介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

第3回社会福祉法人の事業展開等に関する検討会

投稿日: 【カテゴリー:介護保険・政府

これまで開催されていた2回についてお伝えしていた「社会福祉法人の事業展開等に関する検討会」の第3回が2019年6月17日に開催されました。今回は、これまでの議論の整理を議題として、社会福祉法人の事業展開等について議論が行われましたので、その内容をご紹介します。

【目次】

1.社会福祉法人の連携・協働化の取組の推進

これまでの意見を考え、今後の対応に向けた考え方が以下のように示されています。

  • 社会福祉協議会の役割として、引き続き社会福祉法人の連携の中核として、複数法人間連携による地域貢献の取組を推進していく
  • 社会福祉協議会と連携し、小規模法人のネットワーク化による協働推進事業における法人間連携を推進していく
  • 個々の社会福祉法人が、自主的に連携・協働化の取組を進めるために、厚生労働省は事例収集等により横展開を推進していく
  • 災害福祉支援ネットワークの構築による連携が法人間連携のきっかけとしても有効であることから、このような取組を推進していく

2.社会福祉法人が主体となった連携法人制度の創設の検討

今後の対応に向けた考え方は以下のように示されています。

  • 社会福祉協議会の仕組みは重要であるが、連携方策の選択肢の一つとして、社会福祉法人主体の連携法人制度の創設に向け検討を進める
  • 社会福祉法人の収入・収益について、法人外への支出は認められていないことに留意して進める
  • 法人合併による大規模化は、法人間の合意形成が難しい側面があるため、連携法人制度の創設を進める

3.希望する法人が大規模化に円滑に取り組めるような環境整備

今後の対応に向けた考え方は以下のように示されています。

  • 大規模化は、希望する法人の自主的な判断のもと進められ、そのための環境整備を進める
  • 合併、事業譲渡、法人間連携の好事例の収集等を行い、希望法人向けのガイドラインの策定(改定)を進める
  • 組織再編の会計処理について、社会福祉法人は法人財産に持分がないことなどに留意しつつ、会計専門家による検討会で整理を進める

4.まとめ

「第3回社会福祉法人の事業展開等に関する検討会」では、社会福祉法人の連携・協働化及び大規模化についての制度の創設・見直しに関して必要性を感じていることは委員の方々の意見として共通しているが、その方向性については様々な意見が交わされました。その中でも、社会福祉法人の連携・協同化が進むことで社会福祉協議会の在り方や担う役割について検討すべきという意見が印象的でした。
この検討会での議論の内容は、社会保障審議会等で更に議論され、ガイドラインの制定や制度の創設・改定に繋がっています。今後の開催予定は未定ですが、今回の論点整理後に検討会が開催される時には、また状況をお伝えしたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

no image

買物弱者、増加傾向に~経済産業省の調査結果

700万人に 経済産業省は4月15日、「買物弱者問題に関する調査結果をとりまとめました~地域の住民・事業者・行政等が一体となった対策のあり方を提言~」を発表した。 調査結果によると、買物弱者は前回の調 …

no image

介護福祉士、精神保健福祉士ともに、次回より国家試験の受験料がアップ

一部を改正する政令案の概要 厚生労働省は、介護福祉士と精神保健福祉士の国家試験の受験手数料を次回より引き上げるとしている。 介護福祉士の現在の受験手数料は10,650円、改訂後(予定)は13,140円 …

no image

経済財政諮問会議 2020年までに後発医薬品使用率80%超えを目標

後発品の“使用原則化”も盛り込む 国の重要政策を論議する経済財政諮問会議は22日、素案として議論された「経済財政運営と改革の基本方針2015(仮称)」を提示した。 その中で今後の後発医薬品(ジェネリッ …

no image

社会福祉法改正案が可決される 福祉制度を円滑・健全化

スピード審議での可決 衆議院における厚生労働委員会は29日、社会福祉法などの一部を改正する法案を自民、公明、民主、維新などの出席議員の賛成多数により可決した。 今回提出された改正案は社会福祉法人と介護 …

no image

ドイツでのリハビリテーション視察の申込受付を開始

視察概要 ドイツは、日本と同じように少子高齢化社会が進んでおり、2050年度には高齢化率が32.7%になると予測される。 日本もドイツも、リハビリ、介護、福祉は、重要なテーマの一つとなっている。そこで …