介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

厚生労働省の『熱中症リーフレット』

投稿日: 【カテゴリー:介護保険・政府

厚生労働省

厚生労働省は「熱中症リーフレット」を発表、熱中症の注意・喚起をおこなっている。

熱中症予防のために

熱中症の予防のための大切なポイントは2つ。「暑さを避ける」ことと、「水分をこまめに補給すること」だ。

「暑さを避ける」のは、屋外に限った話ではない。外出時の日傘・帽子の着用や、こまめな休憩・日陰の利用などは言うまでも無いが、室内でのからだへの蓄熱は危険だ。

室内で過ごす場合にも、扇風機・エアコンによる温度の調節、遮光カーテン・すだれ・打ち水の利用などをおこない、室温をこまめに確認することが大切。

室温だけでなく、着衣についても、通気性がよく、保湿性・速乾性のある衣服を利用し、保冷剤や氷、冷たいタオルなどで蓄熱を避ける必要がある。

WBGT値

熱中症の予防には、「WBGT値」も有効。「WBGT値」は、暑さの指数で、気温・湿度・放射熱から算出されるもの。作業の度合いや運動に応じ、基準値が異なる。環境省のホームページに、観測値・予測値が掲載されている。

こまめな水分補給

水分補給は、こまめに。のどの渇きを感じていなくても、水分・塩分・経口補水液などの補給をおこなう必要がある。

熱中症の症状

熱中症の症状は、めまい・たちくらみ・気分が悪い・虚脱感など。重症になると意識消失やけいれんなどを引き起こすこともある。正しい予防法と症状を把握し、自分自身や周囲に気を配り、熱中症による健康被害を防ごう。

リーフレットには、熱中症を疑われる人への対応も掲載している。

(画像は「熱中症予防リーフレット」)

▼外部リンク

熱中症予防のために
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000086895.html

関連記事

no image

「お互いに助け合っている」 70歳以上が微減

栄養バランスなどが重点項目 厚生労働省は14日、平成27年「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。 平成27年調査は、栄養バランスのとれた食事、運動ができる場所、適正な休養の確保、受動喫煙の防止など、 …

no image

過去最低を更新、子どもの人口は34年連続の減少中

進み続ける少子化 総務省統計局では、「子どもの日(5月5日)」にちなみ、平成27年4月1日現在における子どもの数(15歳未満人口)を推計した。 その結果、前年に比べ16万人少ない1617万人(昭和57 …

no image

介護保険最新情報vol.511発出。

介護保険最新情報vol.511 厚生労働省は1月7日、介護保険最新情報vol.511を発出した。 調査回答依頼 介護保険最新情報vol.511の中で改めて介護職員の処遇の実態を把握するために進めている …

no image

介護保険の負担贈へ 議論が本格化

PTが会合 3年ごとに制度改正がなされる介護保険制度は、平成27年からの第6期介護保険事業計画で方策、費用の適正化などが定められ、2025年度以降に爆発的に増えてくるであろう医療や介護の需要へ備えが進 …

no image

給付縮小を見送りの方針 厚労省が示す

創設時からの課題 厚生労働省が12日に開いた「第66回社会保障審議会介護保険部会」では、「軽度者への支援のあり方」について、人員・設備の基準などを柔軟に決められる「地域支援事業」への組み入れなどの施策 …