介護事業所の経営者・管理者を応援する情報サイト

公文 介護予防分野で初のSIB調査事業を実施

投稿日: 【カテゴリー:その他(社会・時事・医療)

SIBを導入するための調査

株式会社公文教育研究会は、介護予防分野として実施するSIB調査事業が、経済産業省の平成27年度健康寿命延伸産業創出推進事業に採択されたと発表した。

SIB(ソーシャル・インパクト・ボンド)は、投資家が優れていると見込んだサービスに投資し、自治体などがその事業の成果に対して投資家に報酬を支払うシステム。英国で2010年に開発されて以来、米国、オーストラリアでも行われている官民連携の社会的投資モデルだ。

調査事業の内容

同社は今回、SIBの導入を前提にした2つのプログラムの実証実験を行う。1つは、認知症高齢者の脳機能の維持、改善に効果がある「学習療法」。これにより介護度が改善され、公的な介護費用の削減に貢献するかを実証する。

もう1つは、学習療法を応用した認知症予防のための「脳の健康教室」。これにより健康な高齢者が軽度認知障害や要介護認定を避けられ、認知症予防サービスとして公的コスト削減に貢献するかを調べる。

さらに、「学習療法」の実施により認知症高齢者の家族、介護施設職員、施設運営者が受ける社会的便益について社会的投資収益率法で調査する。

SIB調査事業は、調査の設計を慶應義塾SFC研究所が担当し、同社の「学習療法センター」と日本財団、福岡地域戦略推進協議会が2015年7月から5カ月間実施する。

実証結果を自治体などにヒアリングして、2016年2月にSIB組成に向けたガイドラインを作成するとともに、自治体、投資家、サービス事業者にはSIB参入に必要な課題抽出をする。SIB事業の本格的な導入は2017年度を見込んでいる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社公文教育研究会 プレスリリース
http://prw.kyodonews.jp/

関連記事

no image

好評につき、参加枠を追加!認知症対策ハンドリフレクソロジー

一般社団法人JHA日本ハンドリフレクソロジー協会 日本ハンドリフレクソロジーは、第2回ハンドリフレ研究会を開催する。 「【認知症対策】セロトニン活性化 呼吸法と ハンドリフレクソロジーの認知症・医療源 …

no image

内閣府WG 診療報酬審査や在宅看取りに関する論点が俎上に

日本医師会が関連資料を提出 内閣府が先月24日に開催した第42回ワーキンググループ(WG)では、「在宅での看取りにおける規制の見直し」と「診療報酬の審査の効率化と統一性の確保」が主な論点として議題に上 …

no image

地域共生社会の実現へ具体的一歩

ニーズの高まりに応える政策を 31日に開かれた厚生労働省の「社保審・介護保険部会」では、高齢者と障がい者への地域ケアを充実させるための具体策の検討が行われた。 同部会では「被保険者の範囲のあり方」に関 …

no image

深化する地域包括ケアシステム構築への議論

現場の意見を反映 4日に開催された厚生労働省の「医療介護総合確保促進会議」では、超高齢化社会への福祉改革として具体化を進めるべき「地域包括ケアシステム」建設への論点が、3つの大きな視点から討議された。 …

no image

ケアマネジャーの必需品「ケアマネジャー手帳2017」発売

ケアマネジャーの声を反映 各種試験対策書を刊行している中央法規出版は、「介護保険制度」「介護報酬算定」「関連諸制度」などケアマネジャーに必要な情報を付録資料としてまとめたお役立ち手帳、「ケアマネジャー …