介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

厚生労働省の『熱中症リーフレット』

投稿日: 【カテゴリー:介護保険・政府

厚生労働省

厚生労働省は「熱中症リーフレット」を発表、熱中症の注意・喚起をおこなっている。

熱中症予防のために

熱中症の予防のための大切なポイントは2つ。「暑さを避ける」ことと、「水分をこまめに補給すること」だ。

「暑さを避ける」のは、屋外に限った話ではない。外出時の日傘・帽子の着用や、こまめな休憩・日陰の利用などは言うまでも無いが、室内でのからだへの蓄熱は危険だ。

室内で過ごす場合にも、扇風機・エアコンによる温度の調節、遮光カーテン・すだれ・打ち水の利用などをおこない、室温をこまめに確認することが大切。

室温だけでなく、着衣についても、通気性がよく、保湿性・速乾性のある衣服を利用し、保冷剤や氷、冷たいタオルなどで蓄熱を避ける必要がある。

WBGT値

熱中症の予防には、「WBGT値」も有効。「WBGT値」は、暑さの指数で、気温・湿度・放射熱から算出されるもの。作業の度合いや運動に応じ、基準値が異なる。環境省のホームページに、観測値・予測値が掲載されている。

こまめな水分補給

水分補給は、こまめに。のどの渇きを感じていなくても、水分・塩分・経口補水液などの補給をおこなう必要がある。

熱中症の症状

熱中症の症状は、めまい・たちくらみ・気分が悪い・虚脱感など。重症になると意識消失やけいれんなどを引き起こすこともある。正しい予防法と症状を把握し、自分自身や周囲に気を配り、熱中症による健康被害を防ごう。

リーフレットには、熱中症を疑われる人への対応も掲載している。

(画像は「熱中症予防リーフレット」)

▼外部リンク

熱中症予防のために
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000086895.html

関連記事

no image

「首都圏の人口減少・高齢者増加」の現状と展望について

国土交通省 国土交通省は6月16日(火)「平成26年度首都圏整備に関する年次報告」を国会へ報告した。これは、首都圏整備計画の策定及び実施に関する状況について、毎年報告がおこなわれているもの。 首都圏の …

no image

保険料の過徴収 市町村がルール誤認か

ルールの把握とその適用の徹底を 介護保険料の徴集に関する市町村の手続きについて厚生労働省は27日、「介護保険料の還付及び還付加算金の取扱いについて」と題した「介護保険最新情報Vol.564」を発布し、 …

no image

介護の負担増について応酬 介護保険部会

負担の在り方どう考える 19日に開かれた「社会保障審議会・介護保険部会」では、介護保険サービスの利用者負担の在り方について、高齢者の支払い範囲の拡大や大企業の社員の保険料引き上げなどが論点に挙げられた …

no image

改正介護保険制度の学習会資料を発刊

地域づくりをいかに進めていくか 東京都社会福祉協議会は14日、「『改正介護保険制度により地域づくりをいかに進めていくか』実施報告書」を発行したことを発表した。 自治体や社会福祉協議会の職員を対象として …

no image

「お互いに助け合っている」 70歳以上が微減

栄養バランスなどが重点項目 厚生労働省は14日、平成27年「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。 平成27年調査は、栄養バランスのとれた食事、運動ができる場所、適正な休養の確保、受動喫煙の防止など、 …