介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

介護分野の文書に係る負担軽減に向けた専門委員会が発足。

投稿日: 【カテゴリー:介護保険・政府

2019年6月20日に開催された「第78回社会保障審議会介護保険部会」において「介護分野の文書に係る負担軽減に向けた専門委員会の設置」の審議が行われました。行政への提出書類におけるローカルルール、介護現場の業務効率化など、ニュースに取り上げられている問題の解決に向けた専門委員会として注目されています。

【目次】

1.設置の趣旨と検討事項

「介護分野の文書に係る負担軽減の実現に向け、国、指定権者・保険者及び介護サービス事業者が協働して、必要な検討を行うことを目的として、社会保障審議会介護保険部会に介護分野の文書に係る負担軽減に関する専門委員会を設置する。」とされています。
主な検討対象は、行政と介護サービス事業者の間でやり取りされる文書となっています。
具体的には、以下の文書が該当します。

  • 指定申請関連文書
  • 報酬請求関連文書
  • 指導監査関連文書
  • その他、地域によって取扱に差がある分野の文書

委員からは、「様式を変えても、国、自治体からの目線と事業者側の目線が違うので、統一した様式が浸透しない可能性がある」との意見もありましたが、介護サービス事業者・従事者のメリット、保険者・自治体にとってのメリット、どちらの視点も取り入れることができるように委員が選任され、様式の統一、事務負担軽減に向けて専門委員会を設置する審議が終わりました。

2.活動予定

「介護分野の文書に係る負担軽減に向けた専門委員会の設置」について、社会保障審議会介護保険部会での審議が終わり、8月頃を目安に活動を開始する予定になっています。
この専門委員会は年内に3回程の開催とし、年内での議論の結果を社会保障審議会介護保険部会に提出する予定になっています。

3.まとめ

介護職の人材不足が深刻化する中で、介護現場における業務効率化、負担軽減は必要な取組とされています。今回設置された専門委員会で、どのような議論が行われるのか目が離せません。また、様式の統一化や簡略化によって負担が軽減し、更なる介護サービスの質の向上につながることが求められるでしょう。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

no image

補足給付について支給要件を緩和する新たな措置 厚労省

場合によっては「通帳コピーの提出」が不要に 厚生労働省が13日に発表した「介護保険最新情報Vol.490」では、8月から適用される介護関係サービス費負担増のルールやその解釈について関係各団体への呼びか …

no image

厚労省「選定療養として導入すべき事例等」に関する意見を募集

厚労省のホームページで広く募集 厚生労働省は、「選定療養」の対象範囲を見直すために、国民から意見や提案の募集を開始した。募集期間は平成27年4月3日まで、集まった提案は中央社会保険医療協の議会(中医協 …

no image

改正介護保険制度に関する広報ポスターについて 厚労省

利用者の負担増につながる制度改正 厚生労働省老健局高齢者支援課は、改正介護保険制度に関する広報ポスター配布に関する通知を全国自治体の介護保険担当課に向け配信している。 地域における医療や介護のトータル …

no image

介護サービスの多くで収益低下 厚労省経営概況調査

介護報酬改定前より収支差率が低下 厚生労働省は12月28日、介護事業経営概況調査の結果を発表した。 各介護サービスの収支差率について、介護報酬改定前の平成26年度と改訂後の平成27年度の状況を比較した …

no image

長期入居者に「マイナンバー」届出が必要な場合も、国が協力要請を依頼

マイナンバーを確実に受け取るために協力を要請 10月5日以降から「マイナンバー」が記載された「通知カード」が住民票の住所地に簡易書留で送付される。 厚生労働省や総務省は送付開始を前に、通知カードが確実 …