要だという意見がありました。

ケアマネジャーの処遇改善や仕事内容など、居宅介護支援事業所の経営に直結する議論が進んでいます。議論の動向をチェックしておきましょう。

取材:(株)エス・エム・エス 取材チーム

関連記事

no image

【取材レポ】第2号被保険者の対象年齢引き下げには反対意見多数

10月9日に行われた第83回社会保障審議会介護保険部会では、被保険者・受給者範囲の見直しについても議論が行われました。 2号被保険者(40歳~64歳までの医療保険加入者)の年齢引き下げに関しては、第8 …

no image

厚労省の介護報酬改定に関するQ&A 第四弾

複数事業者が関わる場合の算定方法などについて 厚生労働省は今年4月から施行されている介護報酬の改定について、各都道府県および指定都市の介護保険主管部にあてたQ&Aを作成、発布して新制度の周知徹底を図っ …

no image

ケアマネジメント改善のためのモデル事業 来年度から開始へ

新しいケア事業モデル構築への動き 厚生労働省は26日、介護保険部会などにおいて様々な課題が指摘されているケアマネジメントの質を改善していくための新事業の準備費用として、来年度予算の見積もりに3億円を計 …

no image

出生率が9年ぶり低下、出生数は過去最少

調査の目的 厚生労働省は、平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況を発表した。この調査は、国内の人口動態事象を把握し、人口及び厚生労働行政施策の基礎データとすることを目的としている。 調査期間は、 …

no image

介護休業給付金 来年にも水準引き上げか

「育児休業給付金」と同じ水準を求める意見も 円滑な職場復帰を援助、促進することを目標に労働者の介護休業取得を支援するための制度「介護休業給付金」について、厚生労働省は現在の給付水準である「賃金の40% …